51%の真実

CATEGORY PAGE

安らかに眠れ、ミホノブルボン逝く・・・

 私が一番好きだった”ミホノブルボン”が、2/22(水)に老衰で死んでいたという記事を見つけた。「「坂路の申し子」ミホノブルボン死す 老衰、28歳」(日刊スポーツ 2017/2/24)---- 92年の皐月賞、ダービーを制した2冠馬ミホノブルボンが22日に老衰のため死んでいたことが23日、分かった。28歳。12年の種牡馬引退後は、北海道日高町のスマイルファームで余生を送っていたが、21日朝から寝たきりの状態となり、...

【トランプあれこれ】 トランプ髪形そっくりの蛾と毛虫&LGBT無視&猫耳ニット帽

 トランプ大統領就任記念に、関連する色んなニュースを集めてみました。(1)「新種のガ、トランプ氏にちなみ命名 「髪形」そっくり」(AFP BB NEWS 2017/1/19)----【1月19日 AFP】新たに発見されたガが、ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領にちなみ命名された。トランプ氏の髪形に似た頭部を持っていたことがその理由の一つだという。 新たに見つかったのは体長約9ミリの小さなガで「ネオパルパ・ドナルドトラン...

地方ローカル番組の思い出

 先々週はクリスマスイブで先週は大みそかだったこともあり、”息抜き”の投稿をお休みしてしまった。実は”息抜き”と言いながら、毎週どんな内容にしようか考えるのが苦痛になり始めて、本末転倒な感じになっていたので、ちょうど良いタイミングではあった。 今週もお休みしようと思っていたのだが、山田さんのコメントを読んでいて、とりとめもない文章になりそうだけど、書いてみようかと思った次第だ。 地方ローカル局の番組で...

【猫が好き】~第1回~ おふろが大好きな仔猫の花ちゃん

もぉ~、可愛いすぎてキュン死しそうだぁ~~!!!※画面中の この動画はYouTubeでご覧ください。 をクリックして下さい。2012/12/05 にYouTube公開2012年当時、仔猫だった花ちゃんはおふろが大好きだったようです。(今でもお風呂好きなのかな?)詳しくはこちらで 先週、「来週からの趣味のエントリーを何にしようか”にゃぁ”。」と書いたのだが、最初はちゃんと”なぁ”と書いていた。気まぐれに”にゃぁ”に変えてみたのだが、そ...

来年の日本はどうなっているだろうか?

 11/18に稲田防衛相が「駆けつけ警護」任務付与を命令した。どんなに足掻いても、結局何も変えることは出来なかったことに非常に落胆している。後は運を天に任せて、派遣部隊に殺し殺される事態が生じないことを祈るのみだ。もしそんなことが起こって稲田防衛相の責任だけで済むと考えているのなら、勘違いも甚だしい。「駆けつけ警護、稲田防衛相が命令 南スーダンPKO」(朝日新聞 2016/11/18)---- 稲田朋美防衛相は18日...

駆けつけ警護任務付与に思う ~世界のきな臭さ~

 11/15午前、安倍内閣はついに南スーダン派遣部隊に「駆けつけ警護」任務を付与することを閣議決定した。「「駆けつけ警護」を閣議決定 南スーダン派遣部隊に付与」(朝日新聞 2016/11/15)---- 安倍内閣は15日午前、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣する陸上自衛隊の部隊に、安全保障関連法に基づく新任務「駆けつけ警護」を付与することなどを盛り込んだ実施計画を閣議決定した。昨年9月に成立した同法に基づ...

米大統領選に見る世界の病巣と人間の狂気

 今回の米大統領選に限らず、世界中で多くの人が今の世の中の既存システム(エスタブリッシュメント)は腐敗していると感じ、確立した体制やエリート層への不満(というか憎悪)を持っている。その反発心がエネルギーとなって、トランプ大統領を誕生させることになったと感じる。そしてそのエネルギーを生み出したのが既存のメディアであり、増幅しているのがインターネットメディアやSNSである。 今、多くの人には既存のメディ...

やっぱり猫が好き!

 ちょっと一息。猫に癒されましょう!(1)おっとこまえ~ぇ!な女の子「目力すごい 立派な眉毛を持つ三毛猫に、思わずひれ伏してしまいそう」(ねとらぼ 2016/10/23) Wow! I got featured on @magnificent.meowdels, @bestcatsinsta and @catswithblackeyeliner!! Thank you for the shoutouts and thanks to all of my new followers for your sweet comments! 😸💚 Lillyさん(@lilly_crazyeyes)が投稿した写真 - 2016 10月 16...

葛西りまさんの写真は美しい ~黒石市の対応に思う~

 葛西りまさんの写真は美しい。日本三大流し踊りのひとつである、青森県の「黒石よされ」でのひとコマを切り取ったものである。 この写真が、黒石よされ写真コンテストの最高賞である黒石市長賞に内定していたのも、至極当然と思える。黒石市の担当者もこの写真に感動して、どうしても最高賞を与えたかったのだろう。例えその写真にどんないわくがあろうとも。 こんなに屈託のない笑顔を浮かべていた人が、10日後に自殺してしま...

左と右の埋められない溝(+蓮舫氏への苦言)

 ブログランキングを眺めていると相変わらず右寄りのブログが上位を席巻している。それらのブログもちょこちょこと覗いてみるのだが、今でも「二重国籍問題」を重要視して蓮舫氏を追い込もうとしているようだ。それに引き換え「白紙領収書問題」や「南スーダン問題(駆けつけ警護)」などには淡白だ。 一方、左寄りのブログを覗いてみると、「白紙領収書問題」や「南スーダン問題(駆けつけ警護)」を重要視して、自民党議員の失...

ひとりごと20160930

 先週の21日午前11時ごろ大阪の近鉄奈良線東花園駅で、男性車掌(26)が制帽と制服の上着を脱ぎ捨てて同駅から約5メートル下の地面に飛び降りるという事件が起こった。腰椎と胸骨を骨折し重傷だが、命に別条はないようだ。 別の駅で起きた人身事故による列車遅延について、乗客のクレーム対応をしていたようだが、「車掌は取り囲まれて数人から暴言を浴びせられていた」「笑われていた」など、また飛び降りる直前には「もういや...

ファーストコンタクトへの憧れ

 9月24日に米航空宇宙局(NASA)が木星の衛星「エウロパ」に関して、26日に「驚くべき」発表を行うとして「地球外生命体発見か」と期待が高まっていた。しかし、結局は「エウロパ」の表面から水蒸気が噴出している可能性があるとの発表で、世間一般は肩透かしを食らった形になった。 これまでも何回か同じような「肩透かし」の発表が行われてきたが、一般人とNASAの科学者の間には、「驚くべき」の感覚に天と地ほどの差があるよ...

惹かれあう星々

 今日9/15(木)は十五夜です。 十五夜は旧暦8月15日のことを指していますが、新暦と旧暦とではズレが出るので、毎年十五夜の日は変わります。また十五夜は満月を意味していますが、いつも満月かというとそうではありません。今年は十五夜は9月15日ですが、満月は9月17日となっています。 ところで、月はどうしていつも同じ面を地球に向けているか知っていますか? 結論からいえば、月は自転周期と公転周期が同じだからです。...

思いを受け継ぐ

 7/7に「永六輔」氏が満83歳で、7/12に「大橋巨泉」氏が満82歳で、そして8/21に「むのたけじ」氏が満101歳で亡くなられた。3人とも昨今の右傾化を憂い、2度と戦争をしてはならないと訴えていらした。 亡くなられたことがニュースになった時にお悔みのコメントをしていなかったので、このエントリーで改めてお悔みを申し上げるとともに、「2度と戦争を起こさせないという思いを受け継ぐ」ことを宣言し、はなむけとしたい。 永氏...

必死な蝶と不思議な抜け殻(?)

 最近出かけた公園で撮った動画です。風が強い中、必死で蜜を吸おうと「頑張っている蝶」を見つけ、思わずカメラを向けてしまいました。最初は羽の紋様に見とれていたのですが、風に吹き飛ばされても何度も何度も花の蜜を吸うために戻ってくる蝶を見て、笑ってしまうのと同時に自分も頑張んなきゃと励まされていました。[高画質で再生]必死な蝶1[広告] VPS[高画質で再生]必死な蝶2[広告] VPS[高画質で再生]必死な蝶3[広告] VPS ...

ひとりごと20160818

 政治というものを私が明確に意識したのは、大学時代のことだと思う。友達が経済界の有力者や政治家のことをよく話をしているのを聞いていて、何となく自分も基礎知識として情報に接し、自ら無意識に情報を集めていた気がする。 ただ、よく考えてみるとその起源はもっと前にさかのぼり、高校時代にも友達の影響で、政治経済や倫理などの、普通はあまり手を出さない教科に興味を持っていた気がする。 さらによく考えてみると、小...

夏の思い出

 夏の思い出と言って、やはり印象に残っているのは花火だろうか? 私がこれまで見た花火で、もう一度見てみたいものが2つある。どちらも今ではもう見ることは叶わないものだ。 1つ目は、大阪の富田林で毎年行われている「PL教祖祭花火大会」だ。これは今でも行われてはいるのだが、私が一度だけ見に行った教祖祭は、その全盛期中のある年の花火大会だ。その頃大体10万発を打ち上げるのが恒例であったが、私が見に行った年はその...

終戦記念日に・・・

(1) 8/13(土)のNHKスペシャルで「ある文民警察官の死 ~カンボジアPKO 23年目の告白~ 」が放送されていた。 1992年からのカンボジアPKO活動で、UNTACに文民として初めて参加していた日本人警察官5人が、ポルポト派とみられる武装ゲリラに襲撃され、岡山県警警視、高田晴行さん(当時警部補・33歳)が殺害され、4人が重軽傷を負った。日本の悲願であった人的な国際貢献の場で起きた惨劇は検証されることなく、...