Welcome to my blog

51%の真実

Category: 選挙


READ MORE

See more details

第48回衆院選の結果に思う

Comment  0
 10/6(金)に以下のようなツイートをした。希望と立憲民主に埋もれて、自民党と安倍首相のニュースが減っているのが、吉と出るか凶とでるか?希望が落ち目になり凶と出る可能性も。新党で議席予測困難も、現状では自民が漁夫の利を得て、まさかの0減(実質微増)が50%、微減~20減くらい(実質0減~微減)が50%と感じる。#衆院選— 51%の真実 (@abmtbyb4) 2017年10月6日 その後10/9のエントリーで、全選挙区...

READ MORE

See more details

【10/22追記有】自公300議席を阻止する為に、投票先未定者はどうすべきか?

Comment  0
【宣誓】 本ブログでは第48回衆院選の投票率アップキャンペーン」を推進しています!!!【注意】 本エントリーは、特定の政党や候補者に投票することを依頼する目的のものではありません。投票に際しては、必ず自分で投票先を判断して投票するようにお願いします。 10/9のエントリー「【10/12衆院選序盤情勢を追記】 第48回衆院選 議席予測」に追記したが、各社から衆院選序盤情勢の調査結果が公表され、軒並み自...

READ MORE

See more details

【10/12衆院選序盤情勢を追記】 第48回衆院選 議席予測

Comment  0
【宣誓】 本ブログでは「第48回衆院選の投票率アップキャンペーン」を推進しています!!! 10/6(金)~7(土)に以下のようなツイートをした。図らずも私の議席予測は、普段はあまり信用していないニコニコの調査結果に近い。維新が10減り民主に行く感じ。#衆院選 #議席予測自民党が単独過半数、自公政権継続の勢い【衆院選 議席予測】 https://t.co/dLKjObKWhU @nico_nico_newsさんから— 51%の真実 (@abmtbyb4) 20...

READ MORE

See more details

【10/7公認一覧改訂】【小池と前原”許すまじ”】 希望の党 一次公認候補者一覧

Comment  2
【宣誓】 本ブログでは「10/22衆院選の投票率アップキャンペーン」を推進しています!!! 10/3(火)に6人の民進党出身者が参加する立憲民主党の設立届け出が行われた。また同日に、希望の党の第1次公認候補者リストが発表された。 立憲民主党の発足メンバー6名の選挙区では全て対立候補を公認するという、「打倒安倍政権」ではなく「リベラル潰し」としか思えない公認候補選定のやり方に、頭に血が上ってしまい冬...

READ MORE

See more details

気の早い総選挙予測と野党共闘状況

Comment  0
【宣誓】 本ブログでは「次期衆院選の投票率アップキャンペーン」を推進しています!!! 総選挙予測と野党共闘状況に関するニュースを集めてみたので、簡単にコメントしておきたい。(1)「10・22解散総選挙 全289選挙区当落完全予測! 自民党まさかの過半数割れで、「安倍降ろし」が始まる」(週刊現代 2017/9/22)----都議選の衝撃、再び。国民を舐めると痛い目にあう解散を決めたとき、安倍総理は「準備しているのは共産党だ...

READ MORE

See more details

自公だって立派な野合だ! 前原代表は堂々と野党共闘すべし!!!

Comment  0
【宣誓】 本ブログでは「次期衆院選の投票率アップキャンペーン」を推進しています!!! 9/19(火)のテレビ番組から、解散総選挙に関して興味を引かれた話題を取り上げたい。 まずは、羽鳥慎一モーニングショーから。(この動画は違法アップロードの為、そのうち削除されると思います。羽鳥慎一モーニングショーの関係者には大変申し訳ありませんが、本日のエントリーでどうしても映像を見てもらいたい為、例外的にリンク...

READ MORE

See more details

”神風”解散を”勘違い”解散にする為に、泥水をすすれ!

Comment  0
【宣誓】 本ブログでは「次期衆院選の投票率アップキャンペーン」を推進したいと思います!!! 来週にも行われるであろう衆議院解散に、このブログなりに命名するとしたら、「神風(自己中)解散」だなぁと考えていた。 もちろん、仕事(しなかった)人内閣誕生から憲法を蔑ろにした臨時国会の召集無視、北朝鮮情勢の悪化、そして民進党の自爆によって、起死回生の内閣支持率回復を果たしたことを”神風”と表現しているのだが、...

READ MORE

See more details

解散総選挙について、そしてこれから・・・

Comment  2
 昨日9/17(日)のテレビ・ネット・新聞は、安倍首相が臨時国会での衆院解散を決断したというニュースで溢れていた。 今日のエントリーで言いたい結論から先に書くと、臨時国会冒頭解散が実施され10/22か10/29に投開票となり、トリプル補選は取り止めとなる可能性が非常に高いと私も思う。(できるだけ政治空白期間を短くした10/22の方が国民への説明もしやすいか?) もし行われない可能性があるとしたら、...

READ MORE

See more details

【訂正・追記有】選挙制度考察5_野党共闘が不要な選挙制度に変えるべきだ!

Comment  2
※これは、2017/9/8 06:00にエントリーした記事の最後に少し追記し、新着として公開したものです。衆院選後には日付を戻して10月のエントリーからは取り下げる予定です。【宣誓】 本ブログでは第48回衆院選の投票率アップキャンペーン」を推進しています!!! これまでの4回(+1回)のエントリーで、公明党の組織票が自民党を実力以上に底上げし、自民党1強を演出している元凶となっていることをしつこく書いてきた。 そ...

READ MORE

See more details

選挙制度考察4_自公連立(組織票)の弊害~第46回衆院選~

Comment  1
 前回エントリーで取りあえずうまく纏まっているので少し蛇足になってしまうが、検証精度を上げようと思って同様の手法で検証して放置していた、2012年(平成24年)12月16日の第46回衆議院議員総選挙の結果も公開しておく。この時は国民が民主党政権に失望し、民主党には逆風の中で行われた選挙であった。投票率は約60%で比較的高かった。 【表1】小選挙区に支持政党候補がいなかった場合の、比例区投票先と票数に関する考察...

READ MORE

See more details

選挙制度考察3_自公連立(組織票)の弊害~第45回衆院選~

Comment  0
※この記事は「日本がアブナイ!」さんに 2014/12/2、2015/3/15、2015/3/16、2015/3/23、2015/3/24に投稿したコメントを基に、大幅に追記・再構成して転載しています。 前回の、組織票の影響を埋めるには投票率が65%以上必要という考え方が正しいのか検証するために、民主が圧勝した2009年(平成21年)8月30日の第45回衆議院議員総選挙の結果から考えてみる。 【表1】小選挙区に支持政党候補がいなかった場合の、比例区投票先...

READ MORE

See more details

【大井川氏に当確】茨城県知事選投開票速報(随時更新)

Comment  1
【6:00更新、7:15に(注1)を追記、7:35に茶色字の部分を追記】 今日8/27(日)は茨城県知事選の投開票日だ。 私はこのところ、出来るだけ早く安倍政権を総辞職に追い込むために、「8/27(日)の茨城県知事選で自公候補を退け、10/22(日)の衆議院トリプル補選も3連勝するくらいの勢いが必要だろう」と言って来た。 しかし本当に茨城県知事選で自公候補を退けることが最良なのかは、考えれば考える...

READ MORE

See more details

横浜市長選選の結果に思う

Comment  1
(1)「横浜市長選 現職の林氏 3回目の当選」(NHK WEB NEWS 2017/7/31)----任期満了に伴う横浜市長選挙は30日に投票が行われ、無所属の現職で、自民党と公明党が推薦する林文子氏が3回目の当選を果たしました。横浜市長選挙の開票結果です。▽林文子(無所属・現)当選、59万8115票▽長島一由(無所属・新)26万9897票▽伊藤大貴(無所属・新)25万7665票<中略>横浜市選挙管理委員会によりますと、投票率...

READ MORE

See more details

仙台市長選開票速報 KHBで郡和子氏が当選確実!!!

仙台市長選 裏の裏 2017開票ネットLive 仙台市長選挙特集2017KHBの当日の出口調査では郡和子候補が優勢な感じ。無党派層の47%が郡氏! 自民支持層の18%、公明支持層の15%が郡氏を支持!ただし、期日前投票は菅原裕典候補が優勢な感じ。開票は21時40分すぎから。開票速報第一報は22時50分を予定。KHBの次の放送は21時40分すぎから。TBC仙台市長選挙開票特番の出口調査では、かなりの接戦に見える。NHK選...

READ MORE

See more details

東京都議選2017の結果に思う_サプリメンタル

Comment  1
 都議選の結果について、毎日新聞が詳細な検証記事を掲載していた(非常に有難い)ので、これを基に感想を補足しておきたい。(1)「都議選 自公協力なら自民12議席増 毎日新聞試算」(毎日新聞 2017/7/5)---- 2日投開票された東京都議選で公明党は自民党との連携を解消し、小池百合子知事が率いる都民ファーストの会と選挙協力した。党の「地力」が問われた自民党は23議席の歴史的惨敗だったが、毎日新聞の試算によると...

READ MORE

See more details

東京都議選2017の結果に思う

Comment  3
 昨夜は、開票速報番組を見ながら以下の様に書いた。【暫定】 東京都議選開票速報番組を見ながら こうなったら都民ファーストの会が全員当選でも構わないので、とにかく自民党が30議席を大きく下回って、信じられないくらいの最低議席記録を達成して欲しい。 20:15 自民党の安倍総裁と民進党の蓮舫代表は、東京都議選の結果だからと言って逃げていないで、きちんとコメントを出すべきだと思う。 22:00 最終結果...

READ MORE

See more details

2017年3回目の解散総選挙予測 ~今年は無いだろう&民進党はどうすべきか~

Comment  0
 今度こそ、本当に今年最後の解散総選挙予測としたい。(三度目の正直?) 実は5月初旬には、今年の解散総選挙はほぼ無いだろう(確率は10%以下になった)と思い、通常国会会期末まで1カ月となる5/18(木)にはエントリーしようと準備していたのだが、これだけだと2行で済んでしまうのでついつい先送りにしてしまっていた・・・ 【表1】解散総選挙の可能性                            ...

READ MORE

See more details

2017年2回目の解散総選挙予測 ~民進党は内輪もめしてる場合じゃない!~

Comment  3
※ 1/9(月)に「2017年最初(で最後?)の解散総選挙予測」をエントリーして、”2017年の解散の確率はほとんどない”と言ってから、まだ1カ月も経っておらず非常にお恥ずかしい限りだが、少しだけ予測を変更しようと思う。 私は、安倍首相の最優先課題は、憲法改正(それも緊急事態条項を盛り込むこと)の達成だと考えている。その次が長期政権(少なくとも2020年の東京五輪を首相として迎えること)の達成だと思う。 したがって...

READ MORE

See more details

選挙制度考察2_自公連立(組織票)の弊害~第47回衆院選~

Comment  0
※この記事は「日本がアブナイ!」さんに 2014/12/2、2015/3/15、2015/3/16、2015/3/23、2015/3/24に投稿したコメントを基に、大幅に追記・再構成して転載しています。 現在の衆議院の選挙制度(小選挙区比例代表並立制=1人2票)と自公連立(公明党の組織票)の弊害について、2014年(平成26年)12月14日の第47回衆議院議員総選挙の結果から考えてみる。   【表1】小選挙区に支持政党候補がいなかった場合の、比例区投票...

READ MORE

See more details

選挙制度考察1_自公連立(組織票)の弊害~プロローグ~

Comment  2
※この記事は「日本がアブナイ!」さんに 2014/12/2、2015/3/15、2015/3/16、2015/3/23、2015/3/24に投稿したコメントを基に、大幅に追記・再構成して転載しています。 選挙制度の問題を考える前に、まずは投票率について考えてみたい。補選を除く最近3回の衆院選の投票率は以下のようになっている。2009年の第45回衆院選は、自民党から旧民主党へ政権交代が期待され、投票率が69.28%(約70%)と近年では見たこともない高...

READ MORE

See more details

選挙制度考察ゼロ_ティザー投稿

Comment  2
 今年の抱負らしきものとして”選挙制度”についてのエントリーを増やしたいと書いたが、昨年末から少しずつ検証し始め、データをまとめていた。しかしなかなかはかどらないので、延ばし延ばししている内に、1/4に毎日新聞に”野党協力で逆転58区”の記事が出て、1/6にはとうとう日刊ゲンダイにまで先を越されてしまった・・・。「民進除く3党は本気 野党共闘で97選挙区に“逆転”の可能性」(日刊ゲンダイ 2017/1/6)----<前...

READ MORE

See more details

2017年最初(で最後?)の解散総選挙予測+区割変更周知期間での解散の是非

Comment  2
 安倍首相は、5日に新年互礼会のあいさつで 「”今年”選挙があるかと言えば、全く考えていないとはっきり申し上げておく」と言ったが、すぐに”今月”の間違いだったと訂正した。 これは「伝家の宝刀」を錆つかせず、秋以降には解散の可能性があるぞと思わせる為の、巧妙な戦略だと思う。そこで安倍首相の言葉に振り回されることのないように、今年最初(で最後?)の解散総選挙予測をすることにした。 【表1】解散総選挙の可...

READ MORE

See more details

安倍首相に解散するメリットはあるか?

Comment  8
 臨時国会閉会後から、安倍首相をはじめ自民党幹部が揃って”1月解散は無い”と公言し始め、解散先送りが決まったような報道が目立っている。 しかし私は、安倍内閣の支持率は今がピークで、解散して改憲勢力2/3以上を確保できる可能性は、今しかないと考えている。そこで1月解散があるのかないのか、今年最後の予測をしてみた。 まず最初に、来年以降の重要なマイルストーンをアップデートしておきたい。●来年以降の重要なマ...