Welcome to my blog

51%の真実

Article page


【原発ニュース】 福島原発8兆円負担増と美浜3号機再稼働(+新潟県知事選)

(1) 10/4の「福島原発 8兆円負担増 電事連、国費求める」(毎日新聞)
----
 電力業界団体の電気事業連合会(電事連)が、東京電力福島第1原発事故の損害賠償・除染費用について、東電を含む大手電力各社の負担額が当初計画を約8兆円上回るとの試算をまとめ、超過分を国費で負担するよう政府に非公式に要望していることが4日明らかになった。<中略>
 政府は2013年、賠償費用5.4兆円▽除染費用2.5兆円▽中間貯蔵施設の建設費などを1.1兆円と見込み、機構への資金交付の上限を9兆円とした。
 だが、関係者によると、電事連は、賠償費用が見通しより2.6兆円増の8兆円、除染費用が4.5兆円増の7兆円になると試算。また、東電株売却益も株価下落で1兆円減少し、合計で8.1兆円の資金が不足すると見積もっている。大手電力各社は「除染費用は東電株の売却益で賄えず、最終的に電力各社が負担を迫られる」とみている。 <中略>
 電力各社には「原発は『国策民営』で推進されてきたのに、事故が起きたときは事業者が責任を取らされる」との不満がある。東電以外の大手には「東電の事故の責任を負わされるのは理不尽」との思いもある。
 だが、大手電力は原発稼働で巨額の利益を上げてきた。原発の「安全神話」に寄りかかり、事故対策を怠ってきた面は否定できない。福島第1原発事故に伴う賠償・除染費用が膨大な額に達する見通しになったからといって、国に負担を押しつけるのは筋が通らない。<後略>
----

●まさに、青太字にした部分に書かれている通りであり、自業自得だから自分たちで何とかするしかない。ただし、政府の責任も免れるものでは無い。しかし、東電が潰れてしまえば結局は国民が負担するしかなくなる。

●つまり、政府にも東電にも未来永劫に渡り、原子力を推進してきた責任を取り続けてもらうしかない。


(2) 10/5の「
美浜3号機、安全審査に合格 老朽原発2例目」(日経新聞)
----
 原子力規制委員会は5日、稼働から40年の運転期限が迫っている関西電力美浜原子力発電所3号機(福井県)の再稼働に向けた安全審査の合格証にあたる「審査書」を正式決定した。老朽原発の合格は、関電高浜1、2号機(同)に続き2例目。老朽化の影響を調べる延長審査など残る2つの手続きを11月末の期限までに通過すれば、60年まで運転を延長できる。<後略>
----

●なんとしても、原発再稼働と老朽原発の運転期限延長の流れを止めたい。

●それにしても、世論調査では原発再稼働に否定的な意見が多いにもかかわらず、選挙になると原発が重要な論点から外れてしまうのは、一体なぜだろうか・・・
新潟県知事選では、ぜひとも新潟県民の良心と賢明な判断を期待したい。(補足1)


(補足1)
日刊ゲンダイの以下の記事が本当ならば喜ばしい事だが、週末のマスコミの選挙情勢報道を見るまでは、いまいち信用できない・・・

新潟県知事選 “脱原発”米山候補が猛烈な追い上げで大接戦」(日刊ゲンダイ)
----
 泉田路線を受け継ぐ脱原発候補VS原子力ムラの戦いとなっている新潟県知事選(16日投開票)。共産、社民、生活と脱原発派の市民が支援する米山隆一氏(49)は告示ギリギリの出馬表明だったこともあり、自公が推薦する前長岡市長の森民夫氏(67)が優勢とみられてきた。しかし、ここへきて風雲急を告げている。米山氏が猛烈な追い上げを見せ、大接戦になってきたのだ。<後略>
----


余談 2016/10/6
W杯アジア最終予選は本当にひやひやしながら見ています。今日の2ゴールは本当に素晴らしかった。原口元気と山口蛍には感謝しか言葉がありません。まだまだ厳しい状況は変わりませんが、代表のみんなにはW杯出場だけ考えて、残りの試合も挑戦者として臨んで欲しい。


スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

電気事業連合会 福島第1原発事故 損害賠償 除染費用 8兆円負担増 美浜原子力発電所3号機 再稼働 老朽原発 運転期限延長

0 Comments

Post a comment