Welcome to my blog

51%の真実

Article page


【時事ニュース】 白紙領収書&南スーダン答弁で自民党に呆れる

(1)「領収書に金額記載を=パーティー混雑時は事後に-自民通達」(時事通信 2016/10/11)
----
 国会議員の政治資金パーティーで白紙領収書を参加者に渡すことが常態化している問題で、自民党は11日、領収書に金額など必要事項を記載するよう所属議員に通達を出した。受付が混雑し、その場で渡すことが困難な場合には、事後に金額記載済みの領収書を届けることを認める。<中略>
 二階俊博幹事長も記者団に「良識に基づいて政治をやっている。人から後ろ指をさされるようなことがあれば改めていく」と語った。(2016/10/11-16:05)
----

●自民党議員の厚顔無恥ここに極まれりといった感じか。表と裏で言葉を使い分け、少しでも分が悪いと見るやコロッと発言を覆す。「事後に金額記載済みの領収書を届けることを認める」とのことで、これからはお互いに相手方の言い値の金額を記載した領収書を、金額以外の日時などの辻褄を合わせて必要な時に届けるというような、より巧妙な手口に変わっていくような気がしてならない。

●民進党はたとえ今は同じ穴のムジナだとしても、党内で同様のことをしている議員の調査結果を公表し、真摯に反省して今後はこのようなことを行わないと宣言したうえで、政治資金規正法の改正を提案すれば良いのにと思う。このような小さなことから積み重ねていけば、国民の信頼を取り戻せるはずだ。逆にこれが出来ないならば、自民党と変わらない政党だということを証明しているようなものだ。


(2)「
「南スーダン、永田町よりはるかに危険」 安倍首相答弁」(朝日新聞 2016/10/12)
----
 安倍晋三首相は12日午後の衆院予算委員会で、自衛隊が国連平和維持活動(PKO)に従事している南スーダンの治安情勢を問われ、「南スーダンは、例えば、我々が今いるこの永田町と比べればはるかに危険な場所だ」と述べた。共産党の高橋千鶴子氏への答弁。高橋氏は「『いまの永田町と比べれば』という発言は断じて許せない」と批判した。
----

●安倍首相のこの答弁は、かつてイケイケで調子に乗っていた小泉元首相が、2004年11月10日の党首討論で「自衛隊の活動しているところは非戦闘地域である」と発言したのと全く同じで、国民を小馬鹿にしている。自民党議員の本質であり、国民はいつまでもこんなことを許していてはいけない。大いに怒らなければならない。

●安倍首相には、いつまでも我が世の春を謳歌できると思うなと言ってあげたい。


スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

白紙領収書 必要事項記載 通達 事後 金額記載済み領収書 南スーダン 永田町と比べれば はるかに危険な場所

0 Comments

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  南スは[戦闘]ではなく[衝突]。数百人死んでも、治安は安定。自衛隊のリスクは増えずって!?
  •  これは10月13日、2本めの記事です。 頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o  頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m    【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  この記事では、『稲田滞在時...
  • 2016.10.14 (Fri) 03:17 | 日本がアブナイ!