51%の真実

ARTICLE PAGE

新潟県知事選の最新状況

 いよいよ、新潟県知事選の投票日が明日16日に迫った。選挙運動ができるのは今日までなので最新のトピックスを記載して、新潟県民への思いを書いておきたい。

(1)「焦点:激戦の新潟県知事選、原発再稼働問題の天王山に」(朝日新聞 2016/10/14)
----
 [新潟市/長岡市 14日 ロイター] - 世界最大の原子力発電所、東京電力柏崎刈羽原発の地元・新潟県で16日、知事選挙の投開票が行われる。終盤の選挙戦では、自民党などが推薦する前長岡市長の森民夫氏(67)と再稼働反対を鮮明にしている医師・弁護士の米山隆一氏(49)が一騎打ちの激戦になっているといわれ、電力業界関係者やエネルギー問題の有識者らは「原発再稼働問題の今後を左右する最も重要な自治体選挙」と、その行方を見守っている。
 <原発問題で支持に変化も>
 「2週間前の告示の時には遠くに見えた相手候補の背中がもう、すぐ目の前に迫っている。もしかしたら追い越せるかもしれない」──。13日午後、米山氏は競合する森氏のお膝元、長岡駅近くの広場に集まった有権者に呼び掛けた。<中略>
 米山氏が再稼働阻止を前面に出したことで原発問題が争点に浮上。再稼働に積極的な自民党の推薦を受ける森氏は、今月8日、柏崎市での演説で「原子力規制委員会の結論が出てもすぐ再稼働ということではない。検証して問題が出れば、東電に対しても国に対しても『再稼働にはノー』という覚悟で臨んでいる」と明言した。<後略>
----

 現時点で、森氏と米山氏のどちらが優位に立っているのか正確な数値は分からないが、原発問題が争点に浮上したことにより激戦状態になっていることは間違いない。

 このような状況下で、再稼働に積極的な自民党の推薦を受ける森氏は、「検証して問題が出れば、東電に対しても国に対しても『再稼働にはノー』という覚悟で臨んでいる」と言わざるを得ないところまで追い詰められている。

 しかし、この言葉をまともに受け取ってはいけない。こんな言葉を信じて森氏を当選させてしまったら、新潟県民は直ぐに裏切られ馬鹿を見ることになるだろう。


 更に自民党の本性を現していると思われるのが、米山氏がツイートしている以下の中傷とも言えるビラである。

(2)「自民党?の法定ビラ」(米山 隆一さんのツイート:4:16 - 2016年10月13日)
----
 自民党の法定ビラとの事です。私は誰に対するものであれ、この手の中傷がとても嫌いなので明確に反論させて頂きます。私は今までずっと、誰とでもオープンに議論し、物事を公正、公平、適正に扱うことを旨としてきました。誰に支援されようと、それが変わる事はありません。県政の混乱は生じません。
----

 共産党が支持している候補者はアブナイと「レッテル張り」して、米山氏を貶めようとしている。安倍首相がよく「レッテル張りしないで下さい」と言っているじゃないかと言い返したいところだ。

 新潟県民でこの様なビラに惑わされる人は少ないと思うが、東京10区と福岡6区および全国民にも、これをよく覚えておいて今後の選挙の判断材料にして欲しい。


 以上の様な状況から、森氏陣営が非常に危機感を覚えていることは間違いない。何としてでも米山氏が当選するように新潟県民に期待をし、祈りながら16日の結果を待ちたいと思う。



追記 2016/10/17
新潟県知事選挙の米山氏勝利の結果を受けて、以下のエントリーに今後の予測を書いていますので、よろしければ覗いてみて下さい。
新潟県知事選の結果から先を読む ~原発再稼働&解散総選挙~


追記 2016/10/18
以下のエントリーに衆院2補選の予測を書いていますので、よろしければ覗いてみて下さい。
衆院2補選の情勢(東京10区、福岡6区)と解散総選挙

追記 2016/10/24
衆院2補選の結果を受けて、以下のエントリーに民進党への要望を書いていますので、よろしければ覗いてみて下さい。
衆院2補選の結果と民進党に望むこと

追記 2016/10/25
解散総選挙について以下のエントリーにも書いていますので、よろしければ覗いてみて下さい。
衆院補選結果から読む解散総選挙の確率



スポンサーサイト
Category: 選挙
Published on: Sat,  15 2016 00:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

新潟県知事選 情勢 争点 再稼働阻止 原発問題 法定ビラ 中傷 レッテル張り

0 Comments

Post a comment