Welcome to my blog

51%の真実

Article page

【音楽】~番外編2~ スタートレック BEYOND 10/21公開記念

 10/21(金)に、リブートされたスタートレックの映画第3弾スタートレック BEYOND (原題:STAR TREK BEYOND)が、公開となりました。そこで今週はアニメーションシリーズを除く、スタートレック歴代テレビシリーズ5作品のオープニングを集めた動画を掲載することにしました。

 ビヨンド自体はトレーラーを見た感じだが、実はあまり期待していません。できるだけ早く見に行くつもりでいます(下に感想を追記しました)が、3部作で無事に終わってくれればそれで十分です。今期待しているのは、やはりスタートレック ディスカバリーしかない!

 さて、この動画の内容について出てくる順番で補足説明を書いておこうと思います。

(1)邦題:宇宙大作戦 原題:Star Trek  略記:TOS(The Original Series) のオープニング
(2)邦題:新スタートレック 原題:Star Trek: The Next Generation 略記:TNG のオープニング1
(3)邦題:新スタートレック 原題:Star Trek: The Next Generation 略記:TNG のオープニング2
(4)邦題:スタートレック:ディープ・スペース・ナイン 原題:Star Trek: Deep Space Nine 略記:DS9 のオープニング1
(5)邦題:スタートレック:ディープ・スペース・ナイン 原題:Star Trek: Deep Space Nine 略記:DS9 のオープニング2
(6)邦題:スタートレック:ヴォイジャー 原題:Star Trek: Voyager 略記:VOY(またはVGR) のオープニング
(7)邦題:エンタープライズ 原題:Enterprise 略記:ENT のオープニング1
(8)邦題:スタートレック:エンタープライズ 原題:Star Trek: Enterprise 略記:ENT のオープニング2
(9)邦題:スタートレック:エンタープライズ 原題:Star Trek: Enterprise 略記:ENT のオープニング3
(10)邦題:スタートレック:エンタープライズ 原題:Star Trek: Enterprise 略記:ENT の最終回のエンディング

コメント
1.(1)は言わずと知れたシリーズ1作目、ここからエンタープライズの冒険は始まりました。※VOYまでの映像はSD画質の4:3を16:9のワイド画角に引き伸ばされていますね。惑星が楕円になっているのでわかります。
2.(2)はseason1~2、(3)はseason3~のオープニングで、最初のナレーションが出てくるまでの惑星が、(2)の場合は地球~土星なのに対して、(3)では未知の惑星に変わっています。太陽系内から深宇宙に飛び出した感じがして(3)の方がワクワクしますね。
3.手元に映像が無いので確認できずあいまいで申し訳ないが、(4)はseason1~2、(5)はseason3~と思います。(5)では宇宙船が沢山出てきますね。また終盤でワームホールから出てくる又はワームホールに向かっていく船が、ランナバウトからディファイアントに変わっています。ディファイアントは対ボーグ用として作られた連邦初の戦艦でしたが投入されず眠っていたのを、ドミニオンを牽制する為にシスコ司令官がもらい受けました。護衛艦の位置づけになっています。その他の連邦の船は兵器は増備していますが探査用宇宙船です。記憶があいまいですが、(4)と(5)の間にディファイアントでない(5)のランナバウトバージョンがあったような気が???
4.(6)はシリーズ4作目のボイジャーですね。この船は平たくてイカみたいで物語も含め最初はあまり人気がありませんでした。ボーグドローンのセブン・オブ・ナイン(7 of 9)が登場したseason4から人気がうなぎ上りになりました。
5.シリーズ5作目のエンタープライズですが、(7)だけはスタートレックの冠が付いていません。これはエンタープライズという言葉自体がスタートレックの象徴であるため不要と考えたことと、あえて外して新しいファンを増やそうという試みでした。しかし人気が出ない為、season3からスタートレックの冠を付け、その後主題歌も新アレンジで再録音して、何シーズンの何話からかは忘れましたが(8)に変わりました。season2の最終話で物語の方向性を大きく変えたズィンディの地球攻撃から、話がものすごく暗くなりました・・・。第71話「球体創造者(Damage)」のあるエピソードが許容できず、私はエンタープライズをスタートレックの正史とは認めたくないと思うようになったのですが、それはまたの機会に書きたいと思います。
6.不人気のため全98話での番組打ち切りが決定しましたが、(9)は終了前の94話と95話で描かれた鏡像宇宙/鏡像世界 (mirror universe) の話「暗黒の地球帝国」のオープニングでした。
7.(10)はエンタープライズの最終話の最後で流れたTNG/TOS/ENTのナレーション映像で、ファンへのサービスですね。しかしTNGのライカー副長がエンタープライズ-DのホロデッキでENT時代のアーカイブ映像を見ていたというシチュエーションは頂けない。ENTは全て架空の話でしたという結論にして、もう一度一から作り直してくれないかなぁと思ってしまったのでした。




 ついでに、BEYONDのトレーラーも貼り付けておきます。

 


追記 2017/2/19
スタートレック ディスカバリーに関する話題を、以下のエントリーにも書いていますので、よろしければ覗いてみて下さい。
Star Trek: Discovery リリースは再び先送りに&消したいエンタープライズ第71話

追記1 2016/10/22
結局、公開初日のレイトショーで見てきました。ネタばれにならない程度に感想を書きたいと思います。
まず、見る時は必ずIMAXとかの最新3D技術で見た方が良いです。映像のすばらしさと奥行き感は、スタトレ史上No.1です。ストーリーは、スタートレックで無いと思えば十分面白く、スピード感もあってかなり楽しめるのではないでしょうか。スタトレファンとしては、前半のエンタープライズの破壊のされ方が、スタトレ映画史上最も悲しく切なくて見ていられなかったです。(泣
スタートレックTVシリーズを見ていないと、小ネタの面白さについていけないかもしれないし、ストーリーも理解できない部分があるかもしれません。小ネタで言うと「ズィンディ」とか「エナジャイズ」とか「エンディングのナレーションや正史のTOSクルーの写真」とかですね。「エナジャイズ」を使っていたのは、TOS&TNGファンからすると違和感があるかもしれません。やっぱり「ビームアップ」じゃないかな。
取りあえず、スタトレとしてもそう悪くはなかったので、たくさんの人に見て欲しいです。初日なのにガラガラに近かったので・・・。
ただ、平行宇宙の「ケルヴィン・タイムライン」の話は、もうおなか一杯かな。3部作でうまくまとまった感があるので、次はディスカバリーを成功させて、正史の新しいエンタープライズのTVシリーズにつなげ、そして映画が出来たら最高ですね!

追記2 2016/10/22
スタートレックに関する話題を、以下のエントリーにも書いていますので、よろしければ覗いてみて下さい。
Star Trek: Discovery(原題)
【音楽】~第5回~ 心に響く映像と音楽1

追記3 2016/10/22
Netflix、「スタートレック」TVシリーズ727話を11月から配信。'17年に新作独占配信」(AV Watch 2016/10/21)
----
 Netflixは、2017年に配信予定のオリジナル製作の「スタートレック」新ドラマシリーズ「スター・トレック:ディスカバリー(原題)」の配信開始に先駆け、過去のTVシリーズなど、スタートレック関連作品を配信ラインナップに追加する。
 10月21日現在、劇場版「スタートレック」(全12作品)を配信しているが、11月には「宇宙大作戦」を皮切りに、「スター・トレック:エンタープライズ」まで、過去のTVシリーズ(727エピソード)を順次配信し、新シリーズへの注目を高めていく。<後略>
----



スポンサーサイト

Category - エンターテインメント

スタートレック ビヨンド STAR TREK BEYOND ディスカバリー Discovery

0 Comments

Post a comment