Welcome to my blog

51%の真実

Article page

米大統領選の行方と見えざる意志

Category - 選挙
 第3回テレビ討論会以降の米世論調査の動向を見ていて、もうクリントン氏で決まりかなと安心していた矢先の10/28に、とんでもないネガティブサプライズというか爆弾が炸裂してしまった。FBIが一度は白旗を上げたクリントン氏のメール問題を、11/8の大統領選投開票日の11日前になって、再捜査に着手すると発表したのだ。

 どうも今の世の中の流れは、どうしてもドゥテルテ氏やトランプ氏の様な強権的な思想を持った人に、ポジティブに働く力を持っているようだ。世界中で見えざる意志が働いているとしか思えない。

(1)「
【米大統領選2016】FBI、クリントン氏メール問題見直すと クリントン氏は自信」(BBC NEWS JAPN 2016/10/29)
----
 米連邦捜査局(FBI)は28日、大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏の私用サーバー問題を見直すと発表した。別件で入手したメールが関係するかもしれないという。これに対してクリントン氏は、訴追に相当しないとFBIが7月に下した判断に影響はないと自信を示した。11月8日投開票の大統領選まで11日。
クリントン氏はジェイムズ・コーミーFBI長官に、新しい捜査の内容を米国民につまびらかに説明するよう求めた。<中略>
 コーミー長官は28日、連邦議会に対して書簡で、捜査員が発見した「別件に関する」メールが「(メール問題の)捜査に関係する様子」のため、メール問題を「見直す」と説明した。
この資料が重要かどうかまだ精査できていないし、この追加作業を終えるまでどれくらいかかるのか予測できない」と長官は書いている。<中略>
 アイオワ州に移動して集会に赴いたトランプ氏は、「ウォーターゲート以来最大の政治スキャンダルだ」と、ニクソン元大統領の辞任につながった1970年代のスキャンダルに言及。また「よほどひどい犯罪行為でなければ、FBIはこんな時期に捜査を再開したりしない」と述べた。<後略>
----


 その結果、一時はトランプ氏に12ポイントの大差をつけていたクリントン氏の支持率が、わずか1ポイン差まで詰められる状況になっている。この時期にこうなったら、本当にトランプ大統領が誕生する可能性も否定できない。全く予断を許さない状況だ。

(2)「
トランプ氏、1ポイント差に猛追 米大統領選世論調査」(日経新聞 2016/10/31)
----
 【ワシントン=共同】米大統領選の共和党候補トランプ氏が支持率で民主党候補クリントン氏を猛追し、1ポイント差まで追い上げたとの世論調査結果をワシントン・ポスト紙とABCテレビが30日伝えた。10月に入り女性蔑視発言やセクハラ疑惑が報じられた後、30%台まで低下していたトランプ氏の支持率が回復する一方、クリントン氏支持率が小幅ながら下落した。
 米連邦捜査局(FBI)によるクリントン氏の私用メール問題の捜査再開も一部影響した可能性がある。クリントン陣営は投票日直前に捜査再開を明らかにしたFBIへの非難を強めた。
 投票日が11月8日に迫る中、捜査再開の影響がさらに続く可能性もあり、クリントン氏が優位とみられた選挙戦は、なお予断を許さない。
 世論調査結果によると、クリントン氏の支持率は22日に50%と、トランプ氏を12ポイント上回っていたが、支持率の差は連日縮まり、FBIが捜査再開を議会に通知した28日にはトランプ氏が45%と、クリントン氏の46%に迫った。28日の調査は捜査再開が報じられた後に行われた。<後略>
----


 引用した記事中の黒太字の部分が、重要なポイントだと私は思っている。

 この切羽詰まった時期にFBIが捜査を再開するということは、「かなり有罪の可能性が高いのではないか、そんな人を大統領にして良いのだろうか」と、ほとんどの人が考えるだろう。それほど重要な意味を持つ行動なのだ。

 それなのにFBIのコーミー長官は、「資料が重要かどうかまだ精査できていない」ばかりか、「追加作業を終えるまでどれくらいかかるのか予測できない」などと、のたまわっているのである。

 クリントン氏側が、「新しい捜査の内容を米国民につまびらかに説明するよう求めた」のも当然の対応だ。こんなあいまいな情報でもし負けるようなことになったら、悔やんでも悔やみきれないだろう。

 もしコーミー長官が説明する内容が有罪に値するものであるなら、そちらの方が諦めがつくというものだ。これはクリントン氏だけでなく、彼女を支持する有権者も同じ気持ちだろう。

 もし新しい捜査の内容についてFBIが詳細な説明をしないとしたら、その罪は法に触れるだけに留まらず、大統領選の結果次第では万死に値する可能性もある。早急に詳細かつ真摯な説明をお願いしたい。



追記 2016/11/8
米大統領選挙について、以下のエントリーに最新記事を書いていますので、よろしければ覗いてみて下さい。
米大統領選のゆくえ ~どうしてこうなった?~



スポンサーサイト

Category - 選挙

米大統領選 米連邦捜査局(FBI) 私用サーバー問題 捜査再開 支持率拮抗

0 Comments

Post a comment