51%の真実

ARTICLE PAGE

【心に残る映像作品】~第1回~ 未来少年コナン

 10/14の金曜ロードSHOW!で「ルパン三世 カリオストロの城」が再放送された。もう15回目となる再放送だそうだが、12.4%の視聴率だったとのこと。

 私が宮崎アニメで最高傑作だと思うのが、映画では「カリオストロの城」でテレビアニメでは「未来少年コナン」だ。それ以降もこの2つを超える作品を見たいと思って宮崎アニメを見てきたが、特にジブリ設立以降では芸術性に走った感もあり、単純に面白いと思う作品は少なくなってしまった。(「天空の城ラピュタ」が期待していた作品かな。)

 1978年にNHKで放送された「未来少年コナン」だが、制作が遅れ間に合わない時は特番でしのぐなどNHKが融通をきかせてくれたので、宮崎氏はおおよそ自分の思い通りの作品に仕上げられたのだろう。

 NHK版では30分の時間いっぱいに製作されたため、その後民放で再放送された時は、CMを入れるのに何カ所かカットせざるを得なかった。私が残念に思うのは、A、Bパートの間のパタパタアイキャッチが省略されたことだ。(キッズステーションHDで2010年4月に放送された時はパタパタが含まれていた。レンタルビデオにも収録されているはず?)

 私が「未来少年コナン」で一番好きなシーンは、第8話「逃亡」で水中で身動きが取れなくなったコナンを、ラナが助けようとして力尽きてしまい、コナンが馬鹿力を振り絞って助けるシーンですね。(今見ても、ありえねぇ~と思いながらも感動してしまう。)

 さて、ここまで書いてまったく「風の谷のナウシカ」に触れていないのだが、実は私はあまりこの映画の出来に納得していない。原作を読んでいてとても期待していた分、満足できなかったのだ。2時間弱ではとてもあの世界観とテーマは描き切れないし、原作も途中で休載して中途半端な状態で制作された。

 宮崎氏には最後の作品として、原作が完結している「風の谷のナウシカ」を、テレビアニメ50話くらいで原作に忠実に制作してもらえないかと思っている。もしこの夢が叶うことがあれば、これほど幸せなことは無いだろう。





p.s.
オープニングの「今地球がめざめる」はもちろんのこと、エンディングの「幸せの予感」もとても好きな曲です。著作権的に問題があるのでその内削除されると思いますが、外部リンクしておきます。関係者の皆さんには非常に申し訳ないと深く反省しております。何卒ご容赦願います。m(__)m
未来少年コナン OP ED


改訂 2017/5/28

 公開当初に掲載していた歌詞(リリック)全文については削除しました。関係者の皆さんには大変申し訳ありませんでした。

 恥ずかしながら、歌詞全文を載せることが著作権法違反だということに、最近のJASRACのニュースで気が付きました・・・

(1)「著作権料、京大に請求せず JASRAC「引用と判断」 」(朝日新聞 2017/5/24)
----
 京都大学がホームページ(HP)にノーベル文学賞を受けたボブ・ディランさんの歌詞の一部を掲載したことについて、日本音楽著作権協会(JASRAC)は24日、著作権法上、作詞家ら権利者側が使用料を請求できない「引用」にあたるとして、著作権料を請求しない方針を明らかにした。
 京都大の山極寿一(じゅいち)総長が4月の入学式の式辞でディランさんの「風に吹かれて」の歌詞の一部を引用し、HPで式辞を掲載したことについて、JASRACが京大に問い合わせ、歌詞の使用料が必要になる可能性を伝えていた。
 著作権法は、著作権のある曲の歌詞をネット配信する際、作詞者の許可を得ることを義務づけている。ただし、論評などの目的で正当な範囲内で歌詞を「引用」する際は許諾を不要としている。JASRACの浅石道夫理事長はこの日の定例会見で「引用というふうに判断しております。(徴収は)しません」と述べた。<後略>
----

(2)「SNSに歌詞を投稿するのは著作権違法!?合法と違法の線引について徹底解説」(かみあぷ 2015/2/1)



スポンサーサイト
Category: エンターテインメント
Published on: Sat,  05 2016 00:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

未来少年コナン 幸せの予感 カリオストロの城 風の谷のナウシカ 天空の城ラピュタ

0 Comments

Post a comment