Welcome to my blog

51%の真実

Article page

【音楽】~第11回~ 心に響く映像と音楽2

 今週は英語の曲になりますが、ドナ・サマー(Donna Summer)の「ホット・スタッフ(Hot Stuff)」です。 2001年に日本コカコーラ「ダイエット・コーク」のCMでも使われてましたね。

 本当はこんな形で紹介したくなかったのですが、トランプ大統領誕生を記念してこの曲にしました。先が見えずモヤモヤして、気分を上げたい時に良く聞きます。多分、これまでのトランプ氏にもピッタリの曲かなと思っています。これから素晴らしい大統領に生まれ変わってくれることを祈りたい。

 今年の2月に「オデッセイ」という映画が公開され、私はこの映画を8月にレンタルして見たのだが、ストーリーに70年代のディスコミュージックがマッチしてとても面白い映画でした。主演のマット・デイモンが火星に取り残され、何とかして生き延びて地球に帰る方法を探るというストーリーなのだが、絶望の中でクルーが残した荷物の中にディスコヒッツを見つけ、しょうもない音楽と悪態をつきながらも元気をもらい、生きる残る為の努力を始めるのだ。その中の1曲がこの「Hot Stuff」です。

 ※歌詞については自主規制して、ここでは詳細は触れないことにしたい!

 この曲を歌っているドナ・サマーは、残念ながら2012年5月17日(満63歳)で亡くなってしまったのだが、年を取っても非常にパワフルで魅力的な人でした。今回はそんな彼女の魅力が詰まったLIVEバージョンを貼付ておきます。



※このYouTubeの動画を貼り付けるか否か非常に悩んだのですが、海外(特にアメリカ)は商用利用でない個人利用についてはかなり寛容で、この動画についてはかなり前にアップロードされてからこれまで削除された形跡がないので、グレーですがブログに貼り付けることにしました。


 

※ついでに「オデッセイ」のトレーラーも貼付ておきます。左が日本版で、右が米国版の映像になります。

 ちなみに映画のタイトルは原題で「THE MARTIAN(火星人)」なのですが、邦題は「オデッセイ(ODYSSEY=波乱に富んだ苦難の旅)」になっています。さすがに「火星人」はダメだと思いますが、「オデッセイ」にするくらいなら「マーシャン」でも良かったのではないかと思っている。どちらも英語をカタカナにしただけなんだから。どうせ変えるのなら昔の映画の様に、もっと気の利いた日本語にして欲しかった・・・。


p.s.
 今日のサッカー日本代表のオマーン戦は、大迫勇也の復活が見れてとてもいい気分でした。彼が高校生の時から、将来の日本代表の中心人物になるだろうと期待していましたが、ここまでの道のりは思ったより挫折の連続でした。特に鹿島からドイツに移籍した後に、泣き言を言っているのを聞いた時はもうダメかなとも思っていました。彼のプレースタイルは日本に今までにない新しい風を吹き込んでくれると信じています。これからますます活躍してくれることを期待したい。



スポンサーサイト

Category - エンターテインメント

ドナ・サマー ホット・スタッフ トランプ大統領 誕生記念 オデッセイ マーシャン マット・デイモン

2 Comments

mew  

Hot Stuff

Hot Stuff、私も昔から大好きです。(^^♪
あのイントロ部分がなると、心がワクワクします。
久々にきいて、パワーをいただきました。

大迫も、若い頃からいい選手だと思っていたので、
昨日、結果が出せてよかったです。"^_^"

政治は、な~んもいいことないけど。_(。。)_

2016/11/12 (Sat) 04:39 | EDIT | REPLY |   

B4  

Re: Hot Stuff

mewさん、コメントありがとうございます。

> 政治は、な~んもいいことないけど。_(。。)_

前を向いて歩こう!日本(世界)の未来のために!
(「前だけ向いて頑張れっていう人、無責任だと思うの」なんて言わないでぇ~!)

from ダイハツムーブキャンパスCM

2016/11/12 (Sat) 06:20 | REPLY |   

Post a comment