51%の真実

ARTICLE PAGE

米大統領選に見る世界の病巣と人間の狂気

 今回の米大統領選に限らず、世界中で多くの人が今の世の中の既存システム(エスタブリッシュメント)は腐敗していると感じ、確立した体制やエリート層への不満(というか憎悪)を持っている。その反発心がエネルギーとなって、トランプ大統領を誕生させることになったと感じる。そしてそのエネルギーを生み出したのが既存のメディアであり、増幅しているのがインターネットメディアやSNSである。

 今、多くの人には既存のメディアは嘘をついているという思い込みがある。確かにその傾向があることは否定できない(注1)が、これはブロードキャストシステムであるテレビ等のメディアの特性から、ある程度は仕方の無いものである。限られた時間や紙面の中で不特定多数を対象として、重要な情報を選択し正しく伝えるには、情報を端折って要約し時には忖度して伝える必要があるのだ。

 一方、インターネット上には玉石混合の様々な情報が生々しく流れている為、ほぼ全ての人が自分の納得できる情報を選択して得ることが可能だ。だからテレビ等で目にする平均的な人(マス)に合うように要約された情報には十分に納得できず、その情報は権力者側に忖度し都合の悪いことは隠されていると思い込んでしまう。(注2) この構図は、アメリカだけでなく日本もそうだし、その他世界中で蔓延しているように思う。

 この世の中には100%正しいと言える真実は存在しない。今、インターネットが唯一の正義だと考えている人には、自分が狭い世界に取り込まれて周りが見えなくなってしまっていないか、もう一度よく考えてみて欲しい。現実の世界はインターネットの世界よりも遥かに広くて複雑で、そして面白いのだ。しかも真実はそこにしか存在しない。(注3) 自分で直接見て感じて考えなければ見えてこないものなのだ。

 世の中が便利になり、情報が溢れ、検索すれば答えが簡単に手に入ると思い込んでいること、それこそが勘違いだと気付かねばならない。


 話は変わるが、産業革命により世の中は急速に発展し、表向きの体裁では人間の思想も成熟したかもしれないが、人間の本質は昔からほとんど変わっていない、と私は思っている。少しずつ高度になってはいるが、やっていることはあまり変わらない。前には進んでいるのだろうが、その進み方は右に振れ左に振れ模索しながら遅々としている。人間は自身が思うよりもずっと成長しない生き物なんだと感じる。

 一方、技術(ツール)の進歩は目覚ましく、急速に高度化し便利になった。しかしその反作用として結果が悪い方向に出た時の影響度・破壊力も非常に凄まじく大きくなった。

 現在は懐古主義的な雰囲気が勝っている。これは「美しい建前が先行し過ぎた世の中に、本音(無意識)では反発している人間が、醜悪な本性を隠せなくなった結果」ではないか?

 ルールを無視した国や人の方が、おいしい果実を手に入れるような世の中の矛盾(建前)に我慢ができなくなったのだ。

 人間は性善であり性悪でもある。どんな人も必ず善と悪の心を併せ持っている。自分に悪影響が及ばない範囲であれば、大抵のことには寛容でいられるが、一旦自分が不利な状況に置かれるとなかなか他人のことまで構ってはいられない。そしてほんの一握りではある(と信じたい)が、他人を攻撃することによって、自尊心を満たそうとか自分を守ろうとかする人も存在する。

 その証拠に、大統領選後にレイシストと思われる人の一部が早速ヘイトクライムを実行する例が見られている。一方で虐げられているマイノリティと思われる人の一部もデモと称して破壊活動を実施する例もみられる。どちらも予想されたことだが、幸いなことに暴動というまでには至っていないように見える。トランプ氏を支持できなかった人達は、思ったより冷静に現実を受け入れて、前を向こうとしている人が多いのではないかと感じる。そしてトランプ氏を支持した人達も、ほとんどの人はヘイトクライムを実行する人を嫌悪している(と信じたい)。

 どちらも一部の極端な思想(狂気(注4))に染まった人が、問題を起こしているに過ぎないと思う。やっぱり少しずつではあるが、人間は成長していたのだと感じる。これからの推移を見ないと、本当にこの考えが正しいかは未だわからないとは思うが、私は人間の良心を信じたいと思う。

 今必要なのは、トランプ氏とクリントン氏、そしてオバマ大統領の3名が、どんな理由であれ暴力や差別は許されないことを、アメリカ国民に真摯に訴えることだと思う。(反対デモを否定している訳ではない。)

 特に、次期大統領としてトランプ氏がまず最初にこれをできるかに、アメリカの未来がかかっていると感じる。トランプ氏の良心を信じて祈ることしか、今はできることはない・・・


(注1) あながち間違いではない、つまり100%嘘だとは絶対に言えないところが、一番の問題なのかもしれないが・・・。
(注2) 人によっては自分が知りたい部分が、意図的に隠されていると感じることもあるだろう。しかしだからと言って、既存のメディアは嘘をついていると決めつけるのはかわいそうだ。
(注3)インターネットの世界も、現実世界の一部ではあるのだが・・・。
(注4)ピクシブ百科事典によると、狂気とは以下の様に説明されている。
概要:気が狂っていること。また、正気ではない精神状態。
その他の意味:社会のありようや常識に疑問を持ったものが、それに反発・意見する為にあえて行った行動が、世間から「狂気」と呼ばれる事がある。 だが、他者がそれを認められないだけでそれこそがより真理に近いという事も、往々にしてある。



追記 2016/11/14
トランプ次期大統領が、CBSテレビの「60ミニッツ(60 Minutes)」で、支持者にマイノリティへの嫌がらせを止めるように語っていますね。これは大いに評価したい。
Trump to supporters harassing minorities: 'Stop it'」(CNN politics Updated 1033 GMT (1833 HKT) November 14, 2016 )
----
"I am so saddened to hear that," Trump told CBS' Lesley Stahl on "60 Minutes" when she said Latinos and Muslims are facing harassment. "And I say, 'Stop it.' If it -- if it helps, I will say this, and I will say right to the cameras: 'Stop it.'"
----



スポンサーサイト
Category: コーヒーブレイク
Published on: Sun,  13 2016 12:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

米大統領選 世界の病巣 人間の狂気 エスタブリッシュメント メディア論 トランプ クリントン オバマ 性善 性悪

0 Comments

Post a comment