51%の真実

ARTICLE PAGE

【原発ニュース】 経産省の福一廃炉賠償試算&川内原発再稼働とコウモリ三反園

(1)「福島原発事故費総額が21.5兆円に倍増」(東洋経済ONLINE 2016/12/9)
----
東電は債務超過でない」と経産相
[東京 9日 ロイター] - 経済産業省は9日、東京電力福島第1原発事故に伴う廃炉、賠償などの費用の総額が21.5兆円に上るとの試算を公表した。これまでの見積もり額11兆円から倍増となり、従来2兆円との想定だった廃炉費用は8兆円と4倍も増額となった。<中略>
世耕経産相は21.5兆円の費用について、「当面は費用が上振れすることはないと考える」と述べる一方で、増加、低減いずれの可能性もあると言及した。(注1)<中略>
経産省は同日、21.5兆円の事故費用をだれが負担するかについても案を示した。東電は15.9兆円(従来は7.2兆円)を負担。廃炉費は、国が関連する研究開発費を支援することはあるが、東電が自力で捻出するとの原則は維持したうえで、新たに作る積立金制度で資金をプールする方向だ。
一方、賠償費は、東電と原発を持つ大手電力が負担する方式から、原発を持たない新電力の利用者を含めた全需要家に負担させるとした。賠償制度が不備な中で福島事故が起きたとして、「積み立て不足を全需要家から公平に回収する」というのが経産省の言い分だ。<中略>
原発に批判的な超党派の議員連盟「原発ゼロの会」(共同代表=河野太郎・自民党行政改革推進本部長、近藤昭一・民進党副代表)は7日、福島第1の廃炉・賠償費用問題に関連した談話を発表。賠償費を託送料で回収することについて、「国と電力会社が安全神話を流布させてきた責任の棚上げで認められない」などと批判を強めている。<後略>
----
(注1)
世耕大臣「原発コスト安い」強調…廃炉費用増加でも」(テレ朝news 2016/12/7)
----
東京電力福島第一原発の廃炉と賠償費用が膨らんでいることを受け、世耕経済産業大臣は「原発コストは安い」と改めて強調しました。
 世耕経産大臣:「色んな費用を全部、含めたとしても発電単位あたりのコストは原発が一番、安いと考えている
 廃炉と賠償などの費用は事故後の見積もりから数兆円単位で増大していて、経産省は国民負担を増やす方向で議論を進めています。そうしたなか、世耕大臣は、新たな費用を考慮しても原子力の発電コストは他の発電よりも安いと説明しました。<後略>
----

●これまで何度かリーク記事を取り上げて来たが、とうとう経産省から、廃炉賠償費用が2倍に膨らむことと賠償費用を電気料金に上乗せする仕組みが、正式に発表された。

●最終的に何らかの形で国民の費用負担にならざるを得ないことは、納得いかないが受け入れるしかないと思っている。しかし、政府や経産省そして東電が、今のまま不誠実な対応や説明をしている中で、それを受け入れるのは絶対に嫌だ!!!

●東電が債務超過にならないように計算の仕方を変更しただけだし、事故処理費用は将来もっと増える可能性が高い。世耕大臣の「新たな費用を考慮しても原子力の発電コストは他の発電よりも安い」は、明らかに自己矛盾だ。それなら事故処理費用を国民に押し付けないで欲しい。そして何よりも、「積み立て不足」は既存の電力会社の自己責任ではないか!!!

●「原発ゼロの会」の「国と電力会社が安全神話を流布させてきた責任の棚上げで認められない」には同意だが、この言葉も自民党への国民の不満をガス抜きする為にしか見えない。本気でそう思っているなら、原子力村に反旗を翻して行動で示してほしい。


(2)「川内原発1号機・原子炉起動 三反園知事は“まっとう”な対応」(産経新聞 2016/12/9)
----
 九州電力川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)は8日夜、原子炉を起動、営業運転再開に向けて作業が進んだ。三反園訓(みたぞの・さとし)知事が今回、異論を唱えなかったことは、国のエネルギー政策への影響を鑑みれば、まっとうな対応だといえる。ただ、自民党県議団は知事の真意がつかめないとして、さらに一歩踏み込み、原発をベースロード電源と認めるよう求めた。(高瀬真由子)<中略>
「一部の人の意見だけを聞くのではなく、いろいろな人と同じ、県民目線で行う」。一般質問で県政運営の姿勢を問われ、三反園氏はこう答えた。
 言葉通り、三反園氏は今回の起動に際して、一部の反原発派の意見だけを聞くことはなかった。<中略>
10月に行われた薩摩川内市長選では、原発稼働を容認する岩切秀雄氏が3選を果たした。11月の鹿児島市長選では、川内原発の稼働停止を訴えた候補者が敗れた。
 三反園氏はこうしたことを背景に、反原発派のプレッシャーに耐えたといえる。<中略>
 三反園氏は10月、自民党議員に対し、原発について「自民党と方向性は同じ」と語ったという。<中略>
三反園氏と政策協定を結んだ反原発団体は、10月6日付でメンバーの候補リストを県に提出した。そこには同団体のメンバーや原発に慎重な有識者が、ずらりと並ぶ。
 団体は「三反園氏は委員に反対派を入れると約束した」と主張する。これに三反園氏は「記憶には、定かでない」と議会で答弁した。<後略>
----

●産経新聞とは意見が合わないのであんまり取り上げたくはないのだが、三反園知事の考えや発言が一番詳細に書かれているので、この記事を引用することにした。

●三反園知事の発言は相手によって変えており、まるでコウモリのようだ。鹿児島の反原発の人たちにとって、現状はかなり形勢は不利な状態だと思う。県民にとってはあまり良い方法ではないかも知れないが、こんな行為を黙って許していたら、子供たちに示しがつかないし鹿児島の未来にとっても良くないと思う。三反園知事を辞任に追い込み知事選をやり直しても良いのではないだろうか?

●三反園知事を辞めさせるには3つの方法がある。
 1.県民によるリコール(前任の伊藤知事でもリコール運動があったようなので、一番可能性が高い)
 2.県議会での不信任決議(これは可能性は無いなぁ・・・)
 3.百条委員会による解職(以下の記事から少しだけ可能性はあるが、可能性は限りなく低いなぁ・・・)

三反園鹿児島県知事に「公選法違反」疑惑」(週刊文春WEB 2016/12/7)
----
<前略> 知事選の選挙期間中、三反園陣営は鹿児島市内と指宿市内の2カ所を選挙事務所として選挙管理委員会に届け出ていた。しかし、三反園陣営が提出した選挙運動費用収支報告書(以下、収支報告書)などによれば、ほかに姶良市、霧島市、鹿屋市、薩摩川内市にも選挙事務所が設置されていた。鹿児島県知事選の場合、選管によれば「選挙事務所は二を超えて設置することはできない」とされており、公選法違反の疑いがある。<中略>
 三反園氏の選挙戦を仕切り、“統括”責任者とされる人物は、取材に対して、次のように語った。
「上限を超えて選挙関連の事務所を設置することは、どこの選挙でもやっている話です。収支報告書の問題も悪質ではないし、ズサンだという指摘ももっともなので、『素人集団だったね』とバカにされて結構です」<後略>
----



スポンサーサイト
Category: ニューストピックス
Published on: Sat,  10 2016 12:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

福島第1原発事故 廃炉賠償費用 総額21.5兆円 川内原発1号機 原子炉起動 営業運転再開 三反園訓知事 公選法違反

0 Comments

Post a comment