Welcome to my blog

51%の真実

Article page


【政治閑話】 赤字国債追加と防衛費増額&小池と維新の都議選戦略

(1)「赤字国債1.9兆円追加発行へ 法人税下振れで税収減」(朝日新聞 2016/12/6)
----
 政府は今年度の税収不足を穴埋めするため、赤字国債(国の借金)を1・9兆円程度、追加で発行する方針を固めた。年度前半の円高で企業のもうけが減り、法人税収入が想定以上に落ち込むためだ。年度途中で赤字国債の発行額を増やすのは、リーマン・ショック直後の2009年度以来、7年ぶり。
 月内に閣議決定する16年度第3次補正予算案に盛り込む。 <後略>
----

●記事を読んで今年の円相場を見直してみたら、今年の前半は20円も円高に振れてた・・・。そりゃぁ企業の儲けも減って、法人税収入が落ち込んでも仕方ない気がする。でも、それもこれも維持兼金融緩和に頼りっきりの、アベノミクスの弊害とも言え、自業自得なのだが・・・。

●トランプ相場で年末に15円戻す展開になっているが、それにしても為替も株式も変動幅が大きすぎて、資産投資には怖すぎる時代になってしまったものだ。


(2)「防衛費、過去最大の5.1兆円へ 29年度予算案、中国・北朝鮮対応」(産経新聞 2016/12/1)
----
 政府が平成29年度予算案で、防衛費を過去最大の5兆1千億円程度とする方向で調整していることが1日、分かった。防衛費を当初予算ベースで増額するのは、第2次安倍晋三政権の25年度以降、5年連続。日本周辺の海空域で挑発行為を続ける中国、北朝鮮や不安定さを増す国際情勢への対応を強化する。
 国内総生産(GDP)に対して1%を上回らない状態は維持される見通し。防衛省は概算要求で5兆1685億円を要求していた。政府は月内に編成する28年度第3次補正予算案でも防衛費を積み増す方針だ。<後略>
----

●確かに世界中がきな臭くなり、防衛力の強化が必要と思わせる雰囲気が醸し出されている。こんな状況では、なかなか防衛費の増加にも反論しにくい状況が発生しそうだ・・・。

●それにしても、年金や健康保険などの社会保障費はどんどん削ろうとしているのに、防衛費だけは増えるのは納得できない。


(3)「小池知事、候補者擁立に意欲 来夏の都議選」(日経新聞 2016/12/10)
----
 東京都の小池百合子知事は10日、来年夏の都議選で自らが塾長を務める政治塾「希望の塾」から候補者を擁立する意向を示した。都内で記者団に「立候補したいという素晴らしい人材がいる。形はどうあれ、後押ししていきたい」と述べた。
 新党設立については「カードはたくさん持っていたい。ただ都議選まであまり時間がないので、逆算しながら考えていく」と語るにとどめ、設立は明言しなかった。<中略>
 日本維新の会や減税日本との連携に関しては「三大都市共通の課題もある。連携を深めることは意味がある」と話した。<中略>
講師として出席した河村たかし名古屋市長は、報道陣に「早く新党をつくってほしい。私も一緒に参加する」と述べた。(注1)<後略>
----
(注1)「小池知事 来夏の都議選に政治塾から候補者擁立へ」(NHK NEWS WEB 2016/12/10)
----
<前略>
自民 下村氏「擁立は想定内」
自民党東京都連の会長を務める下村幹事長代行は、NHKの取材に対し、「小池知事が政治塾を作ったということは、当然、都議会議員選挙での候補者の擁立が前提だと思っていたので想定内だ。新党という明確な形にするのかはわからないが、自民党の候補者が勝利できるよう、しっかり対応していきたい」と述べました。
民進 松原氏「連携の可能性も探りたい」
民進党東京都連の会長を務める松原元拉致問題担当大臣は、NHKの取材に対し、「小池都知事の政治塾から候補者が出るのは1つの流れだと思う。民進党から参加している人もいるので、どのような政治勢力になるのか見極めながら、連携の可能性も探っていきたい」と述べました。
----

●黒太字を見て、やはり都議選までの新党設立は無いだろうと確信した。

●ただ、「希望の塾」から候補者を擁立しなければ逆風になるので、必ず何人かは刺客として無所属で出馬させるだろうと思う。


(4)「日本維新の会、東京都議選にまず9人擁立へ 「小池新党」の動き牽制 16日に発表」(産経新聞 2016/12/9)
----
 日本維新の会が来年夏の東京都議選に向け、第1次公認候補として9人を内定したことが8日、わかった。16日に正式発表する。党関係者によると、最終的には20人以上の候補擁立を目指すという。
 都議選には小池百合子都知事も政治塾「希望の塾」を立ち上げて候補擁立を模索している。維新は先に候補を発表することで、小池氏の動きを牽制(けんせい)するとともに、「第三極」としての存在感をアピールする狙いがありそうだ。
 前回の都議選(平成25年)でも前身の「日本維新の会」が34人を擁立したが、2議席と惨敗。関西以外への党勢拡大が大きな課題となっており、今回も都議選に候補者を多数擁立し、首都圏に足場を築きたい考えだ。<後略>
----

●今のところ、維新と小池都知事が手を握ることはなさそうだが、維新だろうが小池新党だろうが、かなり右寄りの政治家グループが増えることには変わりない。(3)の民進党右派グループの動きも含め、日本の極右化の動きには目を光らせておく必要がある。



スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

赤字国債1.9兆円追加発行 第3次補正予算案 平成29年度予算案 防衛費5.1兆円 東京都議選 希望の塾候補者擁立 小池新党設立 日本維新の会9人擁立

4 Comments

山田  

維新はシンゾー・菅派、減税は二階・小池派

小池氏の東京都知事当選直後、東京・大阪・名古屋の3大都市で地域政党連携かとされていましたが、
反小池陣営の菅官房長官の影響で維新だけ仲間外れに。

菅官房長官は維新幹部と親密であり、2012年以来毎年年末には都内でシンゾー・菅・橋下前大阪市長・松井大阪府知事の会食がありますから。

自維が推すカジノ法案も維新の肝煎り法案だったり。

都政改革委員会に入った上山氏が維新から小池氏へ鞍替えした感じで。

おそらく2017年2月19日に衆院選が行われたら、
シンゾー・菅が狙う自公維連立政権になりそうです。

2016/12/11 (Sun) 06:38 | EDIT | REPLY |   

B4  

Re: 維新はシンゾー・菅派、減税は二階・小池派

山田さん、お疲れ様です。

結局のところ、維新も減税も小池新党も自民党の補完勢力なんですよね。昔の自民党内での派閥の争いが、与党寄りの少数野党に置き換わっただけという気がします。公明党だけは少し異質ですが・・・。公明党はもっと(自民党から見た)自分たちの価値を認識して、強気に出て良い気がします。(「逃げ恥」の平匡さん並みに「自尊感情」が低すぎるんじゃないだろうか?)

2016/12/11 (Sun) 22:12 | REPLY |   

山田  

シンゾー・菅陣営vs二階・小池・河村陣営

ありがとうございます。極右化傾向を感じますね。

維新がシンゾー・菅陣営に付いていることから小池新党&減税日本とは対立関係になったと感じます。

小池都知事の出身地は兵庫県芦屋市、
小池都知事の師匠の二階幹事長の出身地は和歌山県御坊市
だったりします。

シンゾー・菅陣営はおそらく維新を自民党細田派に合流したい意向に感じます。維新は額賀派・二階派・岸田派よりもシンゾー・菅と親密ですから。

額賀派・二階派・岸田派は維新の細田派合流に猛反発でしょう。派閥論争で90年代のような分党が生じる恐れも。

2016/12/11 (Sun) 23:57 | EDIT | REPLY |   

B4  

Re: シンゾー・菅陣営vs二階・小池・河村陣営

山田さん。おはようございます。

> 維新がシンゾー・菅陣営に付いていることから小池新党&減税日本とは対立関係になったと感じます。

→そうですね。ただ、都議選以降どう変化していくか注視していく必要はあると思います。

> シンゾー・菅陣営はおそらく維新を自民党細田派に合流したい意向に感じます。

→安倍首相としては維新は野党のままでいてくれた方が、強行採決の時など「強行ではない」という言い訳に使えるのでいいと考えているのではないでしょうか?
自民党は良くも悪くもしたたかですので、昔みたいに分裂に至るような反発や派閥闘争は起こらない気がします。

それでは今日も頑張りましょう。

2016/12/12 (Mon) 06:42 | REPLY |   

Post a comment