51%の真実

ARTICLE PAGE

【海外動向】 トランプが中国に激怒&中国の警告&イタリア次期首相

 (1)「米・トランプ次期大統領、南シナ海めぐり中国に激怒」(FNN 2016/12/12)
----
アメリカのトランプ次期大統領が激怒した。トランプ氏が、情報当局から、中国が南シナ海で進めている軍事施設の建設について説明を受け、「元に戻せないのか」と、激怒していたということが、FNNの取材で明らかになった。トランプ政権の対中国政策を占う出来事になるとみられる。
トランプ氏は、12月2日、台湾の蔡英文総統との異例の電話協議を行ったが、側近によると、電話の直前に、トランプ氏が情報当局から、中国の南シナ海進出に関する3時間に及ぶ説明を受けていたという。
説明の場で、軍事化が進む「スビ礁」など、2つの岩礁の衛星画像を見たトランプ氏は、「こんなに広範囲に行われているのか。元に戻すことはできないのか」と激怒したという。
この側近は、直後に台湾総統と電話協議したことは、「偶然ではなく」、中国に対するけん制で、新政権の大方針は、「ロシアとの協調、中国との対決だ」とも語っている。<後略>
----

●南シナ海の南沙諸島での岩礁埋め立ては中国の横暴であり、これに関してはトランプ氏を応援したいところだ。ただ、非常にセンシティブな問題で、あまり強く出すぎると紛争に発展する可能性もあり、トランプ氏がうまく立ち回ってくれることを祈りながら、良い結果になることを期待したい。


(2)「「一つの中国」疑問視のトランプ氏は「子ども」 米敵対勢力支援を警告、中国紙」(AFP BB NEWS 2016/12/12)
----
<前略>トランプ氏は、11日放送された米FOXニュース(Fox News)のインタビューで、「中国と貿易などで合意していない限り、なぜ『一つの中国』政策に縛られないといけないのか」と疑問を呈し、中国が貿易や外交政策などで譲歩しなければ、米国はこの原則を維持しない可能性があると示唆していた。
「『一つの中国』の原則は、取引材料にはならない」。中国の国営英字紙・環球時報(Global Times)は、12日にインターネットに掲載した無記名の解説記事でこのように述べ、トランプ氏を「外交に無知な子ども」とこき下ろした。
 記事はさらに、もし米国が台湾の独立を支援し、台湾への武器売却を増やすならば、中国が「米国と敵対する勢力」を支援する可能性もあると主張している。<後略>
----

●中国も我がままを押し通す子供の様な外交をしている面があるし、トランプ氏のことを非難できないと思う。ただ、国の外交は子供のケンカでは済まされない結果を招く可能性もあり、お互いに大人になってくれることを祈りたい。


(3)「伊次期首相にジェンティローニ外相 大統領が指名」(日経新聞 2016/12/11)
----
 【ジュネーブ=原克彦】イタリアのマッタレッラ大統領(75)は11日、パオロ・ジェンティローニ外相(62)を次期首相に指名し、組閣を要請した。同国では4日の国民投票で上院の権限を大幅に縮小する憲法改正案が否決され、賛成を呼びかけたレンツィ首相(41)が引責辞任した。大統領は銀行の不良債権問題など喫緊の課題への対応を重視し、選挙を回避し新内閣の樹立を優先した。
 ジェンティローニ氏は大統領との会談後に「レンツィ政権の継続性を尊重する」と報道陣に語った。新内閣は暫定政権との位置付け。上下院で整合性がない状態になっている選挙制度を改めたら、上下院の議員が任期を満了する2018年を待たずに総選挙を行う可能性がある。
 中道左派・民主党の下院議員であるジェンティローニ氏は近く閣僚名簿を大統領に提出し、大統領が受理すれば新内閣が成立する。<後略>
----

●取りあえず、イタリアが極右政権になることは回避されたが、ジェンティローニ氏がこの千載一遇のチャンスを生かしてうまく政権運営できないと、次はポピュリズム政党の「五つ星運動」が控えている。既存の政治や体制を嫌悪する今の世の中のうねりに逆らうには、中道左派の民主党も自分たちの失政を分析し、自らを変革していく必要がある。



スポンサーサイト
Category: ニューストピックス
Published on: Tue,  13 2016 12:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

南シナ海 南沙諸島 岩礁埋め立て トランプ激怒 一つの中国 外交に無知な子ども イタリア次期首相 パオロ・ジェンティローニ外相 五つ星運動

0 Comments

Post a comment