51%の真実

ARTICLE PAGE

【野党動向】 共産党大会に4野党出席&小沢「次の選挙で政権交代」

(1)「共産党大会に4野党・会派出席へ」(しんぶん赤旗 2016/12/20)
----
小池書記局長会見 「歴史的・画期的なこと」
 日本共産党の小池晃書記局長は19日、国会内で記者会見し、来年1月15~18日に静岡県内で開催される党大会に民進、自由、社民、参院会派・沖縄の風の各政党・会派からそれぞれの代表が来賓として参加することを発表しました。
 党大会に来賓として参加するのは、民進党の安住淳代表代行、自由党の森ゆうこ参議院会長、社民党の吉田忠智党首、沖縄の風の糸数慶子代表の4氏です。 <中略>
 記者団から、他党の代表が党大会に出席する意義について問われ、「今度の党大会決議案でも、野党と市民の共闘対自民、公明、その補完勢力との対決の時代、現実に野党が共闘して、国政を動かす新しい時代が始まったと述べている。それをまさに示すようなことになると思う。非常に歴史的、画期的なことだ」と強調しました。
----

●確かに、4野党・会派が共産党大会に出席するのは、「非常に歴史的、画期的なことだ」と思う。しかし私は、それが「現実に野党が共闘して、国政を動かす新しい時代が始まった」とは、全く思わない。

●民進、自由、社民、共産が共闘は出来ても、連立政権を組むことは困難だと思うからだ。もし連立を組んだとしても、旧民主党政権よりも、悲惨な運命が待っているような気がする。

●野党共闘が絶対不可欠と言いながらこんなことを書くのは、自己矛盾だしジレンマでもあり、何より共産党支持者の方に大変失礼なのだが、これが私の本心だ。だから民進党がブレてしまうのも解らなくはない。しかし自民党の先の国会運営や安倍政権の傍若無人な振舞いを見て、現状の野党の能力を考えると、今は自己矛盾だろうが何だろうが野党共闘を進めるしか方法は無いと信じている。


(2)「小沢一郎代表「次の選挙で政権交代する!」野党共闘の実現度を春香クリスティーンが根掘り葉掘り!」(ホウドウキョク 2016/12/21)
----
毎回 大物政治家をお迎えする「春香 vs 国会議員」に、自由党の小沢一郎代表が登場。解散総選挙の時期をめぐる憶測が飛び交う中、野党共闘の現状や政権交代への並々ならぬ意欲を語った。 Dec 21, 2016 by Haruka Christine Commentator
3 Lines Summary
・「剛腕」「壊し屋」…本当の自分は「革命家」
・次の総選挙で勝つためには政党の形にはこだわらない
・安倍首相は「隙あらば1月解散」を捨てていない
<中略>
小沢「ボクは、ネットは割合と好きなんです。その他の媒体っちゅうのは、手を加えたりなんだりっちゅうところも多いでしょ。ネットはストレートに行くし、ストレートに帰ってくるし、それがとてもいいですね。ボクはネットだと、テレビや新聞と違って、結構 信用が高いんですよ。でも、それは票に現れないですね。ネットやってる人が行動しないからですよ。海外は行動するから。『アラブの春』だって隣の韓国だって、何十万という人が行動するでしょ。日本はそんなことないですもんね
<中略>
小沢「少しづつは現実になってきていると思いますけれど、ネットだけで選挙が決まるんだったらとうに政権とってます。わっはっはっはっはっは」
<後略>
----

●これは全く根拠は無いのだが、私は小沢氏の認識は感覚的に間違っているのではないか、実は真逆なのではないかと感じている。

●日本でも政治の世界に限れば、能動的・積極的にネットをやっている人は、十分行動に移しているのではないか、そしてその結果が今の右傾化した状況ではないかと考えている。逆に行動していないのは受動的・消極的にネットをやっている人ではないかと思う。

●話はズレるが、小沢氏はどうして共産党大会に参加できなかったのだろうか? 理由にも依ると思うが、こんなところが私が小沢氏を信用出来ない根本的な原因だ。



スポンサーサイト
Category: ニューストピックス
Published on: Thu,  22 2016 12:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

共産党大会 4野党・会派出席 ホウドウキョク 小沢一郎代表

0 Comments

Post a comment