Welcome to my blog

51%の真実

Article page


【トランプ動静】 米情報機関批判&トヨタに圧力

(1)「「前代未聞」、懸念広がる=トランプ氏の米情報機関批判」(時事通信 2017/1/7)
----
<前略>
 米国の情報機関を統括する国家情報長官室は6日、「ロシアのプーチン大統領が(サイバー攻撃を)指示した」と結論付けた報告書を公表した。ところが、トランプ氏は情報機関幹部から報告書の内容を説明された後も、「ロシアによる犯行」という分析結果を受け入れるかどうか態度を明確にしなかった。<中略>
 情報機関の分析を軽視する発言をツイッターなどで繰り返すトランプ氏のやり方について、パネッタ元中央情報局(CIA)長官は6日、NBCテレビの番組で「50年間公職を務めたが、こんなことは見たことがない。情報機関の信頼性を損なう」と批判した。
 また、モレル元CIA副長官は同日、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)に寄稿し、「CIAを公然と否定することは、国家安全保障体制への前例のない政治的挑戦であるだけでなく、国家にとって危険だ」と指摘。情報機関の仕事を否定するようなトランプ氏の発言が続けば、反発した職員が大量に離職し、「CIAの活動を損なうことになる」と警告した。 (2017/01/07-14:14)
----

●トランプ次期大統領の就任まで2週間を切ったが、ここまでの発言や態度を見ていると、本当にこれからどうなってしまうのか心配でならない。

●アメリカも日本も中国もその他の国も、人間の成熟度などほとんど変わらないということが、ここ数年で明確に実証されていると思う。いくら世界中が閉塞感に包まれているからと言って、これまでコツコツと積み上げてきた理想を、全て否定した結果がどのような未来を作り出すのか、経験しなければ判らないなんて愚かすぎる・・・(という結果にならないことを祈る。)


(2)「トヨタに圧力…メキシコ工場、撤回要求」(毎日新聞 2017/1/6)
----
ツイッターに投稿
 【ラスベガス清水憲司】トランプ次期米大統領は5日、トヨタ自動車がメキシコで進めている新工場建設について、「米国に建設しろ。さもなければ多額の関税を支払え」とツイッターに投稿した。米国内の雇用を最優先するトランプ氏は米自動車大手フォード・モーターのメキシコ工場建設計画を厳しく批判し、撤回させたばかり。その矛先が日本メーカーにも向かった。<中略>
 メキシコ新工場について、トヨタの豊田章男社長は5日、東京都内で報道陣に対し、「ひとたび決めた以上は雇用と地域への責任がある」と述べ、現時点では見直さない考えを示した。トランプ氏のツイッターはその後に投稿されており、豊田社長の発言に反応した可能性がある。 <後略>
----

●トランプ次期大統領のトヨタへの圧力は、自由な経済活動に対するテロ行為に等しいと思う。豊田章男社長は、冷静に正論で戦おうとしている。政治的な理由などで屈服させられることが無いように、我々もこの行為を後押ししなければならない。

●トランプ次期大統領には、必ず4年で交代してもらわないと・・・



追記 2017/1/9
ドナルド・トランプ氏、露の関与認める 報告受け入れ」(産経新聞 2017/1/9)
----
 ドナルド・トランプ次期米政権で大統領首席補佐官に就任するラインス・プリーバス氏は8日、FOXニュースのインタビューで、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(64)が米大統領選に干渉するためサイバー攻撃を指示したとする報告書の内容をトランプ氏(70)が受け入れると述べた。その上で「トランプ氏はハッキングの背後にロシアの機関があることを否定していない」と語った。
 トランプ氏はこれまでロシアが攻撃を行ったとする分析に懐疑的な見方を示してきたが、一転してロシアの関与を認めた。<後略>
----

●1/20に向けて、そして大統領就任以降は、多少はまともになってくれるという兆しだろうか?



スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

米情報機関 国家情報長官室 プーチン大統領 サイバー攻撃指示 ツイッター トヨタに圧力 メキシコ工場

0 Comments

Post a comment