Welcome to my blog

51%の真実

Article page

【トランプ動静】 米世論調査で入国禁止49%賛成&支持が43%&ゴルフ会談

(1)「入国禁止49%賛成 反対41%を上回る 米世論調査」(朝日新聞 2017/2/1)
----
 トランプ米大統領による中東・アフリカ7カ国からの一時入国禁止や難民受け入れ停止をした大統領令の是非に関し、ロイター通信が全米50州で実施した世論調査で49%の人が賛成し、反対の41%を上回っていることが分かった。(注1)<中略>
 支持政党によって、調査結果が全く逆になった。民主党支持層の53%が「強く」反対とする一方、共和党支持層の51%が「強く」賛成となった。
 また、今回の措置で、「より安全と感じる」と答えた人は31%にとどまったが、「より安全でなくなったと感じる」とした26%を上回った。さらに、38%がテロ対策として米国が「良い手本」を示したとする一方、41%が「悪い手本」とした。
 調査は30日から31日にかけ、インターネットを通じ、1201人の成人に対して行われた。
 一方、ギャラップ社が行ったトランプ氏への支持率調査(28~30日)では支持が43%にとどまり、不支持の51%が上回っている。(注2)(ワシントン=杉山正)
.----
(注1)「Attitudes on immigration ban」(REUTERS 2017/1/31)
(注2)「Gallup Daily: Trump Job Approval」(GALLUP 2017/1/31)

●大統領令連発でトランプ支持者からも懸念や後悔する声が出ている記事を多く見かけていたので、アメリカ国民の良心に少し安心を覚えていたのだが、熱狂的な支持者の目を覚ますにはまだまだ痛みと時間が必要なようだ。

●それにしても、トランプ大統領(というよりは、後ろで操っているバノンか?)の、支持者の心をくすぐる手法・戦略は見事だ・・・。しかし、入国禁止令にはテロや移民問題への懸念から賛成する人が多くても、テロ対策として「悪い手本」とする人が多かったり、Gallupの支持率の推移では、大統領令を乱発し始めた頃から下落を始めているように、アメリカ国民は日本国民ほど支離滅裂では無いなぁと羨ましく思う。


(2)「安倍首相、トランプ氏とゴルフも=11日にフロリダで-日米調整」(時事通信 2017/2/1)
----
 日米両政府は、安倍晋三首相とトランプ大統領が10日にワシントンで会談した後、11日にフロリダ州パームビーチでゴルフをプレーする方向で調整に入った。日本政府関係者が1日、明らかにした。パームビーチにはトランプ氏の別荘があり、両首脳は再度会談も行う見通しだ。先月28日の電話会談で、トランプ氏側が持ち掛けたという。<後略>
----

●トランプ氏の政権運営も外交も、全てはビジネスで培ったノウハウが原点なんだなぁと思う。

●それにしても、この時期にゴルフ外交を持ちかけたトランプ大統領も、それを何も考えずに喜んで検討する(?)安倍首相も、本当に情けない指導者だなぁ・・・。自民党内から懸念が上がっている(注3)のがまだ救いだが、、、

(注3)「トランプ大統領とゴルフ…自民党内から懸念」(日テレNEWS24 2017/1/31)
----
<前略>トランプ氏がイラクなどからの入国停止問題などで批判を受ける中、自民党内からは「一緒にゴルフをすれば安倍総理への批判に跳ね返ることもあり得る」と懸念の声も上がっている。
----



スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

米世論調査 入国禁止賛成49% 大統領支持率43% 日米首脳会談 ゴルフ会談

0 Comments

Post a comment