51%の真実

ARTICLE PAGE

森友学園 認可申請取り下げ&小池新党 国政狙い研究会立上げ/公明と都議選協力(+共謀罪)

(1)「森友学園 認可申請取り下げ 籠池理事長は退任の考え」NHK NEWS WEB( 2017/3/10)
----
 学校法人「森友学園」が、大阪・豊中市の元の国有地に建設している小学校について、森友学園は認可の申請を取り下げました。籠池理事長は退任することを明らかにし、<中略>
「今の過熱状態に終止符を打たないと、子どもの安全や親のプライバシーが守れないと判断した。苦渋の決断だ。入学を予定していた子どもや保護者には本当に申し訳ない。国会議員から口利きをしてもらったことはない。安倍総理大臣や夫人から何かしてもらったこともない」と述べました。
 また、同じ工事で、金額の異なる3つの契約書が作られていたことについては、「偽造ではない」と述べました。
 さらに、国会で野党側が籠池理事長の参考人招致を求めていることについては、「応じる気持ちはない」と述べました。
<後略>
----

●疑惑の本丸から離れたところで”トカゲのしっぽ”を捕まえさせ、国民の留飲を下げたことで自民党は逃げ切りを図ろうとしていると感じる。国民は目先の小さな成果に満足して、トカゲを逃がしてはならない。

●前日まではあれほど小学校開設に拘って放言(暴露)していたのに、翌日にいきなり”口利きは無い”とか”参考人招致に応じる気持ちは無い”とか言いだすのには、籠池理事長と本丸の間で何らかの意識合わせがあったと、ついつい邪推してしまうのは致し方ないことだろう。

●韓国の朴大統領罷免が確定した日の、夕方ニュースの時間帯にわざわざ記者会見を設定し、さらに南スーダンPKO撤退を突然発表する。自民党の狡猾な戦略に踊らされてはならない。この問題は違法性も十分考えられるのだから、参考人招致がいやなら”証人喚問”で野党は攻めれば良いと思う。(その場合は万が一を避けるために、籠池氏の警護にも注意を払って置く必要があるかもしれない。)


(2)「“小池新党”国政狙い「研究会」立ち上げへ 都議選で元警視総監の長男やフジテレビ社員を擁立」(iZa (zakzak) 2017/3/10)
----
 夏の東京都議選(6月23日告示、7月2日投開票)に向け、小池百合子都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」が攻勢を強めてきた。3人の追加公認を8日、決めたのだ。(注1)また、小池氏が主宰する政治塾「希望の塾」が月内にも「国政研究会」を立ち上げる方針を固めた。次期衆院選をにらんだ動きといえる。東京・夏の陣に向け、総攻めの構えだ。<後略>
----

(注1)「公明と小池新党、都議選協力で大筋合意 相互推薦の方向」(朝日新聞 2017/3/10)
----
 7月2日投開票の東京都議選(定数127)で、公明党と小池百合子・都知事を中心とした地域政党「都民ファーストの会」が選挙協力することで大筋合意したことが10日、分かった。週明けにも発表する。
 複数の関係者によると、公明は、1~2人区のうち同党が唯一候補を擁立する荒川区(定数2)を除いて都民ファの候補を推薦。一方、都民ファは公明の全候補を推薦する方向という。
 都議選では、単独過半数を視野に全42選挙区で候補擁立を目指す都民ファに対し、第2会派の公明は23人の公認を決めている。無党派層にも支持を広げたい公明と、公明の強い組織力の支援を得たい都民ファの思惑が一致したとみられる。<後略>
----

●まさに「【気になる】 小池都知事の野望と戦略+長谷川豊氏の衆院出馬表明」で書いた、小池都知事の思惑(戦略)通りに進んでいると思う。それにしても小池都知事の現状分析力と未来を読み戦略を立てる能力も見事だ・・・。

●小池都知事は、どうやら新党から総理大臣を目指す戦略の方に重点を置き始めたようだ。その為に”公明党”との連携を重要視し、おそらく民進党からだけでなく自民党からも役に立つ議員のみを取り込んで、自民党の弱体化を狙っていると感じる。民進党はどうせ自滅(分裂・壊滅)するからと気にも留めていないのだろう・・・


(3)「自民 テロ等準備罪の了承先送り 総務会」(NHK NEWS WEB 2017/3/10)
----
<前略>
「テロ等準備罪」を新設する法案をめぐっては、自民党の法務部会が8日、条文の処罰の対象に「テロリズム集団」という文言を加えたうえで了承し、これを受けて、10日、自民党の総務会で法案審査が行われました。
この中で、出席者からは「法案の内容をわかりやすく説明できなければ、必要性は理解されない」、「処罰の対象となる犯罪や『組織的犯罪集団』の定義があいまいで、国民の理解を得るのは難しい」といった意見が相次ぎました。さらに、「テロの防止に役立つ法案だということを、もっと説明する必要があるのではないか」という指摘も出されました。
こうした意見などを受けて、自民党の総務会は、法案の了承を見送って、来週、改めて議論することになり、細田総務会長は記者会見で、「重要な法案なので1回で議論が終わらなくてもいい。十分議論を尽くして判断したい」と述べました。
<後略>
----

●いくら”テロ等準備罪”と名前を変えても、その本質は”共謀罪”そのものだということを忘れないようにするために、このタイトルの記事を選んだ。まだ完全に阻止できたわけでは無いので、監視を怠らず声を上げ続けたい。



スポンサーサイト
Category: ニューストピックス
Published on: Sat,  11 2017 12:00
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

森友学園 認可申請取り下げ 小池新党 国政狙い 研究会立上げ 公明党と都議選協力 テロ等準備罪 共謀罪

2 Comments

山田  

森友学園、都民ファ

森友学園の籠池理事長参考人招致問題、自民党や公明党は参考人招致を認めるべきです。

女優の北川景子(30。神戸市出身)の親戚になった竹下自民党国体委員長(衆院島根2区)は民間人の参考人招致に難色ですが、
竹下氏はロッキード事件(1976)や耐震偽装事件(2005)の前例を忘れているのか。
島根県出雲市の竹下事務所に全国から籠池氏参考人招致をの電話が殺到したようです。

千代田区の自民党本部、新宿区の公明党本部も全国から電話が殺到したようです。

公明党本部へは籠池理事長の参考人招致を訴える創価信者の来訪も絶えないようです。
「籠池理事長の参考人招致を認めなければ公明党は都議選で勝てない」と危機感も。

2017年7月2日は東京都議選が予定されていますが、籠池理事長の参考人招致は都議選に影響を与えそうです。

都民ファはどこまで躍進するか気になります。

2018年12月9日予定の第48回衆院選も都民ファはどこまで躍進するか気になります

2017/03/11 (Sat) 23:07 | EDIT | REPLY |   

B4  

Re: 森友学園、都民ファ

山田さん、コメントありがとうございます。

安倍首相や自民党の思惑通りに幕引きさせないためには、月曜日に出てくる世論調査の結果が非常に重大な意味を持つことになりましたね
マスコミが忖度して、尻すぼみになってしまわないように、ここはびっくりするくらいの急落できっちりと国民の意思を示したいところです。

都民ファーストは、公明党と組んだことで都議会での圧勝は各艇ですね。全員当選とか?

次期衆院選は、候補者をそこまで沢山は立てられないでしょう。逆に立てられたとしたら、やっぱり都政は腰掛で国政が大事なのかと逆風に変る可能性もあり綱渡りだと感じます。とりあえず今は国政への影響は様子見といったところでしょうか?
安倍政権の行方によっても戦略が変わってくるでしょうし。

2017/03/12 (Sun) 00:01 | REPLY |   

Post a comment