首相から100万円寄付、籠池氏を23日に証人喚問&北核開発阻止に新アプローチ&シムズ理論

(1)「籠池氏、調査に「首相から100万円」 官房長官は否定」(朝日新聞 2017/3/16)
----
 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題をめぐる参院予算委員会の16日の現地調査で、籠池(かごいけ)泰典理事長への聞き取り調査を終えた舟山康江氏(民進)が記者団に「(籠池氏が)安倍(晋三)首相から、(昭恵)夫人を通して100万円をもらった、と語った。時期は2015年9月ごろ」と説明した。
 一方、菅義偉官房長官は同日午後の記者会見で、首相に確認したところ、「自分では寄付していない。昭恵夫人、事務所等、第三者を通じても寄付していない」との説明があったことを明らかにした。昭恵氏が個人として寄付したかどうかについても、念のために確認している(注1)ことも説明した。<後略>
----

(2)「籠池理事長を23日に証人喚問 自民・民進が合意」(朝日新聞 2017/3/16)
※記事が短いため全文を転記させて頂きました。朝日新聞の記者の方にはお詫びいたします。
----
 自民党の竹下亘、民進党の山井和則両国対委員長は16日、電話で会談し、学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長に対する証人喚問を23日に衆参両院の予算委員会で行うことで合意した。山井氏が報道陣に明らかにした。
----

追記 2017/3/17 8:00
(5)「寄付金名簿に“首相と夫人の名確認できず”」(日テレNEWS24 2017/3/17)
----
<前略>
 籠池理事長は16日午後、小学校の建設予定地を視察した参議院予算委員会のメンバーに、安倍首相の寄付金を受け取ったと発言した。その上で、具体的には、2015年9月5日、講演に来た安倍昭恵夫人から100万円を受け取ったと述べた。
 また、金を受け取った際、「どなたからですか」と昭恵夫人に尋ねると、昭恵夫人が「安倍晋三からです」と答えたとも語ったという。
 一方、このあと、籠池理事長から話を聞いた野党の議員によると、寄付金の名簿には、安倍首相と昭恵夫人の名前は確認できなかったという。
----

追記 2017/3/17 22:20
(注1)昭恵夫人は、以下の記事の通り完全に否定している。
昭恵夫人“寄付金”「全く覚えていない」」(日テレNEWS24 2017/3/17)
----
 森友学園の籠池理事長が安倍首相から昭恵夫人を通じて寄付金を受け取ったと発言したことについて、昭恵夫人が「全く覚えていない」と話していることがわかった。
 政府関係者によると、昭恵夫人は「寄付金を渡したなら覚えているはずだ。全く覚えていない」と話しているという。また、随行した政府職員も「寄付を渡すという状況にはなかった」と説明しているという。<後略>
----

●竹下氏が言った”首相が侮辱されて引き下がることはできない”という理由で、23日に証人喚問が開催されることになったのは、野党にとっては棚から牡丹餅だっただろう。しかし、どうも籠池氏の証言の信頼性がいまいちなのが非常に気になる。23日までに、発言の根拠となる裏付けをしっかりと準備して望めれば良いが・・・

昨日のエントリーで取り上げた、”昭恵氏は「私人」を閣議決定”については非常に違和感を感じていたのだが、どうやら昭恵夫人が”個人”で寄付していたのは間違いなくかなりグレーで(注1)、これを”私人”だからと言い逃れる為に、どうしても必要な措置だったのだと感じる。

●籠池理事長から安倍首相の名前が出たことは、来週火曜日の内閣支持率に確実に影響すると感じる。おそらく45%~49%の間になるのではないかと思う。ただ、寄付金疑惑だけでは安倍首相を追い詰めきれない気がする。それでも国民の印象は悪いはずで、これが今後のゆくえを予測するにあたり非常に重要だと感じる。

●安倍首相と自民党が”証人喚問”実施を決断した背景には、寄付金を含め法的には何も問題ないと押し切れる自信があってのことだろう。しかし以下のような内容のはがきを送っていたことも、籠池菅野砲により暴露されている。安倍首相のこれまでの国会答弁との整合性が厳しく問われて行くことになるだろう。まさに”アベンドスキャンダル”といった様相になってきた。


(3)「米国務長官来日 ティラーソン氏初の記者会見 北核開発阻止に「新アプローチ必要」」(iZa(産経新聞) 2017/3/16)
----
 レックス・ティラーソン米国務長官(64)は16日、岸田文雄外相との共同記者会見に臨み、2月1日の就任後、初めてメディアを通じて肉声を伝えた。<中略>
 ティラーソン氏は記者会見で、核開発の凍結と引き換えに北朝鮮に軽水炉や重油を提供する1994年のビル・クリントン政権による米朝枠組み合意以来の外交努力は失敗だったと断言。「新しいアプローチが必要だ」と述べた。
 トランプ政権は北朝鮮の核・ミサイル施設への先制攻撃や韓国への戦術核再配備など「あらゆる選択肢」を検討中のため、ティラーソン氏は先制攻撃やテロ支援国家再指定に関する質問は無視した。だが、「失敗」の一言で、北朝鮮の度重なる挑発を見過ごした前政権の「戦略的忍耐」を終わらせると明確にした。<後略>
----

●岸田外相は、”新しいアプローチ”について話した内容は公開できないと言っている(これは当たり前だ)が、”北朝鮮の核・ミサイル施設への先制攻撃”についても話題になったことは間違いない。

●3/15(水)のワイドスクランブル第一部やクローズアップ現代+で、公然と”軍事行動/先制攻撃”が話題に上るようになってきたことが、事の重大さと緊迫して来ている今の状況を物語っている。


(4)「シムズ理論、現実的な政策論として有意義ではない=黒田日銀総裁」(REUTERS 2017/3/9)
※記事が短いため全文を転記させて頂きました。REUTERSの記者の方にはお詫びいたします。
----

[東京 9日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は9日の参院財政金融委員会で、米プリンストン大のクリストファー・シムズ教授らが提唱し、財政政策が物価の決定を主導するとした「物価水準の財政理論」について、実証研究が十分に行われておらず「現実的な政策論として有意義とは考えていない」との見解を示した。大塚耕平委員(民進)の質問に答えた。
また総裁は、来年4月の任期満了を控えて再任の意思を問われたが、「国会の同意を経て内閣が任命するものであり、個人的に申し上げることは適切ではない」と述べるにとどめた。
----

●理論を過信して始めた”異次元金融緩和”で、経済というものは”生き物”で思うようにならないことを、痛い程思い知った黒田日銀総裁が、そうやすやすとシムズ理論(異次元財政出動)に乗ることはできないだろう。

●アベノミクスを理論的に後押ししたにも関わらず、今頃になって失敗だったと言っている、浜田宏一内閣官房参与の無責任な態度には、さすがの黒田総裁もはらわたが煮えくり返っていることだろう・・・。だから、そんな浜田氏が「目からウロコが落ちた」といっても、黒田総裁が聞く耳を持つはずがない。



ニューストピックス
トラックバックURL: http://abmt.blog.fc2.com/tb.php/367-93eaf02a