Welcome to my blog

51%の真実

Article page


南スーダンPKO陸自5人一時拘束&山城博治議長保釈&籠池氏証言誤報で赤旗が記事取消し

(1)「南スーダンPKO 陸自5人を一時拘束 政府軍「誤解」」(毎日新聞 2017/3/18)
※重要な情報な為、全文を掲載させて頂きました。毎日新聞の町田記者にはお詫びいたします。
----
 防衛省は18日、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されている陸上自衛隊部隊の隊員5人が首都ジュバで南スーダン政府軍兵士に一時拘束されたと発表した。隊員は約1時間後に解放され、けがはなかった。政府軍兵士が武器取り締まりのため尋問し、連行したが、南スーダン政府は「誤解だった」と謝罪した。
 日本政府は陸自部隊約350人を5月末をめどに撤収することを表明している。今回のように政府軍に陸自隊員が連行されるのは部隊派遣が始まった2012年1月以降、初めて。
 同省によると、現地時間の18日午前10時(日本時間午後4時)ごろ、ジュバにある陸自宿営地から南に約1.5キロの道路沿いの商店で、日の丸が付いた迷彩服姿の隊員5人が衣料品を調達していると、政府軍兵士2人から「武器取り締まりをしている」と尋問を受けた。隊員は護身用の銃器を持っていた。
 その後、隊員は宿営地から北に約2.5キロの道路沿いの取り締まった武器の集積場になっている広場に連行された。連絡を受けた日本大使館が政府軍と協議し、約1時間後の同11時ごろに解放された。南スーダン政府や政府軍は「国連派遣部隊が武器取り締まりの対象に入っていないことを兵士が認識していなかった」と謝罪した。
 政府軍は昨年7月に反政府勢力と大規模な衝突を起こしており、「統制が乱れている」との指摘もあった。【町田徳丈】
----

●日報隠蔽問題のこともあり、今回はできるだけ早く公表しようということに成ったのだろうか? それならば日報問題のおかげだし、良いタイミングで良い方向に転がったと思う。

●PKO派遣されている陸自隊員については、何としてでも5月末まで無事に活動し、帰国できることを祈っている。


(2)「沖縄の基地反対リーダーの保釈、那覇地裁が認める 検察は不服申し立てへ」(沖縄タイムス+ 2017/3/17)
※記事が短い為、全文を転記させて頂きました。沖縄タイムスの記者の方にはお詫びいたします。
----
 米軍基地建設への反対運動中に逮捕・起訴され、威力業務妨害や公務執行妨害罪などに問われた沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)について、那覇地裁は17日夜、公務執行妨害と傷害両罪に関する弁護側の保釈請求を認めた。威力業務妨害罪に関しては、既に認められていた。
 弁護側によると、那覇地検は決定を不服として、福岡高裁那覇支部に抗告(不服申し立て)する予定で、実際に山城議長がいつ保釈されるか確定していない。
----

●国連が動いたり、地元メディアが大きく報じたことで、那覇地裁はもうこれ以上は権力側の意向を汲むことは難しいと判断したのだろうか? そして、那覇地検は抗告(不服申し立て)する予定だとは・・・

●どちらも、とても法治国家の法曹界に携わる者が取る行動とは思えない・・・


(3)「【森友学園】籠池氏証言「昨年10月稲田氏と会った」は誤報 赤旗が記事取消し」(YAHOO! JAPANニュース 楊井人文 | 日本報道検証機構代表・弁護士 2017/3/18)
----
 森友学園問題をめぐり、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」は、3月16日付1面に「籠池氏 ”昨年10月、稲田氏と会った” 本紙に証言 "感謝状"贈呈式で」と見出しをつけた記事を掲載し、籠池泰典氏=理事長退任を表明=と妻、詢子氏が同紙の取材で、昨年10月22日の防衛大臣感謝状の贈呈式で稲田朋美防衛相と会ったと証言したことを報じた。しかし、その後の取材で籠池氏が感謝状贈呈式に参加していなかったことがわかったとして、18日付同紙に「記事を取り消します」との訂正記事を掲載し、おわびした。赤旗は、籠池氏側が証言したこと自体は事実との認識を示しており、その通りであれば籠池氏側が事実と異なる証言をしていたことになる。 <後略>
----

●籠池氏の証人喚問には、やはり一抹の不安がよぎってしまう。

●なんとか、安倍首相が息を吹き返すような事態にだけはならないことを、ただ祈るしかない・・・



スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

南スーダンPKO 陸自隊員一時拘束 山城博治議長保釈 籠池証言誤報 しんぶん赤旗 記事取消し

0 Comments

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  南ス、陸自5人を拘束&宿営地、駆けつけ警護の危険性+沖縄・平和センター議長が保釈
  • 頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!            ・・・足場を固めて、着実に前進を! よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m    【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】 【テニスのBNPパリバOP・・・錦織圭は、新しいランキングで4位に浮上したものの...
  • 2017.03.24 (Fri) 09:55 | 日本がアブナイ!