Welcome to my blog

51%の真実

Article page


フリンがトランプ打倒?&オバマ盗聴疑惑の顛末?&支持率37%で末期症状?&弾劾or解任?

(1)「CNN Political Analyst Juliette Kayyem Says, Per Sources, Michael Flynn May Have Flipped On Trump」(THE INTELLECTUALIST 2017/3/25)
----
【概要】 マイケル・フリンはトランプ政権を倒したかもしれない
----

----
【概要】 ホワイトハウスの当局者たちは、召喚を予測して携帯電話を廃棄していると伝えられている
----

●泥舟から逃げ出すネズミを見るようだなぁ・・・


(2)「米情報当局がトランプ氏通信を偶然傍受か、下院情報委員長」(AFP BB NEWS 2017/3/23)
----
【3月23日 AFP】米下院情報特別委員会(Permanent Select Committee on Intelligence)のデビン・ニューネス(Devin Nunes)委員長(共和党)は22日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の通信が昨年末、外国政府の工作員と疑われる人物らの監視活動を行っていた米情報当局に偶然傍受されていた可能性があると述べた。
 ただしニューネス氏は、トランプ氏が主張(注1)するように当時大統領だったバラク・オバマ(Barack Obama)氏が監視を命じた証拠や、トランプ氏が監視対象となっていたことを示す証拠はないと指摘。裁判所の令状を得て外国情報機関の工作員と疑われる人物らの監視を行う中で、たまたまトランプ氏の通信が傍受されたとの見方を示した。
 傍受された通信はロシアに関係した内容ではなく、「機密情報としてほとんど、または全く価値のないもの」だったとみられるという。<後略>
----
(注1)

----
【概要】 オバマ大統領は、非常に神聖な選挙プロセスの間に、私の携帯電話を盗聴した。 これはニクソン大統領のウォーターゲート事件と同じだ。 悪い奴だ・・・
----

(3)「「うそを垂れ流し」トランプ氏をWSJが痛烈批判」(毎日新聞 2017/3/23)
----
 【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領が、北朝鮮のミサイルがハワイから100マイル(約160キロ)以内に着弾したと発表した時、多くの国民や他国は信じるだろうか--。米保守紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は22日付朝刊の社説で、トランプ氏が「誇張や証拠のない非難、信じがたい否定、うそを垂れ流しているとみられている」と主張。言動が自身の信頼性の低下を招いているとして、厳しい文言で警鐘を鳴らした。 <後略>
----

●トランプ大統領は自業自得だ・・・。安倍首相と同時期に危機に陥ったところが興味深い。


(4)「トランプ大統領、オバマケア代替法案を撤回 政権に大打撃」(AFP BB NEWS 2017/3/25)
----
【3月25日 AFP】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は24日、ポール・ライアン(Paul Ryan)下院議長に対し、与党・共和党が作成した医療保険制度改革(通称オバマケア、Obamacare)代替法案の採決直前での撤回を要請した。大統領にとって手痛い政治的敗北となった。<後略>
----

(5)「トランプ大統領、支持率37%に下落」(CNN 2017/3/21)
----
 米国のトランプ大統領の支持率が37%と1月下旬の就任以来、最低の水準に下落したことがわかった。調査会社ギャラップが明らかにした<後略>
----

●トランプ政権は既に末期状態だなぁ・・・


(6)「病名は「偏執病のナルシスト」? 米国で広がるトランプ大統領弾劾の動き」(dot. (週刊朝日) 2017/3/22)
----
<前略>
 結局、トランプ氏が大統領として適格かどうかは、最終的に国民が判断することだ。世論の圧力が高まれば、副大統領や閣僚、議会が行動を起こすことになるだろう。議会ではすでに動きが出ている。民主党のアール・ブルーメナウアー下院議員は2月半ば、「職務不能を理由に大統領を解任し、副大統領を代理に据える手続き」を定めた憲法修正第25条の適用に備える会を立ち上げた。この条項には「副大統領と閣僚の過半数が“大統領は職務上の権限と義務を遂行できない”と判断した場合、副大統領が代行する」と明記されている。同議員は「トランプ氏は就任式の参加者数を誇張し、得票数で負けたのは不正が行われたからだなどと根拠のない主張を繰り返している。妄想症で偏執病の大統領には本条項が必要になると思います」と述べた。
 他に「トランプ解任」の方法として、可能性が高いのは弾劾だ。憲法第2条は「反逆罪、収賄罪、重罪または軽罪で弾劾訴追を受け、有罪となった大統領は罷免される」と規定している。
<後略>
----

●いよいよ、大統領の解任か弾劾の日が現実味を帯びてきたと感じる。安倍首相ともども辞任に追い込み、極端に偏った世界の流れを少しでも早く正常な方向に戻さなければならない。



スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

マイケル・フリン 盗聴疑惑 通信傍受 オバマケア代替法案 大統領支持率 解任 弾劾

0 Comments

Post a comment