51%の真実

ARTICLE PAGE

伊方原発3号機、運転差し止め認めず&もんじゅ後の高速炉、戦略ロードマップ作成へ

(1)「伊方原発3号機 運転差し止めを認めず 広島地裁」(毎日新聞 2017/3/30)
----
 広島、愛媛両県の住民4人が四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求めた仮処分の申し立てで、広島地裁(吉岡茂之裁判長)は30日、住民側の訴えを退けた。<中略>
 広島地裁での主な争点は、耐震設計で想定した揺れの大きさ(基準地震動)や津波の高さの妥当性だった。四電側は、近くの中央構造線断層帯などが約480キロの距離にわたって連動した場合を想定し、基準地震動を650ガル(ガルは加速度の単位)とし、一部は1000ガルに耐えられると主張した。
 住民側は国内最大級の断層帯を過小評価しているとし、「新規制基準の審査を通ったからといって安全性が保証されたとは到底言えない」と訴えていた。 <後略>
----

●大阪高裁の関電高浜3、4号機の再稼働容認に続いて、広島地裁が伊方原発3号機の運転差し止めを却下してしまった。伊方原発3号機は大分、松山、山口でも争われているが、同様の判決が出る可能性が高い。

●福一で想定を超えた自然の脅威を目の当たりにしたはずなのに、自分達の生きてる間に同じような悲劇が起こる可能性は低いからと言って、万が一の時の被害が致命的であることを無視していいのだろうか?


(2)「「もんじゅ」後の高速炉 戦略ロードマップ作成へ」(テレ朝news 2017/3/30)
※全文を転記させて戴きました。テレ朝の関係者のみなさんには大変申し訳ありません。
----
政府は、廃炉の決まった高速増殖炉「もんじゅ」に代わる高速炉を開発するための作業部会を設置し、初会合を行いました。
 会合は、経済産業省や文部科学省、さらに、もんじゅの主要機器を作った三菱重工業などから担当者が集まり、開かれました。部会では、新しい高速炉の型やコスト面の問題、そして今後、高速炉を動かしていくうえで必要な技術などを議論することを確認しました。政府は2018年度中に、向こう10年程度の開発計画となる「戦略ロードマップ」を作る方針です。高速炉開発を巡っては、もんじゅにこれまで1兆円を超える税金が投入されましたが、ナトリウム漏れなどトラブルが相次いで去年、政府はもんじゅの廃炉を決定しました。
----

●せっかくもんじゅの廃炉を決めたのに、新しい高速炉を作ったら元の木阿弥どころか焼け太りだ。

●他のプラントの事故とは異なり、万が一にも放射能がまき散らされたら、人間の手では元に戻すことは不可能だということをもう一度肝に銘じるべきだと思う。



スポンサーサイト
Category: ニューストピックス
Published on: Mon,  03 2017 06:00
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

伊方原発3号機 関電高浜3、4号機 もんじゅ後の高速炉 戦略ロードマップ

4 Comments

山田  

伊方原発は4県が絡むが高裁は高松管轄。四国の人口は横浜市とほぼ同じ

四国最西端の佐田岬がある愛媛県伊方町。佐田岬からわずか15kmでもう大分市であり、四国と九州が最も接近する位置にあります。

広島県と山口県は広島高裁
(福山市・神石高原町・尾道市・府中市・三原市・世羅町は広島高裁岡山支部)、
愛媛県は高松高裁、
大分県は福岡高裁
(佐伯市は福岡高裁宮崎支部)
が管轄ですが、
伊方原発問題の高裁判決は四電が保有することから高松高裁になります。

四国電力の略称の四電は「しでん」ではなく「よんでん」なのを書き記す。

四国の人口は380万人、これは横浜市(373万人)とほぼ同じです。

香川県の小豆島・直島・豊島(てしま)、
愛媛県今治市の伯方島・旧関前町
は中国電力管轄なため、
四電エリア人口は横浜市を下回ります。

2017/04/03 (Mon) 19:33 | EDIT | REPLY |   

古寺多見(kojitaken)  

生口島は広島県だよ

横から失礼します。

>愛媛県今治市の伯方島・生口島・旧関前町

生口島は広島県(尾道市)ですよ。

自転車でしまなみ海道を走ると、愛媛県の島々は道が快適なのに、広島県に属する生口島に入ると突然道が悪くなったのであれっと思いました。

その時、しまなみ街道は愛媛県はそれなりに力を入れているけれども、広島県にとってはどうでも良いのかもしれないなと思ったものでした。今では東京都民である私が香川県民だった2004年のことです。

2017/04/04 (Tue) 00:14 | EDIT | REPLY |   

B4  

Re: 生口島は広島県だよ

古寺多見(kojitaken)様

私宛では無いので私が返信するのもなんですが、コメントありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

2017/04/04 (Tue) 06:00 | REPLY |   

山田  

古寺さん

ご指摘ありがとうございます。修正しました

2017/04/04 (Tue) 12:12 | EDIT | REPLY |   

Post a comment