51%の真実

毎日のニュースや出来事から感じたままに言葉を綴ります

「朝鮮人虐殺」含む報告書、内閣府HPから削除&安倍政権「海外メディア」にも圧力&そもそも・・・ 

(1)「「朝鮮人虐殺」含む災害教訓報告書、内閣府HPから削除」(朝日新聞 2017/4/19)
----
 江戸時代以降の災害の教訓を将来に伝えるため、政府の中央防災会議の専門調査会がまとめた報告書を、内閣府がホームページから削除していることがわかった。一部に関東大震災時の「朝鮮人虐殺」についての記述が含まれており、担当者は「内容的に批判の声が多く、掲載から7年も経つので載せない決定をした」と説明している。<中略>
内閣府によると、この内容について「なぜこんな内容が載っているんだ」との苦情が多く、4月以降のホームページの改修に合わせ、安政の大地震や雲仙普賢岳噴火などを含め、すべての報告書の掲載を取りやめることにしたという。<後略>
----

●過去の大規模災害時にどのような行為があったのか、非道な行為も含めて知っておくことは、未来に同じような災害が起こった時にやるべきこととやってはいけないことを想像しシミュレーションできるので、非常に有意義なものだと思う。

●それを苦情があったからと言って取り下げるのは、あまりにも情けない。最近の世の中に蔓延っている、非常に悪い風潮だと思う。

追記 2017/4/21

(5)「内閣府、朝日記事を否定 ホームページの「朝鮮人虐殺」削除報道、抗議も検討」(産経新聞 2017/4/20)
----
 内閣府は19日、朝日新聞が同日付朝刊で、関東大震災時の「朝鮮人虐殺」に関する内容を含む過去の災害教訓をまとめた報告書が、苦情によってホームページ(HP)から削除されたと報じたことに対し、「削除したことはない」と反論した。記事中、担当者の発言として報じられたコメントも否定した。内閣府は、報告書が閲覧できないのはHP刷新に伴うシステム上の問題だと朝日記者に説明したと話しており、抗議することも検討している。<後略>
----

●内閣府が言ってる内容と朝日新聞が書いている内閣府の担当者の言い分は全く異なっている。一体どちらが正しいのだろうか? まあ、内閣府がシステム上の問題だと言って抗議を考えていると言うなら、これを覆すには録音などの証拠が無いとなかなか難しそうだなぁ・・・


(2)「安倍政権「海外メディア」にも圧力 ドイツ紙記者が怒りの暴露」(日刊ゲンダイ 2017/4/14)
----
 もはや、常軌を逸している。安倍政権による“圧力”が海外メディアにまで及んでいることがわかった。外国人ジャーナリストは安倍政権のやり方にカンカンになっている。<中略>
 ガーミス氏が暴露したのは、外国人特派員協会が発行する機関紙「ナンバー1新聞」4月号。<中略>
「ナンバー1新聞」の記事によると、安倍政権になってから、海外メディアとの関係は悪化。エネルギー政策やアベノミクスの危険性について取材しようとしても、政権サイドはまともに対応しようとせず、日々、対立は深刻化しているという。
 批判記事を書こうものなら、外務省を使って、本国の本社に直接“圧力”をかけるという行動にも出ている。
 ガーミス氏が安倍政権の歴史修正主義について、批判的な記事を書いた時のことだ。在フランクフルトの日本総領事が、ドイツにある編集部に乗り込んできて猛抗議したという。
 対応した編集者に向かって「(あの男は)金が絡んでいると疑わざるを得ない」と信じられない暴言を吐いた上、安倍批判の記事を書くのは中国へのビザ申請を承認してもらうためではないか、と妄想としか思われない見解を示したという。<中略>
世界各地で同じような話が出てくるのではないか。国際的に大問題になりますよ。これを報じない日本のメディアも終わっています<後略>
----

●4/19エントリーの「慰安婦「連行」文書提出 公文書館、内閣官房に」や4/18エントリーの「「森友報道」の過熱に怒りの安倍官邸――放送局が恐れる「報復」を画策」でも似たようなコメントを書いたが、安倍政権の傍若無人さは目に余る・・・。日本国民はこれでも安倍政権を支持し続けるのだろうか?

●在フランクフルトの日本総領事の発言は、極右の人たちの発想と似ているなぁ・・・、(偏見か???)


(3)「首相答弁の「そもそも」、意味はそもそも? 国会で論戦」(朝日新聞 2017/4/19)
----
 安倍晋三首相が国会答弁で使った「そもそも」にはそもそも、どんな意味があるのか。犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案を審議する19日の衆院法務委員会で、首相答弁の定義が議論になった。
 議論になったのは、過去3回廃案になった共謀罪法案より適用対象を厳しくしたと訴える首相が、「今回は『そもそも』犯罪を犯すことを目的としている集団でなければならない。これが(過去の法案と)全然違う」と述べた1月26日の衆院予算委での答弁。民進党の山尾志桜里氏が「『そもそも』発言を前提とすれば、オウム真理教はそもそもは宗教法人だから(処罰の)対象外か」と尋ねた。<後略>
----

(4)「民進・山尾志桜里氏、安倍晋三首相に「器が小さいんだよ!」~「ぱらぱら」「そもそも」論争の末に…」(産経ニュース 2017/4/19)
----
 共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案は19日午前、衆院法務委員会で安倍晋三首相や関係閣僚が出席して質疑が行われ、実質審議入りした。野党のトップバッターに立ったのは、論客としてならす民進党の山尾志桜里前政調会長。首相の発言の変遷を取り上げて追及を重ねたが、その結末は-。<中略>
 山尾氏「器が小さいんだよ!」
.----

●山尾氏は「そもそも」どうしてこんな些末なことを質問しているのだろう? 時間がもったいない!!!

●朝日と産経の取り上げ方の違いを比較するために両方を載せたのだが、産経の最後に記載されている「器が小さいんだよ!」という言葉を、本当に山尾氏は口にしたのだろうか? ちょっと時間がなくてエビデンスを探して見る余裕が無いのだが、おそらく間違いないと思うのでコメントしておきたい。「山尾氏の政治家としての器や底が知れるし、最近の失言した自民党議員と同じように見られるので、慎んだ方がいいと思う。(呆」

●全体を通して、「器が小さいんだよ!」発言がどのくらいの意味を持つか(もしくは意味を持つと考えるか)によって、取り上げるべきか否かの判断は、新聞社それぞれで判断して良いと思うが、もし紙面(文字数)に余裕があれば、朝日もできるだけ取り上げて少しは批判した方が良い発言ではないだろうか?



追記 2017/4/22
「朝鮮人虐殺」記載の報告書 朝日新聞の削除報道に内閣府「言った言わないで抗議はしない」」(BuzzFeedNEWS 2017/4/20)


スポンサーサイト

朝鮮人虐殺 災害教訓報告書 内閣府HP 安倍政権 ドイツメディア圧力 日本総領事 そもそも 山尾志桜里

Comment

Add your comment