51%の真実

毎日のニュースや出来事から感じたままに言葉を綴ります

民進党が社民党になる日&首相の改憲発言は自民党総裁としての個人的提案? 

(1)「民進党が社民党になる日が目前に迫っている!? 東京都議会まさかの“議席ゼロ”も」(産経新聞 2017/5/6 ※4月19日にアップされた記事を再掲載)
----
 国政選挙の行方を占う「先行指標」とされる東京都議選(7月2日投開票)が迫る中、民進党は「議席ゼロ」の危機に直面している。ここで思い出すのが、かつて革新系の美濃部亮吉都知事時代(昭和42~54年)にわが世の春を謳歌した社会党。その後、社民党へと党名を変更したが、平成13年の都議選ですべての議席を失っている。下り坂を転げ落ちる両党の共通項は少なくない。歴史は繰り返すのか-。<中略>
 今度の都議選情勢について「民進党獲得議席は1ケタ台」との見方が強いが、「このままでは都議会から議席がなくなってもおかしくない」(民進党関係者)との声さえ漏れる。そこまでの惨敗でなかったとしても、12議席を割り込めば、初陣の9年都議選以来、獲得議席は過去最低となる。「党の顔」として期待された蓮舫氏の求心力は地に落ち、「蓮舫降ろし」の風が一気に吹き荒れるだろう。<中略>
 ある自民党関係者は「最近の民進党は『左巻き』が効きすぎて、ますます社民党に似てきてる」と指摘する。<中略>
党分裂、党名変更、女性党首…。おどろくほど共通点が多い。
 加えて民進、社民両党は「党首落選」という汚点さえもそっくりなのだ。昨年の参院選で社民党の吉田忠智党首が落選。民主党も26年衆院選で海江田万里代表(当時)が比例復活もできず、議席を失っている。
 別の民進党関係者は、現在の民進、社民両党を含めた野党共闘を引き合いに「実態は安全保障関連法制の廃止を掲げている時点で社民党化している」と揶揄し、こう続けた。
 「民進党内には共産党を『シロアリ』に例える議員がいたが、実は民進党自体がシロアリ化している。すでに心身ともに、むしばまれている」<後略>
----

●産経新聞が指摘しているように、7月の都議選をきっかけに民進党が社民党と同じような運命をたどる可能性は、非常に高くなっていると感じる。

●最近の民進党は『左巻き』が効きすぎているかというと、そんなことは全く無いと思う。しかし、その考えを実現する具体的・現実的な提案ができていないこと、更にはその為に徹底的に考えるという努力が出来ていないのではないかということが致命的な問題だと思う。

●安倍政権打倒と憲法改悪阻止の為に、民進党の分裂を阻止する方が良いのか、早めに分裂して新しいリベラル政党ができたほうが良いのか非常に悩ましい。ただ、分裂しても国民の期待に応えられるようなリベラル政党が誕生する可能性はかなり低い気がする・・・

●今の民進党の内紛をうまく押さえ込めない状況や、岡田氏以下が問題解決に全く動こうとしない姿勢を見ていると、リベラル政党の実現には、リベラルな人たちの資質に致命的な構造的欠陥があるのではないかと感じる・・・
 例えば、
 1.リベラル勢は、政治を行う上で最も重要な人間の泥臭い部分(異なる意見の調整など)を嫌う気質(傾向)がある。
 2.リベラル勢には、優秀なブレインがいない。もしくはそのような人脈を築くことが苦手である。
 3.リベラル勢には、橋下氏や小池氏のようなカリスマを持ったリーダーになりうる人材がいない。 など


(2)「首相の改憲発言「憲法審査会に一石」 萩生田官房副長官」(朝日新聞 2017/5/7)
※全文を転記させて頂きました。大変申し訳ありません。
----
■萩生田光一官房副長官
 (安倍晋三首相が新憲法の2020年施行に言及したことについて)憲法が70年という節目を迎え、これだけ環境が整って国民の声もある中で、(衆参各院の)憲法審査会がなかなか動かない中で、一石を投じたというのが正直なところだと思う。自民党の党内議論も加速してくれというメッセージだと私は受け止めています。
 自衛隊が違憲だという状況のまま何かあれば汗をかいてくれというのは、あまりにも理不尽だと総理はお思いなんだと思います。ですから、自衛隊の明文(化)を自分の任期中にやりたいと。一つの提案として9条に3項の追加という提案をしましたけど、あくまでも自民党総裁としての個人的提案であり、憲法審査会で様々な優先順位を決めてもらえばいいんじゃないかなと思います。(フジテレビの報道番組で)
----



●萩生田官房副長官の「自民党総裁としての個人的提案」発言は、自民党内のガス抜きのためと思われるが、それにしても国民を馬鹿にした発言だと思う。国民はもっと怒るべきだ。

●共産党の志位委員長のTweetは全くその通りであろう。

●民進党の小西議員のTweetはズレすぎていてお話にならないなぁ・・・。安倍首相のゴルフと徹夜作業への愚痴も情けなさすぎる。日ごろから安倍首相がどのような戦略を取ってくるかを想像し、対応策を考える努力をしていればそれほど慌てる事態では無いし、質問準備の為にGWがいくらか潰れたとしても徹夜作業までは必要ないのではないだろうか?



スポンサーサイト

都議選 萩生田光一 官房副長官 安倍首相 改憲発言

Comment

Add your comment