北朝鮮 ミサイル発射の映像を放送&米空母レーガン出港、16日に変更

(1)「北朝鮮「新型ミサイル発射に成功」 正恩氏が実験視察 「大型核弾頭の装着可能」」(日経新聞 2017/5/15)
----
 【ソウル=山田健一】朝鮮中央通信は15日朝、北朝鮮が新型の地対地中長距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験を14日に実施し、成功したと発表した。新型は「大型核弾頭の装着が可能」と主張。実験を視察した金正恩(キム・ジョンウン)委員長は、米国やその同盟国が「正しい選択をするまで、核兵器と攻撃手段をさらに多く製造し、必要な実験を進めよ」と指示を出した。挑発を続けて米国に譲歩を迫る姿勢を改めて示した。
 朝鮮中央通信によると、14日の発射実験は「新型弾道ミサイルの技術特性を確認するため」に実施した。ミサイルは「高度2111キロメートルまで上昇し、787キロメートル離れた公海上の目標水域に正確に到達した」(注1)としており、高度や飛距離は日本政府の分析とほぼ一致する。
 発射実験は「周辺諸国の安全を考慮して高い角度で発射した」と主張した。発射角度を高くしてミサイルの落下速度を上げ、迎撃を難しくする「ロフテッド軌道」で発射したとする日本政府の見方が裏付けられた。
 同通信は、新開発したミサイルエンジンの信頼性を再確認したほか、大気圏再突入時の弾頭部の誘導性能や核弾頭爆発システムの正確性も確認したとしている。<中略>
一方で、正恩氏によるミサイル開発継続の指示が「米国が正しい選択をするまで」と条件付きとなっていることから、米国との直接対話を望む北朝鮮の思惑をにじませた可能性もある。(注2)<後略>
----
(注1)「北朝鮮 ミサイル発射の映像を放送」(NHK NEWS WEB 2017/5/15)

●北朝鮮が公開した準ICBMミサイル発射の動画中の、金正恩委員長が見ている液晶モニターの画像((注1)の1:01辺りを参照)をよく見ると、着弾の位置も予定通りであったように思える。(画面右側に見えているミサイルの軌道は加工されている可能性もあるが。)

●今回のミサイル実験成功は、高度と距離の正確性そして耐熱性や様々なシステム信頼性などを鑑みると、実質的にICBMの技術を持っており、実験での確認をすれば完成する段階に来ていることを暗示している。


(2)「米国連大使「金正恩氏は被害妄想状態」 「現在の状況で北朝鮮との対話は不可能、圧迫を続ける」」(朝鮮日報 2017/5/15)
----
米国のニッキー・ヘイリー国連大使は14日(現地時間)、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関連し「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は被害妄想(パラノイア)状態にある」と述べた。
 ヘイリー大使は同日午前、米国ABC放送に出演し「北朝鮮のミサイル発射は、ドナルド・トランプ大統領と面会できる方法ではない」(注2)と批判した。<中略>
 ヘイリー大使はまた「北朝鮮のミサイルプログラムは(ミサイルの落下地点が)徐々にロシアに近づいている」と指摘し、ロシアも行動に出る必要があると強調した。中国に続きロシアにも、北朝鮮に対する圧迫に同調するよう要請したものとみられる。(注3)<後略>
----

(注2)「トランプ大統領 韓国の対話路線にくぎ刺す」(毎日新聞 2017/5/13)
----
 トランプ米大統領は12日に放映されたNBCテレビのインタビューで、韓国の文在寅大統領が北朝鮮との対話に意欲を示していることについて「対話するのは構わないが、適切な環境に基づかなければならない」とくぎを刺した。
 トランプ氏は「適切な環境」の内容について「1カ月か2カ月すれば、きちんとした答えを言う<後略>
----

●金正恩委員長はトランプ大統領と習近平国家主席の足元を見て、ギリギリの挑発で米国と中国の妥協を狙っていると考えられるが、あまりにも自分の能力を過信し過ぎているように感じる。トランプ大統領と習近平国家主席を甘く見ていると、足元をすくわれ手痛いしっぺ返しを食らうように感じてならない・・・

●そして金正恩委員長の要求とトランプ大統領の要求はやはり平行線のままで、対話による解決の可能性はかなり低いと感じる。(注2)にあるようにトランプ大統領はこのところ対話による解決に舵を切っていたと考えられるが、今回のミサイル実験を受けて以下の様に発言が微妙に変化している。

 5/15(月)のNHK NEWS WATCH 9より
 ----
 トランプ大統領 You'll soon find out, won't you. (すぐにわかるだろう)
 記者 Military action? (軍事行動をとると?)
 トランプ大統領 You'll soon find out, (すぐにわかる)
 ----


(3)「米空母レーガン出港、16日に変更=横須賀基地」(時事通信 2017/5/15)
※全文転記させて頂きました。大変申し訳ありません。
----
 米海軍第7艦隊の原子力空母「ロナルド・レーガン」は15日、横須賀基地(神奈川県横須賀市)から出港を予定していたが、16日に変更した。
 外務省から横須賀市に、出港予定が16日正午ごろに変更になると通報があった。
 ロナルド・レーガンは昨年11月に西太平洋の警戒監視任務から横須賀基地に戻り、約4カ月間にわたり定期点検を受けた。今月7日から12日まで、日本近海で試験航行を実施し、船体のシステムや乗組員の技量を確認していた。(2017/05/15-20:49)
----

●出予定を1日ずらしたのは、追加の軽微な修理が公式な理由とされているが、上記のトランプ大統領の発言の変化と密接に関係している可能性も捨てきれない。

 5/15(月)のスーパーJチャンネルより(17:11頃から)
 ----
 渡辺宜嗣MC ロナルドレーガンが未だ出港していない理由に関して、何か判ったことはあるか?
 安西陽太(政治部デスク) アメリカ軍の発表では「修理する箇所が見つかった。重要事案ではなく安全に影響は無い。」とのこと。
 渡辺MC ロナルドレーガンは、どこへ向かう予定だったのか?
 安西デスク 通常任務で東シナ海に展開予定だった。今回のミサイル実験を受け日本海への展開の可能性も出てきている。
 渡辺MC カールビンソンは、今どこで何をしているか?
 安西デスク 日本海にいると見られている。韓国の鬱陵島(ウルルンド)の近くにいるという情報もある。
 ----

●これからも北朝鮮有事の緊張感が長期間続く可能性が高いが、もしかすると早ければ2~3カ月で山場を迎える可能性も頭に入れておく必要があると感じる。トランプ大統領が攻撃に踏み切るには、犠牲やリスクが大きすぎると思うが念頭には置いておく必要がある。しかし中国を怒らせてしまったことから、北朝鮮内部でのクーデター(金正恩委員長の亡命や最悪は暗殺)の可能性の方が高いかもしれない?


p.s.

(注3)「北朝鮮ミサイル、受け入れられず=圧力強化は反対-ロ大統領」(時事通信 2017/5/15)
----
 【モスクワ時事】訪中したロシアのプーチン大統領は15日、北京で記者会見し、北朝鮮による弾道ミサイル発射について「対立をあおり、何も良いことはない」と述べ、受け入れられないとの認識を示した。
 プーチン氏は「核クラブの拡大に断固反対する」と語り、北朝鮮の核ミサイル開発を認めない立場を示した。一方で北朝鮮に圧力をかけることは軍拡競争につながると指摘。「北朝鮮との対話に戻る必要がある。北朝鮮を脅すことをやめ、平和的解決を探らなければならない」と語り、圧力を強める米国などをけん制した。<後略>
----

●プーチン大統領の発言は「ごもっとも」ではあるが、どうしても自分の都合が最優先と思えて、素直に聞くことはできないなぁ・・・



ニューストピックス
トラックバックURL: http://abmt.blog.fc2.com/tb.php/436-6630bbce