Welcome to my blog

51%の真実

Article page


【安倍止醜聞】 詩織さんの記者会見と山口敬之氏の主張&昭恵夫人の本性

(1)「「私はレイプされた」。著名ジャーナリストからの被害を、女性が実名で告白」(BuzzFeedNEWS 2017/5/29)
----
不起訴を受けて、検察審査会に不服を申し立てた詩織さん(28歳)が会見した。
テレビに多数出演する著名ジャーナリスト・山口敬之氏にレイプされたと主張する女性・詩織さん(28)が5月29日、山口氏が不起訴となったことを受け、検察審査会に不服申立をしたと発表した。<後略>
----

(2)「山口敬之氏「法に触れることは一切していない」…準強姦、女性の申し立て受けコメント」(ORICON NEWS 2017/5/29)
----
<前略>
山口氏は同日夜、自身のフェイスブックを更新し、「私は法に触れる事は一切していません」と改めて違法性がなかったことを主張した。
山口氏はフェイスブックで、「一昨年の6月以降当局の調査に誠心誠意対応しました。当該女性が今回会見で主張した論点も含め、1年4ヶ月にわたる証拠に基づいた精密な調査が行われ、結果として不起訴という結論が出ました。よって私は容疑者でも被疑者でもありません」とコメント。
そのうえで、「もちろん、不起訴処分の当事者は皆、検察審査会に不服申立する権利を有していますから、申立が行われたのであれば、私は今まで通り誠心誠意対応します」とした。
<後略>
----

●森友学園事件の頃から、私は安倍応援団の中で山口敬之氏が一番嫌いだった。これは何というか私の感性とか生理的に、山口氏の持つ「本質的な悪性」を感じて、何となく嫌悪していたからだ。今回の詩織さんの告白は、まさに私の感性と合致している。検察審査会の判断と検察の良心に期待したい。

●ちなみに田崎史郎氏も、あいかわらず強引な安倍政権庇護のコメントには辟易させられるのだが、山口氏と違って「本質的な悪性」までは感じていない。田崎氏の場合はコメントの無理筋な部分を突いて、安倍政権の矛盾や論理破綻を曝け出す為に逆に利用するくらいの気持ちで構えていれば良いと思っている。(追い詰められてアタフタするところが何とも面白い。)


(3)「昭恵さん、「山口敬之氏へのいいね!であんな責めなくても…」」(NEWSポストセブン 2017/5/29)
----
 5月15日に、東京・日比谷のプレスセンタービル10階のホールで開かれた『安倍晋太郎氏を偲び安倍晋三総理と語る会』でのこと。安倍晋三首相(62才)は妻・昭恵さん(54才)と母・洋子さん(88才)と共に出席していた。
 その場所で昭恵さんはこんな発言をしていた。
「いいね!しただけで、あんなに責めなくてもね(笑い)」
 昭恵さんの言う「いいね!」の発端は『週刊新潮』(5月10日発売号)の報道。安倍首相に近いとされる政治ジャーナリスト・山口敬之氏(51才)が知人女性を酩酊させてホテルに連れ込み、無理矢理性行為に及んだというものだ。
 山口氏は報道後、自身のフェイスブックで報道を否定したが、その投稿に「いいね!」を押したのが昭恵さんだった。「被害女性よりも山口氏の肩を持つのか!」と、ネット上は瞬く間に炎上した。
「日ごろから“女性のために”と言って講演を開き、女性の味方だと訴えてきた昭恵さんですが、それも真剣なわけじゃなくて、すべて雰囲気で言ってるだけだとバレてしまいましたね」(『偲ぶ会』出席者の1人)
 安倍首相は5月中旬に行われた報道各社の幹部が集まる別の会合でも、こんな軽口を叩いていたという。
「まぁ昭恵もね、悪名は無名に勝るっていうしね(笑い)」<後略>
----

●この記事が本当なら、安倍首相も昭恵夫人も何て人の心の痛みのわからない、人としての良識を持ち合わせていない人たちなんだろうと思う。

●昭恵夫人は、詩織さんの会見を見てもまだ山口氏を庇うのだろうか?



追記 2017/6/1

【レイプ告白】「あの夜、なにがあったのか」詩織さんと山口氏 それぞれに聞いた」(BuzzFeedNEWS 2017/6/1)


スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

アベンドスキャンダル 安倍止醜聞 詩織さん 山口敬之 準強姦罪 安倍晋三 安倍昭恵 田崎史郎

0 Comments

Post a comment