51%の真実

ARTICLE PAGE

【安倍止醜聞】 「あったものを、なかったことにする」安倍政権に正義の鉄槌を!

 加計学園事件(アベンドゲート)を筆頭とした、安倍政権の傲慢な政治運営と権力の私物化は目に余る。

 先週一週間に明らかになった、「あったものを、なかったことにする」総理周辺の“見過ごせない発言”について、文春オンラインに記事が掲載されていたのでリンクする。一読して頂ければ良く解ると思うが、私は頭に血が上り、一刻も早く安倍政権に正義の鉄槌を喰らわさなければならないと誓いを新たにした。

(1)「加計学園問題 「あったものを、なかったことにする」総理周辺の“見過ごせない発言”」(大山くまお 文春オンライン 2017/6/3)
※内容の概要がわかるように、各段落のタイトル抜粋と一部文章入れ替えを行っています。詳細はリンク先を一読ください。
----
「いいとか悪いとかではなく『一強』だからできる」
 名言、珍言、問題発言で1週間を振り返る。安倍晋三首相の「腹心の友」が理事長を務める学校法人「加計学園」に関する疑惑が続いている。

和泉洋人 首相補佐官
「総理が自分の口から言えないから、私が言うんだ」  『週刊文春』6月8日号

菅義偉 官房長官
「彼は異常だよ。とんでもない輩だ」  『週刊新潮』6月8日号

木曽功 元内閣官房参与、加計学園理事
「『一強』だからだ。いいとか悪いとかではなく『一強』だからできる」  朝日新聞 6月1日

詩織さん
「はっきり言えることは、私はその時、私の意思とは無関係に、そして私の意思に反して性行為を行われていたということです。」
BuzzFeed JAPAN 5月29日
----

 最後の詩織さんの記事に関しては、加計学園事件とは関係なく、「逮捕状を揉み消した疑惑」は限りなく黒に近いように感じるが、まだ真偽は確定していない案件だ。

 しかし以下の記事を合わせて読むと、詩織さんが訴えている「「私の知り得ない立場からの力を感じる。法律や捜査機関は被害者を守ってくれない」という言葉が、より真実味を帯びてくる。

 安倍応援団は以下の記事について、「フェイクだ」とか「印象操作だ」とか「証拠を示せ」とか言って、まったく取り合おうとしないと思うが・・・

(2)「「官邸の代理人」黒川法務事務次官」(FACTA ONLINE)
「こいつがいる限り、安倍政権は安泰だ」と酷評される男が、論功行賞で位人臣を極める。 2017年6月号 DEEP
----
東京地検特捜部は何をしているのだろう。政界に切り込む捜査はもう忘れてしまったのだろうか。民主党政権時代にその土台を揺るがす摘発を続けたのとは対照的に、約4年半の第2次安倍政権下では、閣僚の事件が次々潰れている。検察関係者はある男を「安倍政権の代理人」と呼び「諸悪の根源。こいつがいる限り、安倍政権は安泰だ」と吐き捨てるように言う。
その男は黒川弘務。<中略>
黒川がとりわけ通じていたのは、第2次安倍政権で官房長官となる菅義偉という。<中略>
検察関係者は「官房長時代に『焼け太り』の成果を法案にして、野党の反対をぶっちぎる形で成立させた。<中略>
代わりに、検察が失ったものは大きかった。
まず第2次安倍政権下で発覚した経済産業相(辞任)小渕優子の政治資金問題では、東京地検特捜部が資金管理団体「未来産業研究会」などの政治資金収支報告書で、総額3億円を超える虚偽記載・不記載を突き止めたが、政治資金規正法違反の罪で立件したのは、元秘書と元会計責任者にとどまった。<中略>
小渕事件よりさらにひどい経過をたどったのが、経済再生担当相(辞任)甘利明の事件。
検察関係者によれば、千葉県の建設会社「薩摩興業」の元総務担当が都市再生機構(UR)との補償交渉を有利に進めるため、甘利側に口利きを依頼。その謝礼として、13年に甘利の秘書(辞職)が500万円、甘利本人が100万円を受け取った。<中略>
あっせん利得処罰法違反などは明白だったが、黒川が官邸から立件見送りを頼まれたのではないか。経済再生担当相に所管外のURへの影響力はないという論理を地検に押し付け、誰一人罪に問わず、事件を潰した。逆に森友学園問題では、籠池泰典前理事長を早く捕まえるように言っているらしい。安倍政権の代理人に成り下がった」と検察関係者。<中略>
安倍政権下で集団的自衛権行使容認に向けた内閣法制局長官の更迭、お気に入りの日銀総裁やNHK会長起用、厚生労働事務次官に予想外の村木厚子登用など官邸主導の人事が続く。
内閣人事局が新設され、中央省庁の事務次官、局長、部長、審議官計約600人の人事は首相や官房長官が決める。
「霞が関の役人は震え上がっている。森友学園問題で恥も外聞もなく安倍の防波堤となっている財務省理財局長が象徴的。誰もが安倍や菅に逆らえず、忖度を繰り返す。検察も例外ではない。戦後積み上げてきた検察への国民の信頼は失墜した」と記者は見ている。<後略>
----

 最後の青字部分「森友学園問題で恥も外聞もなく安倍の防波堤となっている」は、そのまま加計学園事件にも通じる。

 良心ある国民の力を結集し、今こそ安倍政権に正義の鉄槌を!!!



スポンサーサイト
Category: 政治
Published on: Sun,  04 2017 06:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

安倍止醜聞 アベンドスキャンダル 加計学園事件 東京地検特捜部 黒川弘務 菅官房長官の秘書官 中村格

0 Comments

Post a comment