Welcome to my blog

51%の真実

Article page


首相「確認に来れば良かった」コメント欄に変化&「出会い系バー報道」読売にネット大不評

(1)「首相「わたしに確認に来れば良かった」」(ホウドウキョク by YAHOO! JAPAN NEWS 2017/6/2)
----
文部科学省の前川前事務次官が、加計学園の獣医学部設置をめぐり、「『首相のご意向』と書かれた文書は存在した」などと証言したことに対し、安倍首相は、「わたしのところに確認に来ればよかった」などと反論した。<後略>
----

■コメント欄(新着順)■
首相「わたしに確認に来れば良かった」」(ホウドウキョク by YAHOO! JAPAN NEWS 2017/6/2)

●今回この記事を掲載するにあたり、見て頂きたかったのは、コメント欄の様子である。今までのYAHOO! JAPAN NEWSのコメント欄なら、安倍首相の発言を擁護するコメントで溢れかえっていただろうと思う。

●それだけ、国民の不信感と怒りが大きいことの表れだ。ここで諦めなければ、必ず内閣支持率の抵抗線(強固な岩盤)を打ち破れる時がくる場はずだ!


(2)「「出会い系バー報道」、読売新聞が批判に反論もネットやTVで大不評」(JCASTニュース 2017/6/4)
----
読売新聞が、前川喜平前文科次官の出会い系バー通いの報道に関して、「不公正な報道であるかのような批判が出ている」が、「こうした批判は全く当たらない」と、社会部長名で、2017年6月3日付朝刊で主張した。<中略>
読売新聞のこの主張に対して、ネットでは批判が相次いでいる。安倍政権が加計学園の獣医学部新設に関与した疑惑への追及をそらすため、読売新聞を通して前川氏のプライベートの行動を利用した、と見る向きが強い。<中略>
 報道すべきポイントは前川氏の行動ではなく、政府の公平性についてではないか<後略>
----

●「報道すべきポイントは前川氏の行動ではなく、政府の公平性についてではないか」、この意見に集約されると思う。

●内閣支持率が抵抗線より下がらないこと、通常国会の会期末が近いこと、東京都知事選が近づいていることなど、様々な逆風が吹いているが、マスメディアが一番最初に権力に屈し諦めることなどあってはならない!!!



スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

YAHOO!JAPANNEWSコメント欄 ニッポン放送(ラジオ) 安倍首相反論 読売新聞 出会い系バー報道 大不評

0 Comments

Post a comment