51%の真実

ARTICLE PAGE

【加計学園事件】 告発、実名で顔出せば「対応検討?」&変な閣議決定&加計学園が前提の新資料

(1)「「加計」メール 告発、実名で顔出せば「対応検討」 文科相が言及」(東京新聞 2017/6/6)
----
 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、文部科学省内で共有したとみられるメールの写しが新たに見つかった問題で、松野博一文科相は六日午前の会見で、職員が実名で告発するなど、出所が明らかにならない限り、調査をしない考えを示した。
 メールは民進党が入手し二日に写しを公表。また、NHKの取材に対し、現役の職員を名乗る男性が文書がメールで共有されたことなどを、匿名で顔を出さずに証言している。会見で、松野氏は「報道があったことは承知しているが、実際にそれが文部科学省の職員から発言があったかどうかについて確認することができないので、それを前提にした質問に答えることは差し控えたい」とした。記者が、「(職員が)実名で顔も出して告発すれば検討するのか」とただすと、「こういったところから出て、ということが明らかになれば、調査に関して対応をしっかり検討する」と話した。<後略>
----

(2)「文科省対応「おかしい」 加計文書、共有証言の現役職員」(朝日新聞 2017/6/7)
----
 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)による獣医学部新設をめぐり、文部科学省が内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」などと言われたと記録された文書について、文科省の現役職員が朝日新聞の取材に対し、文書が省内の複数の部署で「共有されていた」と証言した。文科省は文書は確認できなかったと結論づけたが、これについて現役職員は「おかしいと思っている」と語った。<後略>
----

●現役職員の方がせっかく覚悟を決めて証言してくれたのに、「実名で顔出ししていないと信頼性が無い」から調査をしない。それでは、実名で顔も出して告発すれば検討するのかという問いには、その場合は「調査するかを検討する」と、逃げきれるようにあいまいな発言でお茶を濁す・・・

●もうなんというか、常識もへったくれもない屁理屈のオンパレードには、怒りを通り越して悲しくなってしまう・・・


(3)「文書再調査拒否・矛盾する答弁… 加計問題、深まる疑問」(朝日新聞 2017/6/6)
----
<前略>
 「文書の出所や入手経路が明らかにされていないわけで、改めて調査を行うことは考えておりません」。5日午前の衆院決算行政監視委員会。松野博一文科相は民進党の今井雅人氏にこう答弁した。
<中略>
 しかし、内部告発文書や報道機関が独自に入手して報じる文書は、そもそも告発者や取材源、入手経路を明らかにすることはできない。松野氏の理屈が通るのなら、内部告発や報道機関が報じる文書については、政府側は意図的に調査しないで済むことになってしまう。
<中略>
 情報公開を拒む文科省の姿勢は明らかだ。
<後略>
----

●まさに正論だ。数年前までの自民党はこのくらいの常識はきちんと踏まえていた。安倍政権が異常なのだ!


(4)「「官邸の最高レベル」会合、確認できず 政府が答弁書」(朝日新聞 2017/6/6)
----
 政府は6日、安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設で、文部科学省が内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」などと言われたとされる昨年9月26日の打ち合わせについて、「協議が行われた事実は確認できない」とする答弁書を閣議決定した。<後略>
----

●またまた変な答弁書が閣議決定されてしまったなぁ。限りなく黒に近いグレーでも100%完璧な証拠がなければ、例えフェイクでも言ったもの勝ちという認識なのだろう・・・

●全ては先の衆院選と参院選で、安倍政権(自公政権)に2/3を超える議席を与えてしまったことと、どんなに悪いことをしても直ぐに内閣支持率を回復させて来たこと、この国民の姿勢が元凶になっているのだ・・・


(5)「民進“新資料”獣医学部「加計学園が前提」 」(日テレNEWS24 2017/6/6)
----
 安倍首相の友人が理事長を務める加計学園の獣医学部開設を巡る問題で、民進党は、加計学園が国家戦略特区の事業者に認定される前から、文部科学省が加計学園を前提にしていたことを示す資料を入手したと主張した。<中略>
 民進党が6日の党の会合で公表したのは、去年11月9日の国家戦略特区諮問会議での文科省の想定問答とされる資料。この時点では、事業者の公募が始まっていないにもかかわらず、資料には、「今治市において獣医学部を設置する特定事業者はどのように選定されるのか」などと書かれていて、民進党は「今治市を前提としたものになっている」としている。<中略>
 文科省「もしそういう所が、というシミュレーションだと思います。したがって、ありきということではなかったかと思います」
 また文科省の担当者は、資料については「昔のことで、内容については承知していない」と述べるにとどまった。
----

●安倍政権に服従せざるを得ない文科省担当者にも、怒りを通り越して憐れみを感じる。

●安倍政権に対して、本当ははらわたが煮えくり返っているのだと思うが、それともここまで来ると快感を感じ始めているのだろうか?



スポンサーサイト
Category: ニューストピックス
Published on: Wed,  07 2017 06:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

加計学園事件 文科省現役職員 加計学園前提 新資料

0 Comments

Post a comment