Welcome to my blog

51%の真実

Article page


臨時国会応ぜず稲田氏罷免拒否&国税庁長官に佐川理財局長&望月記者&都議選

(1)「臨時国会、早期召集応ぜず=稲田氏罷免も拒否-安倍政権」(時事通信 2017/6/29)
----
 安倍晋三首相は29日、民進党など野党が求める臨時国会の早期召集に応じない方針を決めた。東京都議選(7月2日投開票)の応援で「自衛隊としてもお願いしたい」と発言した稲田朋美防衛相の罷免要求についても拒否した。8月上旬にも行われる内閣改造で続投させるかどうか判断する。
 野党の臨時国会召集要求は、衆参いずれかで総議員の4分の1以上の求めがあった場合の召集決定を政府に義務付けた憲法53条に基づくものだ。
 これに関し、菅義偉官房長官は29日の記者会見で「政府は召集義務を負うが、憲法上期日の規定はない」と語った。稲田氏についても菅氏は「今後とも誠実に職務に当たってほしい」と述べた。<後略>
----

●憲法に臨時国会召集期日の規定が無いのは、要求があったら可能な限り速やかに招集することが、一般常識で当たり前だという考えからだろう。

●稲田氏は自ら辞職すべきだし、そうしないなら安倍首相が罷免すべきだろう。安倍内閣や自民党(だけでは無く政界一般なのかもしれないが)の、一般常識からの感覚のズレが目立つ。


(2)「稲田防衛相失言 日本維新代表「罷免は必要ない」」(毎日新聞 2017/6/28)
※全文転記させて頂きました。大変申し訳ありません。
----
 稲田朋美防衛相の発言について、日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は28日、大阪市内で記者団に「行政のトップが公務員も選挙に関わっているような表現をするのは駄目だが、撤回して謝罪している。同じ間違いをしないようにすればよい」と述べ、罷免は必要ないとの認識を示した。民進党が罷免を求めていることには「自分たちの(民主党)政権の時、間違った発言をした人は罷免したのか。発言を捉えて政局や選挙に利用しようというのは違うのでは」と批判した。【念佛明奈】
----

(3)「維新・松井氏、稲田防衛相は「なぜ辞任しないか不思議」」(朝日新聞 2017/6/30)
----
 日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は30日、稲田朋美防衛相が東京都議選の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と発言した問題をめぐり、「なぜ辞任しないのか不思議。今回の発言は間違いでしたで済む話ではない」と、自ら辞任すべきだとの考えを示した。都議選の応援演説後、都内で記者団に語った。
 松井氏は「即辞めると思っていたら、辞めないと言われる。それは違う」と述べた。一方、野党が求める罷免(ひめん)や安倍晋三首相の任命責任については「個人の資質の話で、政局にする必要はない」と否定した。<後略>

----

●28日と30日で言っていることが180度変わっている。世論の動向を見て都議選への影響も考え、意見を変えたということだろうか?

●松井代表が信頼に値しないことの証明であり、そんな人が代表を務める日本維新の会も当然信用するのは難しい。


(4)「国税庁長官に佐川理財局長、浅川財務官は留任=政府筋」(朝日新聞 2017/6/29)
※短文の為、全文記載させて頂きました。
----
 [東京 29日 ロイター] - 政府は、迫田英典国税庁長官の後任に、財務省の佐川宣寿理財局長を充てる人事を固めた。政府筋が明らかにした。浅川雅嗣財務官は留任し、引き続き日米経済対話などの調整を担う。
----
(注1)「強制捜査受け、おわび=補助金不正受給事件-森友学園」(事実審 2017/6/20)
(注2)「森友学園強制捜査 国有地値下げの経緯を解明せよ」(愛媛新聞 2017/6/22)
(注3)「森友学園 保育園が事実上閉園 園児36人全員が転園決定」(毎日新聞 2017/6/30)

●森友学園の幼稚園閉園は自業自得だとは思うが、籠池氏と佐川宣寿理財局長の待遇の差については少し不憫に感じる。佐川氏の栄転には小学生でも疑問を感じることだろう。

●愛媛新聞のタイトルに有る様に、「国有地値下げの経緯の解明」が森友学園事件の本質・本丸だ。


(5)「東京新聞の質問「しつこいと感じるか」 菅官房長官の反応は...?」(JCASTニュース 2017/6/30)
----
加計(かけ)学園をめぐる問題で追及が続く菅義偉官房長官の会見で、菅氏が思わずニヤリとする一幕があった。東京新聞記者の「追及を『かなりしつこい』と感じるか」という質問に対してだ。
加計問題をめぐっては、東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者の質問数が群を抜いて多く、週刊誌では同記者の「質問力」を称賛する記事も相次いでいる。<中略>
ただ、6月28日の記者会見では、テレビ番組の内容を元に望月記者が質問したことに対して菅氏が「事実かどうか、まず確認した上で質問していただきたい」と不快感を示す一幕もあった。<後略>
----

(6)「読売新聞は権力に魂を売って官邸の下足番に成り下がった」(日刊ゲンダイ 2017/6/29)
----
<前略>
 もうひとつ、耳を疑うような出来事を聞かされた。それは6月8日の官邸定例会見で菅が「怪文書」と決めつけた政府内文書を「なぜ再調査しないのか」と執拗に食い下がってすっかり有名になった東京新聞の望月衣塑子記者に対する読売官邸キャップの“仕打ち”である。定例会見はいつも10分か15分で終わるというのに、彼女が食い下がり、それをジャパンタイムズのベテラン記者が援護射撃して20分も長引いた。
 すると、読売のキャップが東京新聞のキャップのところへ飛んできて「何だあいつは。あんなヤツを二度と会見場に入れるな! これはクラブの総意だからな」と怒鳴り上げたというのである。クラブの総会もキャップ会も開かれていないのに、なぜ彼の意見が「総意」になるのか、一同唖然としたそうだが、それほど逆上してしまったということなのだろう。
<後略>
----

●望月記者の姿勢は報道記者として当たり前の姿勢だと思う。「質問力」というのは意味が解らないが、望月記者の質問する能力が優れているとは全く思わない。

●これまで、菅官房長官の一方的な主張や嫌な質問には「全く問題ない、それにはあたらない」などという言葉でシャットアウトする態度に、疑問を感じても質問して突っ込みを入れなかった記者クラブ自体が異常だっただけだ。それが、安定の菅官房長官という幻想を作り上げていただけだと思う。

●読売キャップの逆上には報道記者としての矜持は全くない。恥ずかし過ぎる・・・


(7)「民進、しぼむ責任論=「敵失」で壊滅回避を予想-都議選」(時事通信 2017/6/29)
----
 東京都議選の投開票(7月2日)が近づく中、民進党内で蓮舫代表の責任を追及しようとする空気がしぼみつつある。自民党への逆風が吹き荒れ、当初予想していた壊滅的な結果だけは免れそうなためだ。とはいえ、自民党と小池百合子東京都知事の対決に埋没、政権批判票の受け皿になりきれておらず、厳しい情勢に変わりはない。<中略>
 反執行部系のうち、松野頼久元官房副長官らのグループは党規約に基づく代表解任(リコール)手続きも模索していたが、動きが鈍化。同グループ幹部は「こちらが代えろと先に言ったら党に傷が付く」と語った。
 実際、同調する動きも見られない。大畠章宏元経済産業相グループの中堅議員は、代表解任について「お得意の内紛を始めたと言われるだけ」と指摘する。
 もっとも、民進党は現有7議席の維持も困難との見方がもっぱら。党勢回復の道のりは依然険しい。<後略>
----

●都議選の結果は明日の夜にならないと判らない訳だが、もし現有7議席の維持が出来なかったら、最低限でも松原都連会長と野田幹事長の更迭は必要だろう。

●そして、安倍内閣改造に合わせて民進党の体制も一新してやり直すというのも良いかもしれない。誰が民進党を立て直せるのか、思いつかく人はあんまりいないが・・・



スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

臨時国会 稲田氏罷免 松井一郎 国税庁長官 佐川理財局長 東京新聞 望月記者 都議選

2 Comments

山田  

8年ぶりに有馬温泉で宿泊。自民が記録的惨敗予想、民進が壊滅的大惨敗予想な2017年都議選

今日は知事選が行われる兵庫県入りし、安倍首相(62)にも小池東京都知事(64)にも公明党にも縁が深い有馬温泉へは2009年4月以来8年ぶりに宿泊中です。

有馬温泉は
16世紀後半に太閤豊臣秀吉が再開発したこと、
豊臣秀吉が17回も入湯されたこと、
安倍首相は1981~83年に神戸製鋼有馬保養所の管理人だったからその後も何度か入湯されたこと、
小池知事は六甲山脈を挟んで隣接する芦屋市出身であり両親・兄・妹とともに何度か有馬温泉へ入湯されたこと、
有馬温泉がある神戸市北区を含む兵庫2区は公明党の赤羽議員(58)の地盤なこと、
2013年3月に当時のSMAPメンバー5人が泊まられたこと、
2017年6月に元SMAPメンバーで年少トリオの稲垣(43)・草なぎ(42)・香取(40)がジャニーズ退社を決定したこと
からです。

有馬温泉が神戸市なのは意外に感じるでしょう。
定山渓温泉が札幌市にあるのと同様です。
当然、有馬温泉の市外局番は
昔から神戸078です。

今回泊まったホテルで視聴可能な地デジは
①NHK神戸総合
(VHF2ch)、
②NHK大阪Eテレ
(VHF12ch)、
③サンテレビ
(兵庫県域局。アナログ時代はUHF36chだったがリモコンボタンは当時も3番だった)、
④MBSテレビ
(毎日放送。VHF4ch・TBS系)、
⑥ABCテレビ
(朝日放送。VHF6ch・テレ朝系)、
⑦テレビ大阪
(テレ東系。UHF19chだったアナログ時代のリモコンボタンは11番だった。他の在阪局が関西圏全域カバーに対してこの局のみあくまでも大阪府域)、
⑧カンテレ
(関西テレビ。VHF8ch・フジテレビ系)、
⑩読売テレビ
(VHF10ch・日テレ系)。

愛知県民ですが今日の兵庫県知事選と東京都議選は楽しみです。

兵庫県は560万人(全国7位)、
東京都は1400万人(全国1位)
で2.5倍も人口差があります。

兵庫県は8500平方km(全国10位)、
東京都は2100平方km(全国45位)
と約4倍も差があるうえ、
高山市とほぼ同面積に過ぎない東京都は数多くの離島を除いた本土の面積だと大阪府や香川県を下回り浜松市とほぼ同じくらいの広さしかありません。

数多くの離島といっても東京都心とはかなりの距離があります。

東京都心~八丈島は290km、
東京都心~豊橋市に相当する距離であり羽田~八丈島は飛行機で約1時間です。

東京都心~小笠原父島は1100km、
東京都心~福岡市に相当する距離であり江東区からのフェリー(週1便のみ)で約28時間です。

東京都の人口の3分の2を占める23区の面積は
浜松市天竜区、静岡市葵区、札幌市南区、仙台市青葉区、仙台市太白区、岡山市北区を下回るようです
(それでも大阪市や名古屋市の面積を上回る神戸市北区、広島市安佐北区、京都市右京区、京都市左京区と比べればかなり広い)。

今回の都議選は
自民党が2009年の38を大きく下回る記録的惨敗、
民進党は壊滅的大惨敗
の見込みです

2017/07/02 (Sun) 01:06 | EDIT | REPLY |   

山田  

都議選にまつわる国政のジンクス

東京都議会は1965年6月に解散したため閏年の翌年(丑・巳・酉)の6~7月に行われています。
1965年を含む巳年の夏は参院選と都議選が被るため公明党が命を懸ける「巳年現象」が有名です。

東京都議選は地方選挙とはいえ全国の1割の人口を占める東京都とあって国政にも大きく与えているのは言うまでもありません。

2017年都議選は47都道府県議会選挙では初めて高校生を含む18・19歳が投票できるようになりました
(2016年沖縄県議選の有権者は20歳以上だった)。
東京都の有権者人口は史上最多の1160万人であり、
東京都は都議選イメージキャラクターに1999年2月生まれの橋本環奈(18)を起用しました
(橋本環奈は福岡県出身)。

平成になってからの都議選は下記のように国政への影響が著しいです。

以下、特にこだわらない限りは選挙当時のデータで表記。


【1989】
平成最初の大型選挙となった都議選(※)で社会党が圧勝→第15回参院選も社会党が大勝し、不倫スキャンダルが話題になった宇野首相は2か月で退陣。


1987(昭和62)年4月の第11回統一地方選挙以来の大型選挙だった。
昭和最後の国政選挙は1986年7月の第14回参院選・第38回衆院選(中曽根W選)。
衆院はその後海部首相が年明けに解散し1990年2月に第39回衆院選が行われた。

【1993】
都議選で日本新党が圧勝→宮沢首相が衆院を解散→第40回衆院選で日本新党が大勝し自民党が下野。

【1997】
前後の年とは異なり国政選挙がない年だったが、4月の消費税増税に加えて住専問題がクローズアップされた時期に行われた。
96年10月の第41回衆院選、98年7月の第18回参院選とともに橋龍3大選挙の1つ。
投票率は都議選史上最低記録だったが、年末には新進党が分裂した。

【2001】
21世紀最初の大型選挙となった都議選は小泉首相就任の影響を受けて自民党が圧勝→21世紀初の国政選挙となった第19回参院選も自民党が圧勝した。

【2005】
国政選挙は予定されていなかったが、都議選は自民党と民主党が拮抗した。民主党は2003年11月の第43回衆院選、04年7月の第20回参院選に続く躍進となった。
だが、小泉首相は国会で悲願の郵政民営化議論を進め、郵政民営化法案が参院で否決されたことから8月に衆院を解散、9月の第44回衆院選は自民党が記録的圧勝となった。

【2009】
麻生首相が衆院を解散できず、衆院は1976年12月の三木首相以来となる任期満了になりそうだった。
その間の任期満了年解散は上半期に解散する傾向だったが
(90年1月解散の海部首相、2000年6月解散の森首相)、
麻生首相は前年秋のリーマンショックの影響で2009年上半期の衆院解散もできなかった。

都議選は民主党が圧勝→8月末の第45回衆院選で民主党政権になり政権交代を実現。

【2013】
前年末の第46回衆院選で自民党・公明党が与党に戻り、安倍首相が再登板した。
安倍首相はアベノミクスに向けて都議選・参院選のW大勝を予想。
都議選は自民党が圧勝し民主党は惨敗したが、共産党の票が伸び共産党が野党第1党になった。
第23回参院選も自民党が圧勝し9年続いた捻れ現象が解消されたが、東京(改選5)・大阪(改選4)・京都(改選2)で共産党が躍進。

2017/07/02 (Sun) 01:10 | EDIT | REPLY |   

Post a comment