Welcome to my blog

51%の真実

Article page


辞めろコール「共謀罪で逮捕」に自民議員が「いいね!」&稲田防衛相&原子力規制委員長

(1)「辞めろコール「共謀罪で逮捕」 自民議員が「いいね!」」(朝日新聞 2017/7/6)
----
 東京都議選での安倍晋三首相の街頭演説で「辞めろ」とコールした聴衆を、「共謀罪」の疑いで「逮捕すべし!」と求めるフェイスブック(FB)の投稿に対し、自民党の工藤彰三衆院議員が「いいね!」ボタンを押していたことが分かった。<後略>
----

追記 2017/7/8
(注1)「「やめろコールは活動家の妨害」 昭恵氏が「いいね!」」(朝日新聞 2017/7/7)
----
 安倍晋三首相が東京都議選で応援演説する最中に街頭で起きた「やめろ」コールについて、「プロの活動家による妨害」とするフェイスブック(FB)の投稿に対し、首相の妻昭恵氏のアカウントから「いいね!」ボタンが押されていたことが7日、分かった。
 投稿は、首相が1日に東京・秋葉原で応援演説した際に聴衆の一部から「やめろ」コールが起きた様子を報じたテレビ番組を取り上げ、「ヤジじゃなくプロの活動家による妨害」「テレビでは活動家の人しか映っていない。少人数だけれど拡声器使い大音量で流していただけ。日の丸持って応援していた大半の一般人を完全に無視している」と書き込んでいた。<後略>
----
(注2)「【加計学園問題】安倍晋三首相が「朝日新聞は言論テロ」に「いいね!」 朝日記者が菅義偉官房長官に事実関係ただす」(産経ニュース 2017/5/22)
(注3)「昭恵さん、「山口敬之氏へのいいね!であんな責めなくても…」」(NEWSポストセブン 2017/5/29)

●安倍首相や昭恵夫人が率先して同じようなことをしている(注1)(注2)(注3)のだから、安倍チルドレンがやっても全く不思議なことではない。

●しかし、感覚のズレと共に、テロ等準備罪(共謀罪)を自分たちの都合の良い様に、解釈して使われる危険性を感じさせる話題であることが非常に問題だ。反安倍勢力でも同じようにギャグ感覚で、このような発言をする人もいるのではあるが。


(2)「稲田防衛相、豪雨対応中に一時不在 「政務」理由に」(朝日新聞 2017/7/6)
----
 九州北部を襲った豪雨の行方不明者らの捜索救助に自衛隊があたっていた6日昼、稲田朋美防衛相が「政務」を理由に約1時間、東京・防衛省を不在にする一幕があった。大臣、副大臣、政務官の政務三役全員がいなかった格好で、省内から「隊員が必死で活動しており、士気にかかわる」との声も上がっている。
 稲田氏が防衛省を離れたのは6日午前11時50分。午後0時半過ぎに小林鷹之政務官が登庁するまでの約40分間、政務三役がいない状態になった。<中略>
 「政務」は、後援者との会合や選挙応援など政治家としての活動。閣僚としての業務である「公務」とは区別される。「政務」の内容について、防衛省は「民間との防衛政策に関する勉強会に出席した」とした。<後略>
----

●何でもかんでも取り上げて稲田大臣を責めるつもりはないのだが、これだけ失言や失態が取り上げられているというのに、「政務」で三役全員が居ない時間を作ってしまう稲田大臣のセンスは論外で、責められても自業自得だとしか思えない。

●北朝鮮問題も緊迫する中、内閣改造まで稲田大臣が居座ることは、安倍首相の危機管理能力も問われる問題だろう。


(3)「原子力規制委員長 田中氏、北朝鮮ミサイルで失言」(毎日新聞 2017/7/6)
----
 関西電力高浜原発が立地する福井県高浜町を訪れた原子力規制委員会の田中俊一委員長が6日、地元住民との意見交換会で、原発を狙った北朝鮮によるミサイル攻撃について問われた際に「東京のど真ん中に落とした方がよっぽど良い」などと述べた。<中略>
田中委員長は「小さな原子炉に落とす精度が(北朝鮮のミサイルに)あるのかよく分からない」と述べた後、「私だったら東京のど真ん中に落とした方がよっぽど良いと思う」と発言した。直後に「今のは冗談」と付け加えた。
 会合後の取材に対し、田中委員長は「ターゲットが大きい方が良いという意味だった。例えが不適切だった」と釈明した。【近藤諭、高橋一隆】
----

●失言自体は問題だが、田中氏は発言直後に失言だったと気付いているだけ、今の失言政治家よりはましだと言えるだろう。

●「ターゲットが大きい方が良いという意味だった」と言い訳しているが、どちらかと言うと「原発が攻撃された時の被害の悲惨さ」が頭にあったように感じる。

●自分も失言しないように肝に銘じなければと、気を引き締めたニュースだった。



スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

辞めろコール テロ等準備罪(共謀罪) いいね! 稲田防衛相 政務三役不在 田中俊一 原子力規制委員長 失言

1 Comments

山田  

危機管理がない政府

福岡県筑豊・筑後地方と大分県日田市で甚大な九州北部豪雨があったにも関わらず、政府は他人事のように感じます。

筑豊地方を地盤とする麻生副総裁は九州北部豪雨に気づきましたが、
外遊中の安倍首相や問題の稲田防衛大臣は九州北部豪雨について他人事のように感じます。

安倍首相が豊臣秀吉なら稲田防衛大臣は淀君という秘蔵っ子の関係ですが。

福岡県は
北九州地方
(車は北九州ナンバー、県道番号は200番台だらけ)、
筑豊地方
(車は筑豊ナンバー、県道番号は400番台だらけ)、
福岡地方
(車は福岡ナンバー、県道番号は500番台だらけ)、
筑後地方
(車は久留米ナンバー、県道番号は700番台だらけ)
の4地域に分かれます。

甚大な被害が出た朝倉市・東峰村は
筑後地方に属し筑後川流域です。

160万人の福岡市はこの水害が他人事かというくらい被害がなかったようですが、
福岡市の水源は35km離れた筑後川から取水しているようです
(香川県の水道が徳島県の吉野川から取水するように)。
福岡市が香川県のように災害が少ないのは、
壱岐島(長崎県に属すが郵便番号も市外局番も福岡県扱い)がシャットダウンするようです。

広島豪雨(2014)や北関東豪雨(2015)や熊本地震(2016)の時もそうでしたが、
危機管理がない政府と感じました。

2017/07/11 (Tue) 00:36 | EDIT | REPLY |   

Post a comment