Welcome to my blog

51%の真実

Article page


苦情殺到!桃太郎、ネットモラルを問うテレビCM&SNSが若者の心の健康に与える影響

(1)「苦情殺到!桃太郎(全国キャンペーン)」(公益社団法人 ACジャパン)
----
個人のSNSから企業の広告、サービス内容等に至るまで度々炎上することが社会問題となっている日本。悪意ある内容で当事者や家族の心を傷つけるトラブルも多く、ネットモラルの問題は年々深刻さを増しています。この作品では、昔話の桃太郎を題材に、クレーム社会の惨状や虚しさをユーモラスに描き、おおらかな心の大切さを訴えます。ナレーションの美輪明宏さんの問いかけに、ドキリとされる方も多いのではないでしょうか。
●テーマ:ネットモラル
●広告会社:博報堂中部支社
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他
<後略>
----

●このテレビCM(60秒)は、SNSの問題点を的確に表現している。電通じゃなくて博報堂制作だったのね。博報堂さんGJです。


(2)「「若者の心の健康に最悪」なSNSはインスタグラム=英調査」(BBC NEWS JAPAN 2017/5/19)
----
英王立公衆衛生協会(RSPH)は18日、ソーシャルメディア(SNS)が若者の心の健康に与える影響について、報告書を発表した。その結果、YouTube、インスタグラム、スナップチャット、フェイスブック、ツイッターを比較した際、インスタグラムが最も悪い影響を与えることが分かったという。<中略>
「SNSの中での安全性強化は大事な一方だ。インスタグラムなどその他のサイトには、対策をとるようお願いしたい」
その上でマダース氏は、「ただし、特定の種類のコンテンツから若者をただ『保護する』だけでは、完全な解決にならないと認識するのも大事だ」と指摘し、若者自身も自分たちのオンライン行動のリスクを理解し、「フィルターをすり抜けてしまう害のあるコンテンツ」にどう対応するかを教わる必要があると述べた。<後略>
----

●世の中はファッションの世界と似ていて、同じ流行が少しずつ形を変えて繰り返されているのだと思う。螺旋階段のように、ぐるぐる同じ円周の上を周りながら(同じ現象を繰り返しながら)、少しずつ上に(前に)進んでいる。ただし同じ現象を繰り返しながらも、少しずつ技術は進化している。そしてツールが便利になればなるほど、それが悪い方向に働いた場合の悪影響は甚大になる。

●未来になればなるほど、若者が晒される環境は過酷なものになることだろう。しかし、いつの時代も経験して学び克服することによって、人間は成長していくのだ。

●ただ現状は技術進化の速度に比べて、人間の精神的な成長速度はあまりにも遅いような気がする。悪影響による破滅を招く前に、人類は精神的な成長を達成することが出来るだろうか?



スポンサーサイト

Category - テレビっ子&ネット民

公益社団法人 ACジャパン 苦情殺到!桃太郎 ネットモラル テレビCM 博報堂 SNS インスタグラム 悪影響

0 Comments

Post a comment