Welcome to my blog

51%の真実

Article page


加計学園事件の閉会中審査&森友学園事件の参考人招致&民進党

(1)「野党側「総理出席を」 自民党「説明十分尽くされた」」(NHK NEWS WEB 2017/7/10)
----
国家戦略特区での獣医学部新設をめぐって、参議院の閉会中審査が開かれました。(注1)(注2)
野党側は、行政がゆがめられたのではないかという疑惑が、さらに深まったとして、真相を解明するため、安倍総理大臣も出席して予算委員会でも閉会中審査を行うよう、引き続き求めていく方針です。
これに対し、自民党は、きょうの質疑で特区の手続きが適正に行われたなどの説明が十分に尽くされたとして、予算委員会での閉会中審査の開催には慎重な姿勢を示していて、与野党のせめぎ合いが続く見通しです。
自民 竹下国対委員長「前川氏の主張これまでと同じ」
自民党の竹下国会対策委員長は、国会内で記者団に対し、「与党側が招致した参考人の話は非常に分かりやすく、初めて本質論の話が、一定程度深まったという認識を持った。一方で、前川・前事務次官の主張も、野党側の質問も、これまでと全く同じで、何も新しいことがなく、これでは意味がない。あのレベルの議論を国会でやるべきではなく、別のところでやればいい。『予算委員会は必要なのか』と強く意識している。あす、民進党の山井国会対策委員長と話をしたうえで、最終的に判断したい」と述べました。<中略>
民進 山井国対委員長「自民に総理出席要求」<中略>
共産 小池書記局長「安倍総理抜きでは解明できず」<後略>
----

●官邸側と野党側の主張は、どこまで行っても平行線だ。(注1)(注2)を読んでも、官邸側の主張の方があいまいで限りなく黒だと思うが、証拠の文書の内容を自分たちの都合の良い様に辻褄をあわせ、言い逃れられると手の打ちようが無い。

●しかしこんな短い時間(7時間)で、しかも安倍首相、和泉首相補佐官、藤原豊前審議官、加計理事長など肝心なキーパ-ソンが揃わない審議では、自民党の竹下国対委員長が言うように「本質論の話が、一定程度深まった」とは到底思えない。

●必ず予算委員会で安倍首相に説明してもらう必要がある。そして早急に臨時国会を開き、キーパーソンを全て証人喚問し、時間をかけて証言の矛盾を追及していかなければならない。その為には国民が声を上げ続けることが必要不可欠だ。


(注1)「衆院閉会中審査の詳細はこちら」(朝日新聞 2017/7/10)
※本文を時系列で昇順に入れ替えています。
----
 〈午前9時〉
 開会の予定時刻になっても始まらず。与党は、和泉首相補佐官と内閣府の藤原豊・前審議官の参考人招致を拒否した。(東岡徹)
<中略>
 〈午前9時43分〉
 福島氏が文科省の内部文書をめぐる追加調査で萩生田官房副長官に関する文書(「10/7萩生田副長官ご発言概要」(画像))が見つからなかった点を指摘し、前川・前文科次官に文書の存在について質問。前川氏は「在職中に担当課からの説明を受けた際に受け取り、目にした文書に間違いない」と発言。
<中略>
〈午前10時51分〉
 「10/7萩生田副長官ご発言概要」とされる文書について共産の宮本氏が前川・前文科次官に質問。「10月中に現職中に職員から説明を受けた際に受け取って、目にした資料だ」と前川氏。
<中略>
 〈午前11時12分〉
 「10/7萩生田副長官ご発言概要」文書について、萩生田官房副長官は「文科省の求めに応じてその都度、真摯(しんし)に対応してきた。明確に発言したワード、センテンスが(文書に)あるわけではない」。
 文科省の担当局長も「(文書は)正確性に欠いている」と答弁。
<中略>
 〈午後1時15分〉
 社民党の吉川元議員が前川・前文科次官に対し、行政がゆがめられたとの疑念が政府答弁を聞いて払拭(ふっしょく)されたかと感想を聞く。
 前川氏は「ゆがめられたと感じているのは規制緩和の是非ではなく、特定事業者がどう決まったかだ」と指摘。「加計学園の獣医学部が4条件を満たしているのか、京都産業大学との比較が十分だったのか、わからないままだと思っている」と述べた上で、「私が知る限りのことを申し上げてもわからないと思う。和泉(洋人)・首相補佐官や加計(学園)理事長らから話を聞いていただく必要がある」。
<後略>
----

(画像)「10/7萩生田副長官ご発言概要」
加計学園流出文書7

(注2)「参院閉会中審査の詳細はこちら」(朝日新聞 2017/7/10)
※本文を時系列で昇順に入れ替えています。
----
<前略>
〈午後3時37分〉
 質問議員が自民の青山氏に変わる。「鳥インフルエンザ、BSEという新たな危機が生まれている」と切り出し、獣医師の不足を取り上げる。
 青山氏は獣医師が不足していないから獣医学部を作ることが行政をゆがめると言うのか、などと前川・前文科次官に質問。「違います。獣医学部の新設について一律、受け付けないという告示があるが、政策論議をすべきだ。規制緩和をすべきかと、加計学園に獣医学部の新設を認めるかは別次元の問題だ」と答弁。
 参考人として呼ばれた加戸・前愛媛県知事は知事として一番苦労したのが鳥インフルエンザと口蹄疫(こうていえき)対策だったと説明し、獣医学部の新設について「岩盤規制で跳ね返され、特区で実現を見るようになり、喜んでいる」と語った。「ゆがめられた行政がただされたのが正しい発言だ」。
〈午後3時50分〉
 自民の青山氏の質問に対し、前川・前文科次官が既存の大学で養成する獣医師を増やすことができるなどと説明。加戸・前愛媛県知事は「(四国は)獣医師が確保できない。ブレーキをかけるのは理解できない」などと反論した。
〈午後4時2分〉
 自民の青山氏の質問が続く。前川・前文科次官は「なぜ平成30年4月が開学の大前提なのか。内閣府で説明していただかなければならない。しかし、4条件を守る必要がある。今治市からの提案は4条件は満たしていない。その後は決めるということだった」と説明した。
 青山氏に考えを問われた加戸・前愛媛県知事は「今治は意欲を持って取り組もうとしている。(批判するのは)いびりばあさんのようだ。へりくつはいい。決まったことに進むのは霞が関の文化だ。それを感じられない。霞が関は変わったのか。獣医学部がおもちゃになっていることが残念だ」。
<後略>
----


(2)「百条委設け検証を=校長就任、昭恵氏「1秒快諾」-森友で籠池氏招致・大阪府議会」(時事通信 2017/7/10)
----
 学校法人「森友学園」(大阪市)の小学校設置認可をめぐる問題で、大阪府議会は10日、同学園の籠池泰典前理事長を本会議に参考人招致した。(注3)(注4)(注5)籠池氏は冒頭、「認可手続きで疑念を惹起(じゃっき)した」と陳謝。一方で「私だけがトカゲの尻尾切りのように罪をかぶせられるのではなく、松井一郎知事らを議会に呼んで真相究明をしてもらいたい」と訴え、強力な権限を持つ調査特別委員会(百条委員会)の設置による検証を求めた。
 籠池氏は、小学校開校に向け首相夫人の安倍昭恵氏から100万円の寄付を受けたと改めて主張。電話で昭恵氏から「(自分の)名前を出さないようにお願いします」と寄付の事実を公表しないよう伝えられたと強調した。また、昭恵氏は名誉校長への就任要請に、「1秒おいて、快諾された」という。<中略>
 小学校認可について籠池氏は、日本維新の会の東徹参院議員や自民党の畠成章元府議(故人)らに協力を依頼したと重ねて証言。東氏は不当な働き掛けはしていないと反論している。<後略>
----
(注3)「【籠池氏招致詳報】(1)籠池節は健在「トカゲの尻尾切りするな」「府職員からは懇切指導」」(産経WEST 2017/7/10)
(注4)「【籠池氏招致詳報】(2)刑事関わる質問「時間の無駄」といらだち、かみ合わぬ議論に失笑」(産経WEST 2017/7/10)
(注5)「【籠池氏招致詳報】(3)固有名詞連発で「力添え頼んだ」、あの「こんにゃく」疑惑にも言及」(産経WEST 2017/7/10)
----
<前略>
 今西氏「小学校設置認可の申請をしようと思ったとき、府の私学課に規制緩和をお願いしたり、政治家に口利きをお願いしたのではないか」
 籠池氏「府は当時、全国47都道府県の中で規制緩和が行われていなかった。後進県だった。これについて文科省に問い合わせ、他の都道府県がどうか確認し、『遅れているのは大阪府だけですよ、大(だい)大阪の名前に値しない教育ではだめだ』と私学課に伝えた。
 ただそこではまったく動かず、どうも『自分だけで動いていてはあかんな』となり、恐れ入るが、議員の先生に力添えを頼んだ。住之江区の東徹先生(日本維新の会参議院議員)とは、(東氏の)父親の代から昵懇にしており、東先生を通してお願いした。先生からは『どうなるか分からないがやってみる』という答えを得た。しばらくたち橋下(徹)さん(が知事)になり、松井(一郎)さん(が知事)のときに規制緩和となり、当学園がその中に入れるようになった」
<後略>
----

●森友学園事件は更に決定的な証拠にかける為、平行線で議論がかみ合わないが、国有地の不当な払下げや政治家の口利きについて追及する為に、国民は諦めずに声を上げ続けなければならない。

●それにしても野完氏に渡った資料からは、何か新しい決定的な証拠は出てこないのだろうか?


(3)「民進・野田佳彦幹事長は「弁慶」になるのか 蓮舫代表を守る辞任論も浮上 でも「私が辞めたら彼女はもたない」 もつれる進退」(産経ニュース 2017/7/9)
----
 民進党の野田佳彦幹事長の進退が注目されている。東京都議選の敗北を受け、党内で執行部が責任を取らないことへの批判が強く、一時は野田氏が「蓮舫降ろし」の防波堤となるため引責辞任するとの観測が広がった。しかし、蓮舫氏にとって野田氏は党運営を支える精神的支柱で、簡単に辞任を認めるわけにはいかない。野田氏は義経を守る弁慶になるのか-。<中略>
 野田氏は都議選前から「あらゆる選挙の責任は幹事長にある」と語り、責任論が蓮舫氏に向かないよう自身が引責辞任することを示唆してきた。ただ、蓮舫氏は野田氏を「政治の師」と仰いできた。野田氏は周囲に「私が辞めたら彼女はもたない」とこぼしているという。<後略>
----

(4)「都議選総括後に進退判断=民進幹事長」(時事通信 2017/7/10)
※全文を転載させて頂きました。
----
 民進党の野田佳彦幹事長は10日の記者会見で、東京都議選敗北の自身や蓮舫代表の責任問題について、「まず総括をするということだ」と述べ、総括後に判断する考えを示唆した。野田氏は「自民党や内閣の支持率が下落している中、なぜわれわれが受け皿になれないのか。本質的な総括をきっちりやっていく」と述べ、11日から党所属議員の意見聴取を開始することを明らかにした。(2017/07/10-15:48)
----

●民進党のことより、自分達の進退の方が大事なのかと。そして総括するのにどれだけ時間がかかるのかと。

●客観的に俯瞰して自分たちの置かれた状況が見えていれば、結論は既に出ているだろうと思うのは私だけだろうか?



スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

加計学園事件 閉会中審査 森友学園事件 参考人招致 民進党 都議選総括 蓮舫代表 野田幹事長 進退判断

2 Comments

mew  

民進党

こんにちは。
もし蓮舫が代表を辞めるとしたら、
B4さんは誰が代表になるといいと思いますか?

mewは・・・個人的には、長妻がごヒイキなんですけど。
認知度を考えると、イマイチかも知れず。
安倍改憲に協力したいと考えているような
改憲積極派はアウトだし。悩んでいます。v-7

2017/07/12 (Wed) 05:34 | EDIT | REPLY |   

B4  

Re: 民進党

mewさん、コメントありがとうございます。

民進党国会議員一覧を眺めてみたのですが、民進党を立て直せる人が思い尽きませんでした。
長妻氏や枝野氏は、そろそろもっと前面に出て民進党の立て直しに尽力すべき時が来ていると思います。
蓮舫氏が代表を続けるなら、これまでの失敗を鑑みて真摯に反省し、野田氏離れをして長妻氏や枝野氏などの協力を仰ぎ、国民の為になる政策は何かを良く考え、挙党一致で民進党を立て直す為に政治生命を賭けて欲しいと思っています。

2017/07/12 (Wed) 23:08 | REPLY |   

Post a comment