51%の真実

毎日のニュースや出来事から感じたままに言葉を綴ります

京産大獣医学部新設断念の経緯&万葉倶楽部が築地再開発に難色 

 安倍首相が出席する閉会中審査が再来週あたりで調整されているが、安倍首相を追い詰めるネタが無いかと考えていたら、京産大が会見したというニュースが飛び込んできた。

(1) 「京産大が会見 獣医学部新設断念の経緯明らかに」(NHK NEWS WEB 2017/7/14)
※全文を転記させて頂きました。
----
学校法人「加計学園」と同じく、国家戦略特区で獣医学部新設を計画していた京都産業大学が会見を開き、特区の選定過程で獣医学部新設を断念した経緯を初めて明らかにしました。
これは14日、京都産業大学の黒坂光副学長が記者会見で明らかにしました。
京都産業大学は去年3月、国家戦略特区で、京都府とともに獣医学部の新設を認めるよう提案しましたが、ことし1月に行われた事業者の公募には手を挙げず、結局、加計学園が事業者に決まりました。
黒坂副学長は去年11月の国家戦略特区諮問会議で、獣医学部新設の条件に、「広域的に獣医師系養成大学などが存在しない地域に限り」という新たな文言が加わったことについて、「関西には大阪府立大学に獣医系の学科があり不利だと思った」と話しました。
また、獣医学部の開学時期が平成30年4月と知ったのは、事業者が公募されたことし1月だったとしたうえで、「教員の確保などを考えるとタイトなスケジュールだった。準備できなかった」と述べて、新設を断念した経緯を明らかにしました。
黒坂副学長は今後は獣医学部を断念して、「生命科学部」を新設することを発表し、「私たちとしては最善の獣医学部の構想を作ったと思っていた。断念するのは残念だが、新たな学部で、ライフサイエンス分野での教育や研究に取り組んでいきたい」と話しました。
----

 「地域条件」が加えられたことが不利だと感じたこと、1月4日の公示で「開学時期が平成30年4月」とされたために教員の確保が難しかったことを、当事者が明らかにしたことは非常に意味がある。


 報ステでは更に詳しく時間をかけて放送していた。以下のリンク先の動画を見て欲しい。

(2) 「【報ステ】京産が断念…加計学園の開学時期めぐる謎」( 2017/7/14)
※全文を転記させて頂きました。
----
加計学園とともに国家戦略特区で獣医学部新設を計画していた京都産業大学は14日、獣医学部の新設を断念すると表明した。教員の確保など開学までの準備期間不足を理由に挙げた。内閣府は、今年1月に獣医学部の開学時期を『平成30年4月』と正式に示した。加計学園は、内閣府が開学時期を発表する1年半も前から教員集めに奔走。さらに、去年10月には校舎の建設に必要な土地のボーリング調査の手続きまで進めていた。10日の閉会中審査で自由党の森ゆうこ議員は、開学時期の情報が加計学園側だけに伝えられていた可能性を追及。「平成27年4月2日、今治市の担当者は総理官邸で誰と協議を行ったのか」と質問したのに対し、萩生田官房副長官は「記録が保存されていないため確認できない」とした。さらに、内閣府と今治市のメールのやり取りが情報公開で明らかになっている。今治市が送信した文書には『平成30年4月開学予定』と書かれていた。山本地方創生担当大臣は「メールは残っていない」とした。自民党は14日、安倍総理出席での予算委員会を再来週に開催したいという意向を明らかにした。菅官房長官は「閉会中審査を行う目的は、国家戦略特区の選定について、事実関係を明らかにし、説明責任を果たすために行うもの」と述べた。
----

 加計学園が教員集めや校舎の建設に、どうしてリスクを取ってまで、こんなにも早くから着手できたのか?

 内閣府と今治市のメールのやり取りから、京産大が知った今年の1月よりもずっと早い時期に、「平成30年4月開学予定」が既定事実として加計学園にだけ知らされ、加計学園が選ばれることを前提に関係者が動いていたとしか思えない。

 ここはもっと萩生田官房副長官や山本大臣、そして他の関係者にも突っ込んで質問するべきだろう。


 あと、この前の閉会中審査でなぜこの人をもっと突っ込まないのかと残念に思っていた山本大臣が、自ら私に聞いてくれればきちっと説明するのにと言っているニュースが目についた。(この前も全然「きちっと」説明できてなかったと思うが・・・)

(3) 「「聞いてくれればきちっと説明するのに」山本地方創生相」(朝日新聞 2017/7/14)
※全文を転記させて頂きました。
----
■山本幸三地方創生相(発言録)
(「加計学園」の獣医学部新設問題で、安倍晋三首相が予算委員会の閉会中審査に応じることについて)おおいに結構じゃないかと思います。(私も)改めて説明をさせていただければと思います。この前の(文科、内閣両委員会の連合審査会の閉会中審査の)時には、もっと私に聞いてくれればきちっと説明するのになと思っていたんですけども、そういう意味で、しっかりと聞いてもらえれば十分な説明をできるだけやりたいと思っています。(閣議後の記者会見で)
----

 山本大臣は加計学園事件関係者の中で唯一、自分が「広域的に獣医師系養成大学などが存在しない地域に限り」という新たな文言を付け加えさせたと明言しているのであり、なぜそうしたのか・誰に指示したのか(手書きの文字の人?)など詳細に突っ込めば、何かしらボロを出してくれるのではないかと期待している。


 蛇足になるが(1)のニュースを読売新聞が記事にすると、京産大の発言を直接聞のとはだいぶ印象が異なるなぁと感じたので、以下にリンクしておく。

(4) 「京産大、獣医学部新設を断念「教員確保が困難」」( 2017/7/15)
----
<前略>
 文部科学省が認めていない獣医学部の新設を巡っては今年1月、学校法人「加計かけ学園」が国家戦略特区(愛媛県今治市)での開設を認められた。野党は、安倍首相が長年の友人の同学園理事長に便宜を図るため、京産大ではなく、加計学園を選んだのではないか――と批判しているが、京産大側の事情で認定に至らなかったという側面が判明した。黒坂氏は、新設が認められた後に教員を確保する予定であったことも明らかにした。
<後略>
----


 さてここからは、小池都知事が豊洲築地両立を宣言したことにより、波紋が広がっているニュースに触れたい。

(5) 「豊洲の観光拠点「運営会社」が築地再開発に難色 知事方針なら「採算取れなくなる」」(産経ニュース 2017/7/12)
----
 築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題で、豊洲の敷地に整備予定の観光拠点「千客万来施設」の運営会社「万葉倶楽部」(神奈川県小田原市)が、小池百合子知事の基本方針に基づき築地再開発が行われれば採算が取れなくなるなどとして、都に難色を示していることが11日、分かった。
 小池氏は6月、築地跡地を市場機能を持った「食のテーマパーク」として再開発する基本方針を表明。同社担当者は取材に「築地に千客万来施設と同じような施設ができれば、撤退の可能性も含め検討せざるを得ない」と話した。都に説明を求めているという。<後略>
----

(6) 「小池知事「豊洲の施設、にぎわいに必要」」(日テレNEWS24 2017/7/14)
----
 豊洲市場に建設される観光施設の運営会社が撤退も含めて検討していることについて、東京都の小池知事は「豊洲のにぎわいをつくるために施設は必要だ」と述べた。<中略>
 豊洲市場には、飲食店や温泉、ホテルなどが入る観光施設「千客万来施設」が建設される予定で、運営会社は年間190万人以上の来場を見込んでいる。<中略>
 小池都知事「(築地は)食のテーマパークと申し上げているだけで、(千客万来施設と)似通ったという主観についてはよくわかりません」
 また運営会社が具体的な計画を示すよう求めていることについては「誠意をもって対応するよう指示した」と述べるにとどまった。
----

 万葉倶楽部の懸念は至極妥当な感覚だろう。それに対して小池都知事が言う「食のテーマパークが(千客万来施設と)似通っているというのは主観」と言う感覚は、ズレているとしか思えない。

 都Fのおときた幹事長は、自身のホームページで以下の様に意見を書いているが、これを解決するのは非常に困難だと感じる。

(7) 「「千客万来施設」は、中央卸売市場の成功のために必要不可欠。最重要課題として対応を」(おときた駿ブログ 2017/7/12)
----
<前略>
ニュースが流れてから関係各所に確認したところ、ニュースではタイトルこそ強くなっているものの、まだ事業者さまの撤退の意思が固まったわけではありません。しかしながら報道などであるように、事業者側は
●「豊洲地区のにぎわいを作り出す」という目的が不透明になっていること
●築地に観光施設ができるようであれば、競合して採算が取れなくなってしまうこと
などを懸念されているようであり、そのご心配は無理からぬものだと思います。
築地再開発の全容はまだ見えておりませんが、仮に東京都が音頭を取ってテーマパーク(観光施設)を創るとなれば、都が主導する施設同士がバッティングしてしまう可能性があります。
民間主導を標榜している計画の全体像を明確にし、この懸念を払拭できるのかどうか、早急に検証しなければなりません。
<後略>
----

 少しずつ状況は変化しているが「小池劇場のゆくえ1 ~築地市場移転延期について~」で書いたように、やはり豊洲移転問題は小池都知事にとって剣ヶ峰であることは変わっていない。

 小池都知事の国政政党設立から総理大臣へ登りつめるという目論見は、そうそう簡単に実現は出来ないだろうと感じる。



スポンサーサイト

加計学園事件 予算委員会 閉会中審査 京都産業大学 小池劇場 豊洲築地両立案 千客万来施設 万葉倶楽部

Comment

Name - 山田  

Title - 綾部市~泉佐野市は130km離れているのに。もりそば・かけそば問題

京都産業大学(京都市北区)は京都府北部の綾部市に獣医学部を予定していたのに、
加計学園ありきで1校限り・広域的に獣医学部がない地域とされ断念に追い込まれました。

大阪府立大学獣医学部は大阪府の南部、和歌山県境の泉佐野市にあり綾部市とは130km離れています。

130kmといえば東京都心~富士市くらいの距離ですが。

しかし、愛媛県今治市の加計学園獣医学部は定員が160人と多過ぎます。

2014年に当時の四国4県知事が今治市への獣医学部を誘致していたとはいえ
(愛媛は2015年1月に加戸前知事が引退し現在の中村知事へ変更)、
理事長が安倍首相と仲良しの加計学園とは。

加計理事長は1952(昭和27)年生まれで安倍首相より先に生まれましたが。

獣医学部新設は
新潟県上越市・京都府綾部市・愛媛県今治市の3校にすべきでした。

定員1割減で144人となる場合は48名ずつ分割できたのに。

何故、上越市かといいますと、北信越地方(新潟・長野・富山・石川・福井)も獣医学部空白地域だからです。
山形・新潟県境から福井・京都府県境までは740kmもあるのに
(東京都心から倉敷市や青森市に匹敵する距離)。

新潟大学も獣医学部を断念しましたが、予定されていたのは新潟市ではなく新潟県西南部の上越市に予定されていたようです。
上越市に置いた場合、長野や北陸からも便利だからです
(新潟市だと長野や北陸からは遠過ぎるため)。

国民はもりそば(森友)・かけそば(加計)問題に気になります。

今日は小池東京都知事65回目の誕生日であり、小池知事は現役世代から准高齢者世代になりました
(准高齢者世代とは65~74歳)。
愛知県民ですが今後の東京都の小池改革は楽しみにしています。

ちなみに昨日は小池知事の宿敵の森元首相(石川県能美市)が80歳を迎えました。
2017.07.15 Sat 10:06
Edit | Reply |  

Add your comment