特区会議議事要旨に加計幹部出席・発言の記載なし&日本ファーストの会&北朝鮮問題

(1)「特区会議に加計幹部 議事要旨に出席・発言の記載なし」(朝日新聞 2017/8/6)
----
 政府の国家戦略特区ワーキンググループ(WG、八田達夫座長)が2015年6月、獣医学部の新設提案について愛媛県と同県今治市からヒアリングした際、内閣府が公表した議事要旨の出席者に記載のない学校法人・加計(かけ)学園の幹部が同席していた。学園の教員確保の見通しをめぐる質疑もあったというが、議事要旨に記載はない。政府はWGの議事内容を「すべて公開し、透明性が高い」と説明するが、公表資料では十分に検証できない状態だ。
 ヒアリングには、加計学園系列の千葉科学大の吉川泰弘教授(現・加計学園新学部設置準備室長)らが出席した。政府側、提案者側双方の出席者が朝日新聞の取材に認めた。
 内閣府が今年3月になってホームページで公表した7ページの議事要旨には、ヒアリングの出席者として八田座長ら計12人が記載され、提案者側は愛媛県の地域振興局長、今治市の企画課長ら3人。吉川氏らの名前はない。
 複数の出席者によると、吉川氏はヒアリングの場で、既存の大学の獣医学教育では、獣医師の新たなニーズを満たしていないなどと述べたという。政府側の委員からは教員確保の見通しなどの質問があり、吉川氏が答えたという。
 特区WGのヒアリングは非公開で、議事内容はまず、会合後速やかに作られる「議事要旨」で公表される。議事要旨は概要版で、すべてのやりとりが記載されたものではない。議事の詳細が分かる「議事録」の公表はヒアリングから4年後と決められている。<後略>
----

(2)「加計幹部同席の不記載「通常の扱い」 WG座長が見解」(朝日新聞 2017/8/6)
----
 政府の国家戦略特区ワーキンググループ(WG)の会合に学校法人・加計(かけ)学園の幹部らが同席していたものの、公表された議事要旨に記載がない問題について、WGの八田達夫座長は6日、見解を公表した。同学園関係者の同席を認めた上で、提案者以外の参加・発言を記載しなかったのは「通常の取り扱い」とした。
 政府のホームページに掲載された見解(注1)によると、2015年6月、獣医学部の新設提案について愛媛県と同県今治市からヒアリングした際、「今治市の独自の判断」で同学園関係者3人を説明補助者として同席させた。通常は、説明補助者名を記載したり、公式な発言を認めたりすることはないとしつつ、同学園には、非公開の前提で非公式な補足発言を認めたという。
 ほかの議事要旨では、提案者以外の出席者名や発言が載っているケースがある。八田氏は「提案者から説明補助者の参加・発言について記載してほしいなどの特段の要望があった場合は、記載している」とした。
 ヒアリング内容については当初、愛媛県・今治市側が非公開を希望したとし、提案の実現を受けて今年3月、「できる限りオープンに」との八田氏の判断で議事要旨を公開したという。その際、「公開する内容を調整した」としている。公表された議事要旨には、愛媛県の局長が公開の扱いを了承したやりとりが記されている。<後略>
----

(注1)「国家戦略特区WG(平成27年6月5日)の議事要旨について」(2017年8月6日 国家戦略特区WG座長 八田達夫)





●内閣府側の説明は全く意味が解らない。八田座長の見解もかなり言い訳がましい。「一点の曇りもない」はずの国家戦略特区WGの透明性は、真剣に見れば見るほど垢だらけなのが明らかになる。

●加計学園事件追及に関しては、民進党議員は頑張っていると思う。国民ももう少し評価してあげても良いのではないだろうか。


(3)「若狭氏、「日本ファースト」設立=小池氏と連携、年内新党目標」(時事通信 2017/8/7)
----
 小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員は7日、衆院議員会館で記者会見し、自身が代表を務める政治団体「日本ファーストの会」を設立したと発表した。若狭氏は次期衆院選に向け、同会を足場に小池氏と連携して国政新党づくりを進める意向で、政治塾「輝照塾」設立も発表。同会の動向は、求心力低下に苦しむ安倍晋三首相の衆院解散戦略や野党再編の行方に影響しそうだ。
 日本ファーストの設立は7月13日付。<後略>
----

●小池都知事は自分に都合の良いことや国政に関することは仕事が早い。これくらいのスピード感で都政の問題にも取り組んで欲しいものだ。


(4)「北朝鮮「最終手段辞さず」=安保理決議に反発、米をけん制」(時事通信 2017/8/7)
----
 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮は7日、政府声明を発表し、国連安保理で新たな制裁決議が採択されたことについて、「全面排撃する」と強く反発した。その上で、「米国がわれわれを圧殺しようとする無謀な試みをやめず、軽挙妄動するならば、いかなる最終手段もちゅうちょしない」と警告し、米国の圧力強化に対してさらなる軍事挑発を示唆した。<中略>
 また、北朝鮮に対する「米国の極悪な犯罪の代価を1000倍で清算する」と強調。米国の核の脅威が続く限り、核については交渉せずに核戦力を強化するとし、制裁決議で米国に加担した国々(注2)も「朝鮮半島情勢(の緊張)を激化させ、地域の平和と安全を危うくした責任を逃れられない」と非難した。(2017/08/07-18:05)
----

(注2)「国連安保理、北朝鮮制裁決議を採択 ロシア・中国も賛成」(日経新聞 2017/8/6)

●金正恩委員長は、米国・日本・韓国だけでなく中国・ロシアも敵に回すつもりだろうか。ICBM実験成功に気を良くして、完全にハイになっているとしか思えない。



ニューストピックス
トラックバックURL: http://abmt.blog.fc2.com/tb.php/551-5b0e3f3f