Welcome to my blog

51%の真実

Article page


トランプ氏「正恩氏は賢い選択をした」&成人年齢改正後も公営ギャンブルは禁止

(1)「トランプ氏「正恩氏は賢い選択をした」 対立回避を示唆」(朝日新聞 2017/8/16)
----
 トランプ米大統領は16日、自身のツイッターで「北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は非常に賢く、非常に筋の通った選択をした。別の選択をすれば、破滅的で容認できない事態になっただろう」と述べた。米国と北朝鮮の対立が避けられたことを示唆した。<中略>
 ただ、正恩氏は「軍事衝突を防ぐなら、米国が先に正しい選択をして行動で見せなければならない」とも主張。米国は21日から韓国と合同軍事演習を行い、核・ミサイルに対抗する態勢を強化する予定。演習が始まれば、北朝鮮が武力挑発などを行う恐れもある。(ワシントン=土佐茂生)
----

●トランプ大統領のツイッターでの発言は、駆け引きよりは本音が垣間見えることが多いと思う。「別の選択をすれば、破滅的で容認できない事態になっただろう」は、まさに本音だと感じる。

●安倍首相は日本国民の利益を最優先で考えるなら、21日からの米韓合同軍事演習に向けて北朝鮮が武力挑発などを行うことが無いように、あらゆる外交手段をもって努力しなければならない。ここまでは米国に追従する姿勢だけで、まったく何も出来ていないと思う。


(2)「ギャンブル年齢、20歳以上…成人年齢改正後も」(読売新聞 2017/8/14)
----
 成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正が行われた場合の対応で、若者のギャンブル依存症などの危険性を考慮し、現行の禁止年齢が適切だと判断した。政府は成人年齢を引き下げる民法改正案を秋の臨時国会に提出する考えで、公営ギャンブルの禁止年齢を据え置く法案も一緒に提出したい考えだ。
 国内では現在、競馬、競輪、競艇、オートレースの4競技が公営ギャンブルとして認められている。公営ギャンブルは競馬法、自転車競技法など競技別に設けられた根拠法によって、未成年者は馬券や車券を購入したり、譲り受けたりすることが禁じられている。パチンコはこれとは別で、現行の風俗営業法で18歳から利用できることになっている。<後略>
----

●成人年齢を20歳から18歳に引き下げるなら、公営ギャンブルの禁止年齢を据え置くなど中途半端なことはすべきでないと思う。(ただし、高校卒業まで禁止という例外は残した方が良いかもしれないが。)

●同時に結婚年齢に関する法律も見直して、18歳で男女とも統一した方が良いのではないだろうか?



スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

北朝鮮有事 成人年齢引き下げ 公営ギャンブル

1 Comments

山田  

酒・煙草は20歳以上に据え置く方針。結婚年齢の男女統一構想は94年にも計画されていた

酒・煙草については民法改正後も20歳以上に据え置くようです。

パチンコ店は現在は満18歳の高校生は卒業するまで立入禁止ですが、
民法改正後は18歳の誕生日を過ぎていれば高校生も入店可能になるようです。

どうやら学年単位(4月1日基準)から当日単位にシフトしているようです。

2009年5月には15歳未満視聴禁止映画の日基準が4月1日基準から公開日当日基準へ変更されていますから。

2016年7月10日の第24回参院選・鹿児島県知事選etcでは当時の高校3年生でも1998年7月11日以前生まれは投票でき高校生でも模擬投票が行われました。

知事選挙で高校生を含む18歳投票が実施されたのは、
鹿児島、東京、岡山、富山、新潟、栃木、
岐阜、千葉、秋田、兵庫の各都府県
(2017年1月の山形県知事選は無投票)、
その他の主要地方選挙は
宇都宮市長、北九州市議、静岡市議、名古屋市長、富山市長・市議、松江市長・市議、さいたま市長、千葉市長、岡山市長、東京都議、奈良市長・市議、仙台市長、横浜市長。

衆院は2016年10月23日に福岡6区・旧東京10区補選で高校生を含む18歳投票が行われましたが、
その他はおそらく2017年10月22日と想定される第48回衆院選で初めて実施予定です
(衆院選新有権者は1994年12月16日~1999年10月23日生まれと想定)。

男性18歳から、女性16歳からとなっている結婚年齢を18歳からに統一する構想は1994年に村山政権で検討されましたが阪神淡路大震災で先送り、
96年に橋龍政権でも検討されましたが先送りされました。
もっと昔は池田首相時代の1962年秋の臨時国会でも議論されたようですが。

政府は大阪舞洲万博が予定されている2025年までに男女の結婚年齢統一(満18歳から)を行うでしょう。

2025年4月1日には女性は16・17歳の結婚ができなくなり
(2009年4月2日以降生まれから)、
男女とも18・19歳での結婚について両家の両親承諾書記入が不要になろう
(2007年4月2日以降生まれ)。

2017/08/17 (Thu) 09:49 | EDIT | REPLY |   

Post a comment