Welcome to my blog

51%の真実

Article page


金正恩らの中国逃亡計画&高校生平和大使&茨城知事選情勢&民進党代表選

(1)「元公使、金正恩らの中国逃亡計画を暴露=英紙」(REUTERS 2017/8/22)
----
*17:22JST 元公使、金正恩らの中国逃亡計画を暴露=英紙
 昨年7月韓国に亡命した元北朝鮮外交官の太永浩(テ・ヨンホ)氏はこのほど、英メディアに対して、金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長は米国などの暗殺行動から逃れるため、すでに中国逃亡計画を策定したと述べた。
 英紙・エクスプレス電子版(20日付)は、太永浩・元北朝鮮駐英公使は脱北後に、金正恩の逃亡計画情報を英米情報機関「軍情報部第5課(MI5)」と「中央情報局(CIA)」に提供したと報じた。
 同計画では、金正恩が中国に逃亡する際、妻の李雪主(リ・ソルジュ)のほかに、北朝鮮軍の金絡謙(キム・ラクキョム)戦略軍司令官とミサイル開発キーパーソンの一人である金正植(キム・ジョンシク)が同行するという。<中略>
 また、金正恩らが中朝両国の国境にある鴨緑江の中国側に入った後、引き続き「米軍への戦闘を指揮していく」。
 金正恩らが逃亡に備えて、2機のプライベートジェット機を24時間待機させている。金正恩は妻の李雪主と金正植と別々の飛行機に乗り込む計画だ。<中略>
 今年初め、太氏は韓国メディアの取材で、金正恩政権に対する北朝鮮国民の不満が高まり、同政権が間もなく崩壊するだろうと発言した。また、金正恩政権が存在する限り、北朝鮮は核・ミサイル開発を続けるため、国際社会が対話だけでは北のミサイル問題を解決できないとの見解を示した。
(翻訳編集・張哲)
【ニュース提供・大紀元】
----

●太永浩(テ・ヨンホ)氏の発言は、非常に興味深いし真実味がある。金正恩委員長がここまで強気な態度でチキンレースをリードできた理由は、この「中国逃亡計画」にあるのかもしれない。もし米国への挑発が行き過ぎて戦争になってしまったとしても、自分だけは安全な土地に逃亡しそこから戦争を指揮するつもりでいたのなら、これまでのクレイジーな挑発にも納得がいく。しかし、そうそううまく事が運ぶだろうか?

●金正恩委員長は祖父の金日成国家主席への尊敬の念が非常に強いと思う。祖父と肩を並べる為に、自分の実力を国民に見せつけ神格化する為に、ミサイルや核兵器の開発と米国への挑発を推し進め非常に無理をしていると感じる。

●「金正恩政権が存在する限り、北朝鮮は核・ミサイル開発を続けるため、国際社会が対話だけでは北のミサイル問題を解決できない。」という見解は、非常に重い発言だ。9/9を無事に通過したとしてもその後も緊張は継続され、時間が経てば経つほどリスクだけが高くなっていく。ジレンマだ・・・


(2)「トランプ氏、北朝鮮の金委員長は米国を「尊敬し始めている」と発言」(AFP BB NEWS 2017/8/23)
----
【8月23日 AFP】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は22日、アリゾナ(Arizona)州フェニックス(Phoenix)で開かれた集会で演説し、その中で金委員長が米国を「尊敬し始めている」と発言した。
 一方、レックス・ティラーソン(Rex Tillerson)米国務長官もこれに先立ち、北朝鮮が国連安全保障理事会(UN Security Council)による新たな制裁決議以降はある程度自制していると評価し、同国との「近い将来」の対話に含みを持たせる発言を行っていた。
 トランプ氏は多数の支持者が集まった会場で、自身の攻撃的な言い回しが実を結び始めていると自賛。「(自分の発言が)きつ過ぎるという人もいる。十分にきついとは言えない」「金正恩は米国を尊敬し始めていると思う。その事実を大いに尊重する」と話した。さらに「もしかしたらそうでないかもしれない。しかし何かしら前向きなことが起き得る」と語った。<後略>
----

●トランプ大統領と米国は、できる限り北朝鮮有事の勃発は避けたいと考えていると思う。そしてその考えを完全に金正恩委員長に読まれていると感じる。やはり北朝鮮有事は、金正恩委員長がどのような行動を取るかにかかっていると思う。


(3)「高校生平和大使が抱負  あす訪欧、署名提出やスピーチ」(読売新聞 2017/8/18)
----
 核兵器廃絶を求める署名を国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)に届ける第20代高校生平和大使3人らが17日、訪欧を前に長崎市役所を訪れ、田上富久市長に抱負を語った。<中略>
 被爆者の谷口稜曄さん(88)の被爆体験をスピーチするという溝口さんは「入院中の谷口さんから『頑張ってきてください』と声をかけられた。その言葉を胸に、核兵器廃絶や平和な世界の実現を訴えてきたい」と意気込んでいた。
 一行は19~25日に訪欧。現地時間の22日午後、国連欧州本部軍縮部を訪れて、署名の提出やスピーチを行う予定。
----

(4)「【報ステ】高校生平和大使 今年は発言できず」(テレ朝news 2017/8/21)
----
核廃絶を求める署名を国連の軍縮局に届けるため、高校生平和大使が19日、スイス・ジュネーブへ向かった。この3年間は「軍縮会議」にも出席し、日本政府代表団の席から核廃絶を訴える機会もあったが、今回は高校生の演説が認められなかったことがわかった。外務省は、軍縮会議は「政府間の協議の場」であるとして、他国から高校生の出席を問題視する声があったとしている。
----

●18日には”読売新聞”でさえ高校生平和大使が核兵器廃絶のスピーチをすると報道していたのに、翌日の19日には地方紙が「高校生平和大使演説見送り」を一斉に報道していた。

●今回の処置と、外務省の「他国から高校生の出席を問題視する声があった」という言い訳は、政府への「忖度」があったとしか思えない・・・


(5)「橋本氏と大井川氏競る 茨城知事選情勢」(東京新聞 2017/8/22)
----
 共同通信社は十九、二十両日、任期満了に伴う二十七日投開票の茨城県知事選で電話調査を実施し、取材を加味して情勢を探った。現職最多となる七選を目指す橋本昌(まさる)氏(71)と経済産業省出身で元IT企業役員の新人大井川和彦氏(53)=自民、公明推薦=が激しく競り合う展開となっている。NPO法人理事長の新人鶴田真子美(まこみ)氏(52)=共産推薦=は厳しい。
 ただ、三割がまだ投票先を決めておらず、情勢は変化する可能性がある。
 橋本氏は自民党支持層の四割強、民進党支持層の五割弱に浸透している。「支持する政党はない」とする無党派層からも四割近くの支持を得ている。
 大井川氏は自民党支持層の五割弱、公明党支持層の六割強を固めているが、無党派層は二割強の支持にとどまっている。<後略>
----

●一般的な新聞の書き方のルールから考えると、橋本氏の方がちょっとだけ優位なのだろうか?


(6)「前原氏「小池新党」と連携模索=枝野氏は野党共闘継続-民進代表選」(時事通信 2017/8/23)
----
<前略>
 次期衆院選への対応に関し、前原氏は共産党との候補者調整に否定的な考えを重ねて示す一方、「自由党や社民党との調整を行わなければいけない」と述べた。
<後略>
----

●前原氏の考え方はもう支離滅裂だ。これが論理的思考からの結論だとしたら、民進党の再生には見切りをつけ、自分が野党再編のキーマンになりたいと思っているとしか考えられない・・・



スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

北朝鮮有事 金正恩 中国逃亡計画 トランプ大統領 高校生平和大使 茨城知事選情勢 民進党代表選

1 Comments

山田  

茨城県知事選

茨城県は296万人、
これは隣接する埼玉県(730万人)や千葉県(630万人)の半分にも満たないが
全国47都道府県で静岡県(365万人)に次いで11位を誇ります。

関西圏3位の人口を有する京都府よりも人口が多く、
東北地方・甲信越北陸地方・中国四国地方には茨城県を上回る人口を有する県はありません。

茨城県といえば自民党の牙城であり、
首相は輩出したことはないが梶山や額賀といった大物政治家を輩出しました

2017/08/25 (Fri) 08:08 | EDIT | REPLY |   

Post a comment