FC2ブログ

Welcome to my blog

北朝鮮へ軍事攻撃の可能性&再びミサイル発射と核実験の兆候&民進党新幹事長人事

B4

B4

(1)「北に再びミサイル発射の兆候 ICBM級か 韓国国防省」(テレ朝news 2017/9/4)
----
3日、6回目の核実験を強行したばかりの北朝鮮が新たに弾道ミサイルの発射準備を進めていると韓国国防省が明らかにしました。ICBM(大陸間弾道ミサイル)級の可能性があるということです。<中略>
さらに、北朝鮮は3日の核実験と別の坑道を使って、7回目の核実験がいつでも可能だということです。韓国軍は監視態勢を強化し、警戒を続けています。
(C) CABLE NEWS NETWORK 2017
----

(2)「米国、今月20日に北朝鮮へ軍事攻撃の可能性…北朝鮮、来年中に核搭載ICBM配備完了か」(Business Journal 2017/9/4)

(3)「北朝鮮を取り巻く情勢をこう考える」(闇株新聞 2017/9/5)

●ICBMの発射準備は国連安保理の決議に対する反発で、今日9/5(火)か明日にも発射される可能性が有るように思う。そうすると、7回目の核実験は9/9(土)辺りだろうか?

●このまま戦争になってしまうのか否かについては両論があるが、(2)と(3)を読むと(2)(3)の方が説得力があると思う。しかし私は、有事の可能性も考慮して準備しておくべきとも感じている。

●トランプ大統領やマティス長官が、軍事オプションをちらつかせている間は絶対に戦争は起こらない、もし攻撃するならそんな話はしないはずだという意見は最もだが、北朝鮮の裏をかくなら、この状況で攻撃するのが奇襲としては一番良いタイミングという事にもなる。

●軍事オプション行使でも、北朝鮮の核保有を認めて対話に入るにしても、どちらも日本にとっては苦難の道だ・・・


(4)「独自:民進・新幹事長 大島氏で最終調整」(日テレNEWS24 2017/9/4)
----
 民進党の新たな幹事長について、前原新代表は内定していた山尾志桜里・元政調会長から一転、大島敦元総務副大臣に入れ替える方向で最終調整していることが日本テレビの取材で明らかになった。
 党の要、幹事長人事をめぐって前原代表は、次期衆議院選挙の「顔」として党内きっての女性論客で当選2回の山尾氏に就任を打診し、内諾を得ていた。しかし山尾氏を選挙の地方応援に行きやすくすることや依然、党内には離党を模索する議員がいて党内をまとめる難しさなどを考慮して、山尾氏と代表代行に内定していた大島氏のポストを入れ替えることで最終調整しているという。<後略>
----

●私も山尾志桜里氏に幹事長は荷が重いと思っていたので、これは良い方向ではないだろうか。

●枝野氏は代表代行を受けた方が良いと思っている。保守右派に党運営をいい様に操られるのを食い止める役割と共に、この先で民進党が分党する可能性も見据えて、少しでも交渉を有利に進められる余地を残しておくという意味でも。



スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply