Welcome to my blog

51%の真実

Article page


解散総選挙について、そしてこれから・・・

Category - 選挙
 昨日9/17(日)のテレビ・ネット・新聞は、安倍首相が臨時国会での衆院解散を決断したというニュースで溢れていた。

 今日のエントリーで言いたい結論から先に書くと、臨時国会冒頭解散が実施され10/22か10/29に投開票となり、トリプル補選は取り止めとなる可能性が非常に高いと私も思う。(できるだけ政治空白期間を短くした10/22の方が国民への説明もしやすいか?)

 もし行われない可能性があるとしたら、9/28までに北朝鮮有事が勃発する場合だけで、この可能性はほとんど無いと思われる。

 このブログを開始してから、あれほど解散総選挙予測に拘って来たのに、最後の最後で読みを外してしまったのは痛恨の極みだ・・・

 解散総選挙に関する各新聞社の記事で、私が最も納得したのは奇しくも産経新聞の記事であった。

(1)「安倍晋三首相、衆院解散を決断 10・29衆院選が有力 北朝鮮情勢の緊迫化で方針転換 「安保法制の意義問い直す」 創価学会も緊急幹部会」(産経ニュース 2017/9/17)
----
 安倍晋三首相は、28日の臨時国会召集から数日以内に衆院を解散する方針を固めた。11月上旬にトランプ米大統領の来日が予定されていることから、衆院選は10月17日公示-10月29日投開票が有力だが、10月10日公示-10月22日投開票となる可能性もある。首相は今月18~22日に訪米するため、帰国後に政府・与党で最終調整する構え。<中略>
 首相は当初、来年の通常国会で、9条への自衛隊明記を柱とした憲法改正を発議し、来年12月13日の衆院任期満了を前に、国民投票と衆院選を同時に実施する考えだった。
 ところが、北朝鮮が核・ミサイル開発を加速させ、米朝関係が緊迫化した。トランプ大統領は「軍事行動は間違いなく選択肢に含まれる」と明言しており、年末以降に事態はさらに悪化し、かつ長期化する公算が大きくなった。
 このため、首相は「このままでは解散のチャンスを失いかねない」と判断した。また、万一の有事に備えて、自公政権が成立させた安保法制や対北朝鮮政策の意義を国民に問い直すとともに、日米同盟のさらなる強化を訴える必要があると考えたという。<中略>
 衆院青森4区、新潟5区、愛媛3区の3補欠選挙が10月10日告示-22日投開票で予定されているが、投開票日までに解散すれば、衆院選に吸収される形で無効となる。
 首相は8月下旬から今秋の解散を内々に模索してきた。今月10日には麻生太郎副総理兼財務相と私邸で、11日には二階俊博幹事長、山口那津男公明党代表と首相官邸でそれぞれ会談し、政局情勢について意見交換した。
----

 私は北朝鮮問題の展開と、それが解散総選挙に与える影響を完全に見誤ってしまっていた。

 8月から先週までに、解散総選挙に関して以下の様に書いている。(※代表的な2つのエントリーを引用する。)

●8/18のエントリー「民進党代表選情勢&解散総選挙&北朝鮮問題&米軍制服組がトランプ大統領批判

 ちなみに早期解散については、北朝鮮問題が片付かない限り絶対に無いだろうと思う。有事の際に内閣は維持され、安倍首相が総理大臣として指揮できるとしても、ほとんどの衆院議員はただの人になってしまい、参院だけで意思決定するような事態はなるべく避けたいだろうし、もし解散後に戦争になってしまったらいつ総選挙ができるかも判らない。そんな万が一の状況も考慮すると、やはり今年いっぱいは難しいのではないだろうか?

●9/11のエントリー「TBSと日テレの世論調査結果に思う

 まあ10/22の結果が全勝で北朝鮮情勢に目途が付けば、年末(もしくは年初)の解散総選挙もあり得るだろう。その確率は1%から少しずつ高まって来てはいると思う。


 先週の時点で、10/22のトリプル補選は必ず行われ、臨時国会の冒頭解散は絶対に行われない、ただ年末の解散総選挙の可能性は出てきていると考えていた。

 その根拠は、10/18(水)に開始される「中国共産党第19回党代表大会」で第2期習政権が成立した以降に、もしかしたら北朝鮮情勢が急展開で解決する可能性があるかもしれないと考えたからだ。

 しかしこの時、実は「喉の奥に小骨が刺さるような違和感」を少しだけ感じていた。

 それは、もし「急展開で解決することなく、年末以降に事態はさらに悪化し、かつ長期化して来年の12月まで続いていたとしたらどうなるのだろう」という事だ。

 私の論理でいけば、結局任期満了まで解散を打てなくなるという事だ。そして任期満了になれば、北朝鮮情勢がどうなっていようと、憲法上は総選挙を行わざるを得ない。

 内閣支持率が回復してきているとはいえ、任期満了まで解散が打てないとなれば、内閣支持率がこのまま維持できる可能性はあまり高くない。だとすれば出来るだけ早く遅くとも年末までに解散するのが、安倍首相にとっては一番良いという事になる。

 もし北朝鮮問題がなければ、臨時国会冒頭解散しか有り得ないと思ってはいた。

 しかし昨日のニュースを見て、実は北朝鮮情勢が長期化する様相を見せていたことが、10月中の北朝鮮有事の可能性を低くし、逆に臨時国会冒頭解散を後押ししてしまったのだということに気が付いて、「喉の奥に刺さっていた小骨」がきれいに取れてしまった。

 たとえミサイルが飛んだり核実験があったとしても、10月末くらいまでは米国が北朝鮮への攻撃を仕掛ける準備も中国を説得する時間も足りないだろう。しかし、それ以降は万が一の可能性が少しずつ高まっていく。

 まさに臨時国会での冒頭解散が、いつのまにか安倍首相が解散できる最後のチャンスになっていたのだ。

 最後の最後で読みを外してしまう、まさに私の「詰めの甘さ」が出てしまった結果であった・・・


p.s.1

 それにしても、安倍首相に最も貢献しているはずの読売新聞の解散総選挙に関する記事が、以下のように他のどの新聞よりもあいまいな内容だったのは、皮肉な結果であったと思う。

(2)「早期解散論、与党に浮上…竹下氏「遠くない」」(読売新聞 2017/9/17)
----
 衆院議員の任期満了まで残り1年3か月を切るなか、与党内で早期の衆院解散論が浮上している。
 学校法人「加計かけ学園」問題などの影響で落ち込んだ内閣支持率も回復。離党者への対応に追われる民進党や、小池百合子東京都知事と連携する若狭勝衆院議員や細野豪志・元環境相らによる新党結成の準備が整う前に衆院選に踏み切った方が得策だとの見方が広がっているためだ。
 自民党の竹下総務会長は16日、徳島市内で講演し、解散について「最終的に安倍首相がどう考えるかにかかっている。そうは言っても『そう遠くないな』という思いは全ての衆院議員が持ち始めている」と述べた。<後略>
----


p.s.2

 昨日のエントリー「ひとりごと20170917 ~鋼の森と無意識の差別~」で、以下の様に書いたが、実は長くても今年いっぱいかなと感じていた。9/16の夜に書いていたのだが、なんとなく予感めいたものがあったのかもしれない。

 そして、自分よりも若い世代の子たちが考える為のサンプルになる様に、ぞの時その時に自分が感じた正しいと思うことを、もう少しだけ書き続けようと思う。

 もともと次期衆院選で安倍政権を退陣に追い込めなければ(、もしくは憲法改悪を阻止できない状況になれば)、長期休養かブログ停止にしようと決めていた。多分なんとなくその時が近いと感じていたのだ。

 結局、世の中のうねりには逆らえず、2017/3/4のエントリー「安倍首相に神風は吹くか? ~アッキードからアベンドスキャンダルへの微妙な障害~」で書いた以下の予測だけが当たってしまったという事になりかねない・・・

 万が一の最悪ケースとして、”森友学園問題”が迷走しているうちに安倍首相に”神風”が吹いて、起死回生で息を吹き返し第4次安倍内閣が誕生していたなんて悪夢も、まったくあり得ない話ではないと感じる。

 最後のお願いになるが、民進党の前原代表には代表選の時の発言に捕らわれず、国民の為に共産党との選挙区の候補者一本化調整をして欲しいと心から願っている。

 そうすれば、安倍政権退陣は無理だとしても憲法改悪だけは避けられる可能性が微かに出てきて、このブログを11月以降も続けている可能性が、もしかしたらほんの少しだけあるかもしれない。


p.s.3

 PC向けブログのテンプレートをデコイ(Decoy)に変えました。来年の1月に変更しようと思って準備していたものです・・・



スポンサーサイト

Category - 選挙

解散総選挙

2 Comments

山田  

いよいよ

第48回衆院総選挙はやっぱり2017年10月下旬に。

公選法改正で廃止が決定した青森4区の木村太郎氏の死去で解散総選挙は10月下旬と予想しましたが、予想通りです。

解散すれば旧青森4区・新潟5区・愛媛3区の補選がなくなるからです
(同時に青森県の小選挙区数は3へ減る)。

旧青森4区補選候補者だった木村氏の弟は新・青森3区の候補者になり、
旧青森2区の江渡氏が比例東北へ回ることになります。
木村氏の地盤は日本海側の津軽地方
(国道7号沿線。松森町議で話題の板柳町は旧青森4区)、
江渡氏の地盤は太平洋側の南部地方
(国道4号・国道45号沿線)
であり、
同じ青森県でも津軽地方と南部地方とでは別の県かと思うくらい文化圏も方言も異なるから当然でしょう。

2017/09/18 (Mon) 17:09 | EDIT | REPLY |   

B4  

Re: いよいよ

山田さん、コメントありがとうございます。

解散総選挙は、山田さんの予測通りの結果になりましたね。

> 第48回衆院総選挙はやっぱり2017年10月下旬に。
>
> 公選法改正で廃止が決定した青森4区の木村太郎氏の死去で解散総選挙は10月下旬と予想しましたが、予想通りです。
>
> 解散すれば旧青森4区・新潟5区・愛媛3区の補選がなくなるからです
> (同時に青森県の小選挙区数は3へ減る)。


おそらく10/22投開票が本命だと思いますが、この日は日本の未来が決まる日になると思います。
これまでのように、受け皿がないからとか自分が投票しても変わらないからとかいう理由で、投票率が40%なんかになったら目も当てられません。

どういう結果になるにしても、投票率が最低55%以上(できれば60%以上)であれば、私も甘んじて受け入れようと思いますが、それよりも低かったら悔やんでも悔やみきれません。

明日からは、投票率アップキャンペーンに注力したいと思っています。

2017/09/18 (Mon) 18:35 | REPLY |   

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  小池新党、鳩山家と連携か~邦夫とポン友で次男の選挙応援。長男は若狹塾に+10月選挙の可能性大?
  • 頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も!           ・・・足場を固めて、着実に前進を!よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m  【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   【北朝鮮ミサイル+Jアラート&その後の騒動のせいで、毎日録画しているひよっこが1日分...
  • 2017.09.19 (Tue) 06:33 | 日本がアブナイ!