Welcome to my blog

51%の真実

Article page


テレビは死んでしまったのか?(今回の参院選の報道姿勢から考えてみる)

※この記事は「日本がアブナイ!」さんに 2016/7/11に投稿したコメントを転載しました。

 今回の参院選に関するテレビの報道姿勢には心底落胆し軽蔑してしまった。それに引き換えネットでの取り組みは非常に頑張っており、今後に大いに期待が持てる物であった。

 「
池上無双は選挙前にやるべきだ 政権におびえる、無難なジャーナリズムこそ問題だ」に同意で、私もテレ東を中心に選挙特番を見ていたが、池上氏の突っ込みにも何だかなぁという気持ちが先に立ってしまった。

 2016/7/10はテレビが自殺し、本当の意味でネットがメディアの覇権を握るキッカケになった日だと感じた。7/10は「納豆の日」ではなく、「ネットの日」と呼びたいくらいだ。まだまだネットには改善すべき点が多々あるが、今後優秀な人はどんどんネットに流れ加速度的に改善されていくと思う。いつまでテレビが一番のメディアでいられるか見ものである。
Commented by B4 at 2016-07-11 17:59


スポンサーサイト

Category - 日本がアブナイ!

テレビ 自殺

0 Comments

Post a comment