Welcome to my blog

51%の真実

Article page


民進党が自由党との合流提案へ、解党して希望の党合流論も&小池の戦略&沖縄

【宣誓】 本ブログでは「次期衆院選の投票率アップキャンペーン」を推進しています!!!

(1)「民進党が自由党との合流提案へ 前原氏が意向固める」(FNNビデオPost 2017/9/26)
※全文を延期させて頂きました。
----
28日の衆議院の解散を前に、民進党の前原代表が、28日の両院議員総会で、自由党との合流を提案する意向を固めたことが明らかになった。
民進党は、28日の臨時国会召集日に両院議員総会を開く予定で、前原代表はこの議員総会で、10月の衆議院選挙に向けて自由党と合流することを提案し、代表一任を取りつける考え。
前原氏は24日、自由党の小沢共同代表と会談し、民進党と自由党を軸とした野党勢力の結集が必要だとの認識で一致している。
さらに、近く、希望の党の小池代表とも会談し、野党再編を呼びかける考え。
しかし、党内では反発が強く、執行部の一部が「役職辞任も辞さない」との構えを示しているほか、衆院選後の分党も視野に入れ、準備を進めている議員もいる。
----

(2)「「壊滅する」党内に危機感 共産か希望か…悩む民進」(テレ朝news 2017/9/26)
----
<前略>
 小池氏が前面に出てきたことで、民進党の若手からは党を解党して「希望の党」と合流するべきだという解党論も飛び出しています。
 民進党・玉木前幹事長代理:「既存の政党は少なくともすべて一度、解党して、法的な解党をして、合併新党に結集すると。民進党も含めて解党すると」
 さらに、民進党幹部の間でも「このままだと民進党は壊滅する」として、「希望の党との連携姿勢を明確にするべきだ」という声が強まり始めています。
<中略>
その「希望の党」ですが、小池知事は連携の条件に「保守であること」と述べていて、ある関係者は「民進党まるごとと連携はあり得ない」と否定的です。
<後略>
----

●マスメディアの希望の党の取り上げ方を見ていると、まんまと小池都知事の術中に嵌められてしまったと感じる。希望の党が選挙後にどのくらいの勢力になるかは未だわからないが、第二政党になる可能性も出てきてしまった。そして民進党の消滅はほぼ確実だろうと感じる・・・

自由党の議員情報を見ると、衆院2人(小沢氏と玉城氏)と参院5人の勢力で、合流の効果がどれくらいあるかはわからないが、取りあえず生き残る為には藁にも縋るしかないのだろうと感じる。(それ自体は許容するしかない。小沢氏の合流だけはどうしても納得はいかないが・・・)

●参院での自由党の議席(もしくは野党の議席)が減らないならば、自由党の参院議員の衆院への鞍替え出馬も有りかもしれない。

●前原氏と小沢氏は合流してから希望の党との連携を、玉木氏を中心とした若手議員は小池都知事の意向に沿って、民進党を解党して希望の党への合流を模索しているようだ。どちらにしてもこれまでの解散総選挙予測のエントリーで書いて来た、最悪のシナリオに向かって進んでいることは間違いない・・・


(3)「小池百合子都知事「首相指名は公明・山口那津男代表がいい」」(産経ニュース 2017/9/26)
----
 国政政党「希望の党」の代表に就いた小池百合子東京都知事は25日夜のフジテレビ番組で、10月の衆院選後に国会で行われる首相指名について「(公明党の)山口那津男(代表)さんがいいと思う」と述べた。
 小池氏は自身の衆院選出馬を否定しているが、自民、公明両党の連立政権や選挙協力にくさびを打ち込む狙いがあるとみられる。<後略>
----

(4)「公明党が激怒…小池百合子氏の「首相指名選挙は山口那津男さんがいい」発言」(産経ニュース 2017/9/26)
----
<前略>
公明両党による選挙協力の分断とみられるが、露骨な秋波に公明党側は「冗談ではない」と怒り心頭だ。
<中略>
 長年培ってきた「選挙区は自民、比例は公明」という自公協力。それに比べて組織票を持たない希望の党との連携は、比例票が上積みされるわけでもなく、「見返りは何もないから国政での連携はあり得ない」(党関係者)という事情もある。
<中略>
 小池氏にしてみれば、公明党の急所を突く「抱きつき」戦術で、自公関係にくさびを打ち、都政と同じように国政でも連携を模索する狙いがあったようだが、結果は逆効果だった。公明党の怒りを買い、むしろ自公両党が結束を固める方向に作用した。
<後略>
----

●7/4のエントリー「都F圧勝から今後の国政を占う ~自民/国ファ?/民進/解散総選挙~」で書いた、解散総選挙予測や安倍政権の行方は外れてしまったが、小池都知事が公明党引き剥がしを画策するだろうという予測だけは間違っていなかった。

●今のところ公明党にメリットは無いので不快感を示しているが、衆院選後の希望の党の勢力次第では公明党が小池都知事と手を握る可能性も大いにあると思う。自公希の連立政権も有り得ると思う・・・


p.s.

(5)「「ニュース女子」で批判のMX、30日に再取材番組」(朝日新聞 2017/9/26)
----
 1月に沖縄の米軍基地反対運動について伝えた番組「ニュース女子」について「事実の裏付けが不十分だ」などと批判されている東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)は26日、報道特別番組「沖縄からのメッセージ 基地・ウチナンチュの想(おも)い」を30日夜に放送する(注1)と発表した。<後略>
----
(注1)「TOKYO MX News Release TOKYO MX報道特別番組 『沖縄からのメッセージ~基地・ウチナンチュの想い~』 」(TOKYO MX 2017/9/26)

●やっと放送されるのか。大作になったようなので、じっくりと見させてもらい感想をエントリーしたいと思う。



スポンサーサイト

Category - ニューストピックス

解散総選挙 民進党 希望の党 東京MX ニュース女子

2 Comments

山田  

維新、希望の党との連携模索か

日本維新の会代表の松井大阪府知事は考え方が近い希望の党との連携or統一名簿化or合併を模索か。

気になります。

名古屋市生まれ愛知7区在住ですが、大阪市淀川区(大阪5区)に住んでいたことがあり関西地区の選挙事情に詳しいです。

京都府南部は民進がまだまだ強いが、
大阪府・兵庫県では維新の台頭で民進は風前の灯火です。

しかし、希望の党設立で
民進党北陸・東海・近畿地区連絡会
(大阪市北区。管轄地域は北陸・静岡県を除く東海・近畿の2府10県)
は、
近畿2府4県全47選挙区のうち公明党6選挙区を除く41選挙区にて
維新の党候補者との1本化の意向のようです。

下記の6選挙区については公明党vs共産党の一騎討ちになりそうです。

大阪3区(住之江区等)、
大阪5区(淀川区等)、
大阪6区(守口市等)、
大阪16区(堺市北区等)、
兵庫2区(神戸市北区等)、
兵庫8区(尼崎市)。

「伊穀戦争」が長年続く京都1区(下京区等)は自民vs共産の一騎討ちの可能性も。

奈良1区(奈良市の大半、生駒市)で維新は民進の馬渕元国土交通大臣に譲り、
維新候補者の吉野氏は民進の候補者が決まらない奈良3区(橿原市、大和高田市等)に譲りそうな気が。奈良3区には奈良県の面積の6割を占める吉野郡があります。

公明党は希望につくか自民につくかが気になります。

小池知事がもし首相になれば、東京都知事選に橋下氏出馬の噂もあります。

橋下氏が希望の党に入党の可能性はあります。

だが、知事経験者は他都道府県知事になれないジンクスがあります。

1947年4月に知事が公選制になって以来、2都道府県で知事を経験した人はいません。

東国原前宮崎県知事、
松沢参院議員(前神奈川県知事)、
増田前岩手県知事
は過去に東京都知事選で落選しています。

2017/09/27 (Wed) 17:58 | EDIT | REPLY |   

B4  

Re: 維新、希望の党との連携模索か

山田さん、コメントありがとうございます。

色んな情報が次々に飛び込んできて、10/10(火)までに一体どんな形で落ち着くのか、まったく予想できません。
ただ、民進党は前原氏を代表に選出したのが致命的だったという事になりそうです。前原氏に投票した多くの人は、自業自得なので仕方がないですね。まあ、希望の党に推薦して貰いたくて実際に推薦してもらえた人だけは、逆にラッキーだったと思うのかもしれませんが・・・
本当に民進党を立て直して頑張ろうと思っていた人たちが、一番の犠牲者でしょう。


> 日本維新の会代表の松井大阪府知事は考え方が近い希望の党との連携or統一名簿化or合併を模索か。
> 気になります。

維新とは候補者の譲り合いで一本化を目指すと思います。


> 公明党は希望につくか自民につくかが気になります。

公明党は少なくとも選挙期間中は絶対に自民党につくでしょう。選挙後の希望の党の人数によっては、希望に乗り換える可能性もあるとは思います。自民党が第一党として残っている限りは、自公連携は崩れないでしょう。

ただし今回の衆院選で、希望は公明の候補者がいる選挙区には、対抗馬は立てないと思います。


> 小池知事がもし首相になれば、東京都知事選に橋下氏出馬の噂もあります。
> 東国原前宮崎県知事、
> 松沢参院議員(前神奈川県知事)、
> 増田前岩手県知事
> は過去に東京都知事選で落選しています。

民進党の前原代表のご乱心により、小池都知事が都政を放り出して今回の衆院選に出馬する可能性が50%以上になったと思います。今週末の世論調査や都議会終了から10日までの国民の期待度の高まりを慎重に見極めて、5日以降に出馬宣言する可能性はかなりあると思います。
その時に、後継者に誰を考えているのかが非常に重要ですが、全くわかりません。橋下氏は嫌ですね。まさかの小泉氏とか?

2017/09/27 (Wed) 22:19 | REPLY |   

Post a comment