Welcome to my blog

51%の真実

Article page


テレビ番組の感想4(民放編3)

(1) 「ゴゴスマ -GO GO!Smile!」  TBS系列局 毎週月 - 金 13:55~
----
<出演>
メインキャスター石井亮次、アシスタント古川枝里子、コメンテーター東国原英夫 (金曜日)(補足1)他多数
<内容> Wikipediaと番組HPより引用
CBCテレビの制作により、一部のTBS系列局で放送中の情報ワイド番組。今日知っておきたいニュースや芸能情報など、「今話題になっていること」をわかりやすく伝えていく。
----

前回の「羽鳥慎一モーニングショー」の羽鳥アナと比較して、石井アナの仕切りはお世辞にもうまいとは言えない。また中継で参加してもらっているゲストを、ほったらかしにしてスタジオのコメンテーターと話しているケースが散見される。ゲストに失礼ではなかろうか?

●最近は、豊洲問題に一番力をいれている番組だと思う。問題を整理しているパネルもかなり大きい。この辺りはスタッフの努力を認めるが、コメンテーターの質など改善すべき点が多いと感じる。


 さて、話は逸れてしまうが今日書きたい本題はゴゴスマで発生したトラブル、特に(補足1)についてだ。

(補足1)「
猪瀬直樹氏が怒り 生番組で東国原英夫氏に謝罪要求」(日刊スポーツ)
----
 前東京都知事の猪瀬直樹氏(69)が、9月7日生放送のTBS系「ゴゴスマ」に中継で出演。元宮崎県知事で前衆院議員の東国原英夫氏(58)の発言に怒りをあらわにし、東国原氏と番組に対し訂正と謝罪を求める一幕があった。<中略>
 番組では猪瀬氏が過去に徳洲会から現金5000万円を受け取っていたという問題について、東国原氏が<中略>「お金を借りに行った時、公用車を使ってますよね?」と猪瀬氏に新たな疑いの目を向けた。これに対し猪瀬氏は事実と異なるとして東国原氏に訂正と謝罪を要求。<中略>
 猪瀬氏は「不確定な発言をしてはいけないんです。これから確認しますじゃなくて、公共の電波ですから確認してないことをしゃべっちゃいけないんです。これは告訴の対象になりますので、今ここで番組が訂正しないとマズイですよ」と警告。東国原氏に対しても「東さんは僕に対して著しく名誉を毀損(きそん)している」として謝罪を求めた。<後略>
----

●猪瀬氏が言っている事実とは以下の様な内容で、東国原氏が勘違いしても仕方がないかなという感じだ。

間違い→「お金を借りに行った時、公用車を使ってますよね?」
正しい→「お金を借りに行った時は公用車を使っていない。」 ただし、5000万円を受け取った後、
    「タクシーで事務所まで帰り、その後で公用車を迎えにこさせて自宅に帰った」

●猪瀬氏が執拗に、東国原氏と石井アナに番組中での謝罪と訂正を求めたのは、せっかく世間が忘れてくれてテレビ活動を復活できたところで、話を蒸し返されてバッシングが再燃するのを恐れたのだと思う。それほど生放送のテレビ番組での発言で、国民が受ける影響は大きいのである。

●謝罪騒動の結末については、東国原氏がごねながらもtwitterで一応誤り、翌日のゴゴスマでも石井アナが、経緯説明と謝罪らしきコメントをしたのであった。
例えば「
ココ」で確認できます。


(蛇足1) 「
鳥越俊太郎氏と宇都宮健児氏、生放送中に「女性問題」で激しく言い争う」(The Huffington Post)
----
 7月の東京都知事選で落選したジャーナリストの鳥越俊太郎氏と、立候補を見送った元日弁連会長の宇都宮健児氏が、9月9日放送のTBS系列「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」で、生放送中に激しく言い争った。
 宇都宮氏は、野党統一候補となった鳥越氏に譲る形で、都知事選への立候補を直前に見送った。宇都宮氏は、選挙期間中に週刊誌が報じた女性問題について、鳥越氏が記者会見を開かなかったことを理由に、鳥越氏の応援演説に立つことはなかった。
 2人が話すのは、告示直前に会談して以来だったという。鳥越氏は、週刊誌報道を「事実無根」として宇都宮氏の支援見送りを批判。宇都宮氏は「そうであるなら都民に説明すべきだった」と応酬した。<後略>
※女性問題を巡る番組中の2人のやりとりは、上記のリンク先から確認のこと。
----

●鳥越氏はこの頃からテレビ出演を再開しているようだ。文春・新潮との訴訟の進捗状況はまったく聞こえてこない・・・


スポンサーサイト

Category - テレビっ子&ネット民

ゴゴスマ 石井亮次 猪瀬直樹 東国原英雄 鳥越俊太郎 宇都宮健児

0 Comments

Post a comment