51%の真実

ARTICLE PAGE

小池劇場のゆくえ2 ~豊洲移転問題の感想 9/25までの情報から~

 このブログでは、豊洲移転問題についてあまり取り上げていない。テレビで逐一詳細に放送しているので、わざわざここで感想を述べる必要も感じず、テレビの狂騒に乗っかるのも嫌だったからだ。

 ちょっとのめり込み過ぎかなと冷めた目でテレビを観ていたのだが、今回に関しては、豊洲移転に関わる東京都政の闇というべきものが、次々と明らかになっていくという非常に好ましい展開になっている。(これを国政の問題点の方にも発揮してくれると、テレビを見直したと喜んで書けるのだが、それは今後に期待したい。)

 もちろんこれは小池都知事の働きがあってのもので、称賛に価することは言うまでもない。(どこまで本人の思惑通りに進んでいるのかは、本人の心を覗いてみないと解らないが。)

 前置きが長くなったが、ここから以下2つのエントリーと、その後に9/25までに判明した情報を基に、豊洲移転問題の感想を書いてみたい。

 9/4の「
築地市場移転延期について
 9/13の「
時事ニュース20160913」の、(1)9/12の「小池知事、盛り土の経緯調査指示 「重大な局面」」(朝日新聞)

 結論から先に書くと、以下の2つの私の意見については撤回する。

 9/4に書いた「予定通り移転した方が結局は都民の為になったのではないか、移転延期はデメリットの方が多いと思う」
 9/13に書いた「「建物の下に土がないからと言って問題はない」という意見もある」

 撤回した理由は以下の2つの記事だ。地下水の有害物質も空気中のベンゼンも、確かに環境基準を下回っているかもしれない。しかし、盛り土の替わりになるべき建物の地下空間のずさんな造りを見せられると、耐震基準に適合していない可能性も現実味を帯びてくる。両方ともきちんと調査して、必要な汚染対策や耐震対策を見極める必要がある。そして、対策ための工事をしなければならない。これはそう簡単に、半年程度の時間で完了できるとは到底思えない。

 (1)「
たまり水「地下から」=専門家会議座長が豊洲視察-空気中から微量のベンゼン・都」(時事通信)
----
 東京都の豊洲市場(江東区)の主要建物下で土壌汚染対策の盛り土が行われていなかった問題で、再招集された専門家会議の平田健正座長(放送大学和歌山学習センター所長)らが24日、同市場の地下空間を視察した。平田氏は視察後の記者会見で、底面にたまっている水に関し、地下水が漏れ出したとの見解を表明。その理由として、周辺にある複数の井戸から採取した水と成分がほぼ同じだったことを挙げた。
 これに関連し、都は同日、青果、水産卸売場、水産仲卸売場3棟の地下空間やその入り口で、15日から16日にかけて空気を観測した結果、環境基準を下回る微量の有害物質ベンゼンを検出したと発表。平田氏は「地下水から揮発したものが結構あるのではないか」と語った。
 微量のベンゼンは周辺の井戸水からも検出されたが、平田氏はいずれも環境基準を下回っているため、安全性に問題はないと強調した。<後略>
----

 (2)「
深まる違法建築疑惑 豊洲の耐震性能「大丈夫」に根拠なし」(日刊ゲンダイ)
----
 混迷を極める豊洲新市場。新聞、テレビは「盛り土」問題で大騒ぎだが、耐震基準を満たさない“違法建築”疑惑もくすぶっている。<中略>
 公共性の高い建物は、民間所有の建物の「1.25」倍の耐震性能が必要だと建築基準法で義務付けられている。仲卸棟の安全性を証明する「構造計算書」によると、一部が1.25倍ギリギリの数値になっているが、もともと記載がなかった1000トン超の「押さえコンクリート」が後から追加されたことで重量がかさみ、1.25倍に満たない“違法”状態の恐れがある<後略>
----

 小池都知事は、長期間移転できない(都民の感情の爆発によっては移転中止となる)可能性を、本気で考慮して対応する必要が出て来た。もちろん、この問題に手を付けた時から、その覚悟を持って取り組んでいるとは思うが、
都民ファーストで最も良い結論を導いてくれることを願っている。


追記 2016/10/15
小池都知事の闘いに関する話題(豊洲/五輪など)を、以下のエントリーにも書いていますので、よろしければ覗いてみて下さい。
豊洲のデータは信用できるのか?

公開履歴
2016/9/26 00:00 初回公開
2017/3/23 00:00 公開日付を変更して再度新着として公開、その後2016/9/26 00:00に公開日付を戻して公開し直した。



スポンサーサイト
Category: 政治
Published on: Mon,  26 2016 00:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 1

豊洲移転問題 盛り土 地下空間 ベンゼン 有害物質 耐震基準 都民ファースト

0 Comments

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  小池、橋下の「地下水は飲むわけじゃない」を一蹴。やはり毒物混入。環境アセスもやり直しか
  • 頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o  頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m    【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  豊洲市場の建築物の下の地下空間に、地下水が貯まっている件について、あの橋下...
  • 2016.09.27 (Tue) 07:42 | 日本がアブナイ!